押井守監督実写映画Avalon感想。面白い。ラストシーン良い。仮想現実物【名作】

SF
この記事は約5分で読めます。

押井守監督の映画「Avalon」って面白いのかな?

という人のために「Avalon」を観たブログ管理人シエン(@tetete437)が感想を書いています。

この「Avalon」の感想記事を見ていただくと、自分の趣味に合うのか面白いのかが分かりますよ。

ですので、「Avalon」を観るかどうかこの記事を参考にしていただければ、つまらない映画を観て時間を損したってことにはなりません。

ひとこと感想&評価(5点満点)

「Avalon」おすすめの人
  • 押井守監督のハードボイルドな作風が好みな人
  • 仮想現実ものSF映画が好きな人
  • ゴーストインザシェル、スカイクロラあたりが好みな人

適度に笑えるシーンがある映画がいい人や、ダークな雰囲気の映画は苦手な人にはオススメしません。

それでは「Avalon」のあらすじ、監督・キャスト、ネタバレなしの感想をどうぞ!

スポンサーリンク

あらすじ


アヴァロン(Amazonプライムビデオへ)

アッシュはリアルな仮想現実ゲーム「Avalon」の一匹狼な凄腕プレイヤー。

アッシュはかつてパーティを組んでおり、そのパーティ「ウィザード」は伝説となるほどだったが、今はパーティは無くなっていた。

あるときアッシュはかつての仲間マーフィーの消息の噂を耳にする。

アッシュはマーフィーを追い仮想現実世界「Avalon」の深淵へと向かうのだった。

監督・キャスト

監督押井守

アッシュ(マウゴジャタ・フォレムニャク)
主人公。伝説のパーティ「ウィザード」のメンバーの1人だった。仮想現実世界「Avalon」の秘密に迫ることになる

マーフィー(イェジ・グデイコ)
パーティ「ウィザード」のリーダーだった。仮想現実世界「Avalon」から戻らなくなり植物人間の状態になっている。

感想(ネタバレなし)

ストーリー部分には、ほぼ触れないレビューになっています。

押井守監督の実写映画評判良くないこと多いけどAvalonは名作


アヴァロン ― オリジナル・サウンドトラック(Amazonへ)

押井守監督の実写映画「Avalon」

押井守監督の実際映画というと、あんまりいい評判観た覚えがないんですが「Avalon」は名作です。

感動するとか泣ける、笑えるというような映画ではなくて、とことんストイック&シリアスな没入感があるとこが「Avalon」の魅力。

シンプルに言えば「Avalon」は仮想現実ゲームで稼ぐ人の孤独な物語です。

「Avalon」で登場する仮想現実ゲームは超リアル。

面白いのが現実世界が、なんだかあまりリアルじゃないところ。

そんな設定があってのラストで登場する意外な舞台に、初めて「Avalon」を観たときは衝撃を受けました。

世界の秘密を覗き見る興奮みたいな面白さが「Avalon」にはあります。

仮想現実ゲームをAvalonほどストイックにかっこよく表現した映像作品は他になかなかない

兵士

仮想現実を題材にした映画やドラマなどの映像作品は数多くあります。

そんななかで「Avalon」ほどストイックでかっこいい映像美を持つ作品を、ぼくは他に知りません

「Avalon」以外の仮想現実を扱った作品で、かっこいいのはたくさんあります。

そんなかっこいい作品のなかでも「Avalon」ほどストイックなかっこよさを追求している映画は、なかなかないと思うんですよね。

僕が「Avalon」が名作だと思うのは、そんなストイックなかっこよさが他の映画と比べて頭ひとつ抜けているからです。

ラストが興味深い。考察がはかどる映画

考察している人

「Avalon」は前半のスタイリッシュな映像にも見応えありますが、終盤ものすごく魅力的なストーリーになっていきます

ここからどうなるのか!というところで終わりなんですが、このラストシーンが良いんですね。

「世界の秘密」の入り口まで行った主人公を観る興奮というか、そんな高揚感があります。

映画でフィクションであり「世界の秘密」なんて中二病すぎる「妄想おつ」という声が聞こえてきそう。

でもね〜やっぱりこういう「世界の秘密」系の物語で、しかもどこかでリアル世界の事象とつながってそうなのって、面白いじゃないですか。

マトリックスな物語手法ってリアル世界でもそういう説があるから、この系統の映画を興味深く観れるんですよね。

あと量子の世界の話とか。

SF映画など空想の世界の物語を夢中になって観てるうちに、本当に研究者とか科学者になった人もいるでしょうし。

そんなわけでAvalonは「世界の秘密」に迫る面白さがあるSF映画となっています。

映画「Avalon」ネタバレなし感想まとめ

ということで押井守監督の映画「Avalon」のネタバレなしレビューでした。

まとめると、

  • 押井守監督の実写映画評判良くないこと多いけどAvalonは名作
  • 仮想現実ゲームをAvalonほどストイックにかっこよく表現した映像作品は他になかなかない
  • ラストが興味深い。考察がはかどる映画

といったところです。

押井守監督の実写映画って、あんまり面白くなさそう

と思って「Avalon」まだ観てない人はぜひ観てみてください。

名作なので。

アニメの「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」とか、ああいうハードボイルドで重厚な雰囲気が好きな人は「Avalon」おすすめですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました