エアポート’75感想。あんまり面白くない。昔観た人が当時を懐かしみながら観る映画

アクション
この記事は約6分で読めます。

「エアポート’75」って面白いのかな?

という人のためにAmazonプライムビデオで「エアポート’75」を観たブログ管理人シエン(@tetete437)が感想を書いています。

この「エアポート’75」の感想記事を見ていただくと、自分の趣味に合うのか面白いのかが分かりますよ。

ですので、「エアポート’75」を観るかどうかこの記事を参考にしていただければ、つまらない映画を観て時間を損したってことにはなりません。

ひとこと感想&評価(5点満点)

「エアポート’75」おすすめの人
  • 公開当時リアルタイムで観たことがある人
  • パニック映画はとりあえずチェックしときたい人
  • チャールトン・ヘストンファン

今観ても大迫力で面白い昔のパニック映画を観たい人や、ヒューマンドラマ的なものを期待している人にはオススメしません

それでは「エアポート’75」のあらすじ、監督・キャスト、ネタバレなしの感想をどうぞ!

スポンサーリンク

あらすじ


エアポート’75 (字幕版)

コロンビア航空409便ボーイング747は順調に飛んでいた。

同じ時間帯、ボーイング747と同じエリアで飛ぶ自家用ビーチクラフト機の操縦士の体調が急変。

自家用機はコントロールを失いボーイング747に近づきつつあった…

監督・キャスト

監督ジャック・スマイト

アラン・マードック (チャールトン・ヘストン)
ボーイング747の操縦ができる人物。409便の救出に向かう。

ナンシー・プライア (カレン・ブラック)
409便に搭乗しているキャビンアテンダント。マードックの恋人。

感想(ネタバレなし)

ストーリー部分には、ほぼ触れないようにレビューしています。

昔は、こういう映画を映画館で観ると大迫力で観客みんなで歓声が上がってたりしたんだろうか


エアポート‘75 -日本語吹替音声完全収録版- [Blu-ray](Amazonへ)

試しにこういう昔の映画観てみたんですが、けっこうあっさりとしてますね。

「エアポート’75」が公開されたのは1974年。

パニック映画が流行した時代なんだそうです。

映画館で上映されてたときは、映画館で楽しめるアトラクションみたいな雰囲気があったのかもしれませんね。

危機迫る場面では、映画館で歓声が上がってたりしたのかも。

昔の映画で明らかに合成と分かるので、なえるのは仕方がないかな


「エアポート’75」CD(Amazonへ)

1974年の映画ということで、今観ると明らかに合成した映像だなって分かるシーンが多いです。

昔観た人は、こういう明らかに合成と分かるシーンをリアルなものとして見ていたんでしょうか。

なので映像面からも、そこまで迫力のあるものは感じませんでした

ただどでかいジャンボジェット機は、どうやら本当に飛ばして撮影したっぽいです。

ジャンボジェット機、本当に地上スレスレに飛ばしてたっぽい

ジャンボジェット機

映画のなかでジャンボジェット機が、もうこんな高度で飛んでるなんてありえないんじゃないかというシーンがけっこう多めにあります。

飛行機マニアの方は飛んでいるジャンボジェット機をじっくりと観ることができるので、いろいろと興味深い映像となっているのではないでしょうか。

もしこの地上スレスレで飛ぶジャンボジェット機がCGとかだったら、1974年当時の技術とは思えない高クオリティ特殊映像技術になってしまいます。

映画のためにジャンボジェット機を地上スレスレで飛ばしたんでしょうね

ストーリーは普通。パニック映画だけどそんなにドキドキはしない

ドキドキしていない人

「エアポート’75」は1974年にヒットしたそうなので、当時は大迫力のハラハラドキドキ映画として好評になったんだと思います。

しかし、2020年の今観るとやはりそこまですごい迫力ある映画とは思えないですね

なんか普通な感じかなと思います。

今のCGとか使ったド派手な映像を見慣れているせいなのかも。

ストーリーもシンプル。

パニック映画なのでストーリーをシンプルにすることで、より映画の迫力を体験してもらおうということだったのでしょう。

ラストあっさりしてる。今の映画だともうちょっと後日談ありそう

エンド

ラストあっさりしてましたね。

危機を乗り越えたところでスパッとラストシーンになるとこが新鮮でした

今の映画だと、もうちょっと後日談とか記者会見の様子のシーンとかありそうです。

パニック映画って、

  • 危機が訪れる→乗り越える
  • はい、そこで終わり

という作りが多かったのかな。

昔観た人が懐かしんで観る映画

昔を懐かしんでいる人

近年の「エアポート75 」観た人のレビュー見てると、昔観た人が当時を懐かしんで観ているパターンが多かったですね。

  • ドキドキした
  • パイロットに憧れた

というような感想がありました。

「エアポート75 」は、

  • 昔観たことを思い出しながら観る
  • 当時のパニック映画はどんな感じだったのかという興味があって観る

という映画なんでしょう。

1970年代とかの映画の雰囲気が好きな人が、コレクションに加えてそうです。

近年の映画で近い雰囲気だなと思ったのは、ジョージ・クルーニー主演のオーシャンズシリーズですね。

オーシャンズシリーズ好きな人は「エアポート75 」見ると、なんらかな発見があったりするかも。

「エアポート’75」ネタバレなし感想まとめ

ということで「エアポート’75」のネタバレなしのレビューでした。

まとめると、

  • 昔は、こういう映画を映画館で観ると大迫力で観客みんなで歓声が上がってたりしたんだろうか
  • ジャンボジェット機、本当に地上スレスレに飛ばしてたっぽい
  • ストーリーは普通。パニック映画だけどそんなにドキドキはしない
  • ラストあっさりしてる。今の映画だともうちょっと後日談ありそう
  • 昔観た人が懐かしんで観る映画

といったところです。

こうして「エアポート75 」のような古い映画観ると、1968年の映画「2001年宇宙の旅」の特殊映像はすごかったんだなと再確認できます。

制作にかけられた資金が「エアポート75 」と「2001年宇宙の旅」ではまったく違うみたいですが。

「エアポート’75」を実質無料で見る方法

「エアポート’75」を実質無料で見る方法があります。

もちろん違法な視聴方法ではなく、ちゃんと正しく安全安心に視聴することが可能。

  • 無料おためし期間中に観る
  • プレゼントでもらったポイントで観る

この2つのどちらかの方法(初めて利用登録する人限定)で実質無料で観ることができます。

以下のサブスク動画配信サービスで実質無料で観れますよ(2020年11月20日時点)

(配信状況が変わっていることがあります。最新の情報は各サービスにてご確認ください。)

さらに以下の記事にて、わかりやすく詳しく解説しています。

ブルーレイ・DVDソフトを購入すれば、ずっといつでも繰り返し観れる

動画配信サイト(VOD)で配信されている映画やドラマなどは配信終了することもあります。

もう一度観ようと思っていたのに配信終了していたら悲しいですよね。

何度も繰り返し観たい作品の場合は、ブルーレイかDVDソフトを購入しておけば、ずっといつでもお気に入りの映画やドラマを観返すことができて安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました