美術館を手玉にとった男 無料視聴で観る方法。サブスクネット動画配信でフルで観れる

動画配信紹介
この記事は約5分で読めます。

「美術館を手玉にとった男」を無料で観れる方法ってないのかな。

という人のためにドキュメンタリー映画「美術館を手玉にとった男」を実質無料で観れる方法を紹介します。

DVDレンタル屋さんに行ったりブルーレイソフトを買わなくても、インターネットの動画配信サービスで「美術館を手玉にとった男」を観れますよ。

しかも実質無料で「美術館を手玉にとった男」を観る方法があるんです。

その方法とは動画配信サービスのU-NEXT、Amazonプライムビデオを利用すること。

U-NEXTもAmazonプライムビデオも初めて登録する人に、月額料金無料おためし期間があるんです。

無料おためし期間中に

  • U-NEXTは見放題作品
  • Amazonプライムビデオはプライム会員特典作品

が実質無料で観れるんですね。

「美術館を手玉にとった男」はU-NEXTでは見放題作品、Amazonプライムビデオではプライム会員特典作品となっています。

ですので、無料おためし期間中にU-NEXT、Amazonプライムビデオどちらでも「美術館を手玉にとった男」を実質無料で観れるんです。

※この記事で紹介している配信情報は2020年4月26日時点のものです。配信終了、配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

すぐに「美術館を手玉にとった男」を実質無料で観る人は下のボタンからどうぞ!

無料おためし登録はこちら
おためし期間中に解約すれば月額料金はかかりません。
無料おためし登録はこちら
おためし期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

U-NEXTって、どんなサービス?

U-NEXTは映画・ドラマ、電子書籍のマンガ・ラノベなどを扱うサービス。

動画配信サービス(VOD)のなかでは有名なサービスで、利用している人は多いです。

メリット

U-NEXTは主要動画配信サービスの中で見放題作品が一番多いのがメリット。

見放題作品とは月額料金のみで観れる映画やドラマのことです。

映画好きなほど多くの作品が観れるU-NEXTは満足できるでしょう。

デメリット

U-NEXTのデメリットは、月額料金が2189円(税込)とAmazonプライムビデオやdTV、NETFLIXと比べて高いこと。

ただ毎月1200円分のポイントがもらえて、そのポイントを別料金となる新作に使うことができるという良さがあります。

U-NEXTについて、さらにくわしくは「U-NEXTのメリット 見放題作品が一番多いサブスクリプション動画配信サービス」にて解説しています。

Amazonプライムビデオって、どんなサービス?

Amazonプライムビデオは、有名なAmazonの動画配信サービス。

そのAmazonの「プライム会員」の特典の1つがAmazonプライムビデオです。

メリット

Amazonのプライム会員になると、プライム対象作品の映画やドラマなどが見放題になります。

プライム会員の料金が月間プラン500円・年間プラン4900円(1ヶ月408円ほど)動画配信サービスのなかでは最安レベルなのも、うれしいポイント。

デメリット

見放題作品数No.1のU-NEXTより見放題対象作品数が少ないのがデメリットですね。

ただ、僕が実際にAmazonプライムビデオを利用してみて感じるのは、「たまに映画観たいな。」ぐらいのライトな映画好きならプライムビデオの作品数で十分だということです。

Amazonプライムビデオについて、さらにくわしくは「Amazonプライムビデオのメリット・デメリット。見放題作品・おためし期間あり。」にて解説しています。

「美術館を手玉にとった男」の評価・口コミまとめ

主要レビューサイト評価点数

主要レビューサイト評価点数(5点満点)
Filmarks 作品ユーザーレビュー3.5点
Yahoo!映画 作品ユーザーレビュー3.25点
Amazonプライムビデオ4.3点
※2020年04月22日現在の評価点数

Amazonプライムビデオのレビューだけ高評価ですね。

Amazonプライムビデオのレビュー内容見てみたら、すごい深い考察してる人が多かったです。

プライムビデオでこういうドキュメンタリー観る人は、考察好きな人がけっこういるのでしょうか。

FilmarksやYahoo!映画はドキュメンタリーを普段から見てる人は少なくて、

興味深いけどなんか退屈だったな。

という人が多かったのかな。

動機がハッキリ語られないので考察好きな人が楽しめるドキュメンタリー

マーク・ランディス本人は、贋作制作が好きなだけで美術館に飾られて多くの人に観てもらえるのがうれしかっただけなのかも。

しかし彼の行動は、絵画の価値とはなんなのかと考えさせられてしまうものがあることは理解できます。

ドキュメンタリー自体は、ただマーク・ランディスと周辺の人々や状況を淡々と撮影しているだけ。

マーク・ランディスが美術館をダマした事件のことや世間での反応など派手な話題についても、ちょこっと触れられるのみです。

なので、淡々と映されるドキュメンタリー映像を観つつ、美術や絵画の価値とかを考察しながら観ることが楽しかった人は評価点数を高くつけているのではないでしょうか。

全体的な口コミ

  • マーク・ランディスが面白い
  • ただの変わった人
  • 淡々としすぎた映像がつまらない

といったような口コミが多かったです。

マーク・ランディスを面白いと思えるかで評価が分かれる

「美術館を手玉にとった男」はマーク・ランディスという人物を面白いと思うか、ただの変な人と思うかで評価が分かれるドキュメンタリーですね。

ドキュメンタリーでは、ほんとただただマーク・ランディスの日常(変わってるが)を撮影しているだけなので。

なにかしら、

  • 美術館をダマした事件で世間がどう反応したか
  • 美術館側の声

みたいなマーク・ランディス本人以外の要素がたくさんあれば、もっと興味深く観る人が増えて評価の点数が高くなったかもしれません。

まあでもマーク・ランディス本人を淡々と撮影しているだけだからこそ、彼のその憎めない人となりの魅力が分かって、なんとも奇妙な気持ちになれるのかもしれません。

「美術館を手玉にとった男」を観たことがきっかけとなり、この事件を調べ絵画の価値などについて考察を深めて楽しめた人はいるんじゃないでしょうか。

もっとくわしい感想を「実話映画ドキュメンタリー「美術館を手玉にとった男」感想 興味深い奇妙な男が面白い」にて書いていますので、観るかどうか参考にしてください。

「美術館を手玉にとった男」の動画を無料視聴で見る方法。まとめ

ということで映画「美術館を手玉にとった男」の動画を実質無料視聴で観る方法についてでした。

まとめると、

U-NEXTAmazonプライムビデオの無料おためし期間を利用して実質無料で観ることは可能(2020年4月時点)

となっています。

それでは「美術館を手玉にとった男」を観ることにした人は楽しんでください!

無料おためし登録はこちら
おためし期間中に解約すれば月額料金はかかりません。
無料おためし登録はこちら
おためし期間中に解約すれば月額料金はかかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました