クール・ランニング感想。面白い。常夏の国がボブスレーに挑戦する実話を元にしている

実話もの
この記事は約5分で読めます。

「クール・ランニング」って面白いのかな?

という人のためにAmazonプライムビデオで「クール・ランニング」を観たブログ管理人シエン(@tetete437)が感想を書いています。

この「クール・ランニング」の感想記事を見ていただくと、自分の趣味に合うのか面白いのかが分かりますよ。

ですので、「クール・ランニング」を観るかどうかこの記事を参考にしていただければ、つまらない映画を観て時間を損したってことにはなりません。

ひとこと感想&評価(5点満点)

「クール・ランニング」おすすめの人
  • ボブスレー好きな人
  • ジャマイカなど常夏の国の陽気な雰囲気が好みな人
  • バラバラだったチームがまとまっていくストーリーが見たい人

考えさせられるような考察したくなる映画が好きな人や、仕掛けやどんでん返しがある作品が見たい人にはオススメしません。

それでは「クール・ランニング」のあらすじ、監督・キャスト、ネタバレなしの感想をどうぞ!

スポンサーリンク

あらすじ


クール・ランニング (吹替版)(Amazonプライムビデオへ)

ジャマイカ人のデリース・バノックは優秀なアスリートだった。

オリンピックの100m走選手有力候補だったが、選考レースでこけた選手に巻き込まれて転倒。

デリースは100m走でオリンピックに出場できなくなってしまった。

そんなときあるきっかけでデリースはボブスレーのチームを結成してオリンピックを目指すことにする。

なんとかしてメンバーは集まったが結束どころかバラバラのチームだった。

なんやかんやでオリンピックの予選会場までなんとかやってきたメンバーたちを待ち受けていたのは、ジャマイカから参戦するボブスレーチームを見て唖然とする他の選手たちだったのだが・・・。

監督・キャスト

監督ジョン・タートルトーブ

デリース・バノック(レオン)
ジャマイカボブスレーチームのリーダー。

サンカ・コフィ(ダグ・E・ダグ)
デリースの親友。ボブスレーチームに加わる。

ジュニア・バヴェル(ロール・D・ルイス)
金持ちの息子。父親にボブスレーすることを反対させる。

ユル・ブレナー(マリク・ヨバ)
チームのメンバーにはなるが「仲間ではない」と言い張る。

アービング・ブリッツァー(ジョン・キャンディ)
元ボブスレー選手。頼み込まれてコーチをすることになる。

感想(ネタバレなし)

ストーリー部分にはあまり触れないようにレビューしています。

実話が元になってる映画。明るく楽しめました


ポスター A4 クール・ランニング 光沢プリント(Amazonへ)

陽気な人々がいっぱいで映画観てるとほんわかしてきますね。

ジャマイカのボブスレーチームメンバーも、それぞれ個性があって良かったです。

  • リーダー
  • お笑い担当
  • 筋肉&つんけんしてるけど実はいいやつ
  • 金持ちの息子

と、わかりやすいキャラクターたちが、

  • 時には笑わせてくれたり
  • 熱い気持ちにさせてくれたり

するので素直に楽しい映画だなって思います。

ボブスレーしてるときの映像見れる。かなり激しいスポーツ

ボブスレーは、高速ソリでレースするスポーツ。

ソリ版F1レースみたいなものではないでしょうか。

こういうスポーツですね。

最高時速128km! ”氷上のF1”ボブスレー同乗体験会

映画では、このソリのなかからの映像があります。

かなり迫力かありますよ。

ソリというとそんなに激しいものは感じないですが、ボブスレーはすごく激しいスポーツですね。

すごく面白いわけじゃないけど実話を元にしていると思うと興味深く見れる

寝転んで映画を観ている人

なんというかすべてが王道のストーリー&設定なので普段から映画よく観る人は、「クール・ランニング」そこまで面白さを感じないかも。

僕は映画けっこう観てるほうですが、たしかに

面白いけど、ちょっと物足りないかな

という感想でした。

テレビ放送されてて寝転びながら、なんとなく観てると「お、面白い映画だな」となる感じですね。

普段たくさん映画見ることがない人にとっては、

  • ボブスレー
  • 常夏の国ジャマイカの人が冬のスポーツに挑戦

という新鮮さがあるので飽きずに見れそうです。

ただだいぶ脚色されてるので映画のストーリーそのままが事実ではない

映画を楽しむ人たち

実話ものの映画って、どこまでが脚色でどこまでが実際にあったことなのか気になることありますよね。

「クール・ランニング」は実話をもとにしているんですが、wikipedia見るとかなり脚色があるみたいです。

まああくまで実話を”もとにした”映画ですから、映画はフィクションとして楽しむほうがいいでしょう。

どこらへんが事実と違うのかは「クール・ランニング」観終わってから確認してほしいです。

先に事実との違いを見てしまうとネタバレになるし、興醒めしてしまうかもしれませんから。

音楽がなんとあのハンス・ジマーで驚いた

作曲家

「クール・ランニング」の音楽なんとあのハンス・ジマーでした。

「クール・ランニング」の音楽カリプソとかレゲエのジャンルになると思います。

ハンス・ジマーはクリストファー・ノーラン監督のバットマン三部作の音楽が印象に残ってます。

たとえば、この予告の音楽みたいなのですね。

映画『ダークナイト』特別予告 2020年7月10日(金)IMAX® /4Dにて緊急公開

バットマンの音楽みたいなシリアスな曲こそハンスジマーだなって思うんですが、「クールランニング」では、まったく別ジャンルの音楽作ってるのがすごいですね。

とてもハンス・ジマーだとは思えないです。

「クール・ランニング」ネタバレなし感想まとめ

ということで「クール・ランニング」のネタバレなしのレビューでした。

まとめると、

  • 実話が元になってる映画。明るく楽しめました
  • ボブスレーしてるときの映像見れる。かなり激しいスポーツ
  • すごく面白いわけじゃないけど実話を元にしていると思うと興味深く見れる
  • ただだいぶ脚色されてるので映画のストーリーそのままが事実ではない
  • 音楽がなんとあのハンス・ジマーで驚いた

といったところです。

「クール・ランニング」カラッと明るい雰囲気の映画なので、気分転換に見るにはもってこいだと思います。

シリアス系ばかり見て「ちょっと疲れたな」という人は「クール・ランニング」観ると、明るい気持ちになれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました