「約束のネバーランド」鬼の世界の謎を考察 宗教国家でトップにいるのは宗主?

鬼の世界 アニメ

鬼の世界についての謎を考察します。

鬼の宗教についてやリーダーについて、ソンジュとムジカのことなど書いています。

ゴールディポンドでの猟場編が終わっても、まだまだ謎が多い約束のネバーランドは、ほんと面白い漫画です。

スポンサーリンク

鬼の世界は宗教国家

知性鬼たちは宗教を信仰しているようです。

鬼たちは人間をしのぐ身体能力がありますが、知性の面では人間と同レベルぐらいにとどまっているのでしょう。

もし知性鬼に人間と同じ頭の良さがあるなら、もっと科学技術などテクノロジーが発達していてもよさそうですが、そうじゃないですよね。

おそらく鬼の世界では宗教の力が強くて、科学技術が発展しなかったのではないでしょうか。

鬼のトップは宗教で一番えらい人

鬼の世界のトップに君臨するリーダーは、おそらく鬼の宗教の位がもっとも高い鬼だと思われます。

そして超高齢なのではないでしょうか。

ラートリー家と”約束”をかわした本人が鬼の世界のトップにいる者だと思います。

鬼は人間を食べなくても生きてはいけます。

ソンジュがいい例ですよね。

でも人間を食べたいという欲望が強いんです。

 

ソンジュとムジカは、鬼のトップにいる者と昔一緒にいたのではないでしょうか。

鬼たちを率いていた核になるグループに、今の鬼のリーダーやソンジュ・ムジカがいたのかなって思います。

そしてあるときから鬼のリーダーとソンジュ・ムジカは考え方が違うようになり、権力を握ったのは今の鬼のリーダーなのでしょう。

今の鬼のリーダーは、このままでは鬼も人間も共に滅びてしまうという危機感から食用児という妥協をしたのでしょう。

そして鬼の宗教では狩りをして人間を食べるならOKで、農園で育てたような養殖ものはNGとされているはずでした。

それを今の鬼のリーダーは妥協して曲げたので、とくにソンジュは納得がいかず鬼たちから離れて旅をするようになったのかもしれません。

関連ページ 「約束のネバーランド」ムジカは何者?正体を考察してみた。エマたち食用児の敵か味方か

鬼の種類はたくさんある

鬼にはたくさんの種類がいます。

知性鬼、下等種、ほかにも巨大な鬼や、ある程度の知能がある知性鬼のしもべみたいな鬼などなど。

知性鬼っていうのはレウウィス大公やバイヨン卿みたいな存在ですね。

知性鬼には親子関係もあるようです。

ゴールディポンドで鬼のルーチェが自分のパパのことを言ってましたから。

鬼の世界のなかでは宗教の勢力が強く、その下に貴族階級があるのかなと思います。

関連ページ 約束のネバーランドはどんな話?深すぎる世界観の設定・謎10選

スポンサーリンク

出荷で使われる植物は血を吸う

約束のネバーランド脱獄編で最初のあたりでコニーが出荷されるときに、コニーの体に植物が植え付けられていました。

この植物ってなんなのかな~って思ってたんですがソンジュが解説してましたね。

 

植物の名前は「ヴィダ」

「ヴィダ」は生き物の血を吸うのだそうです。

狩りで仕留めた獲物の血抜きにもなります。

血抜きをすると獲物の鮮度が保たれるんです。

鬼の世界には、ヴィダがたくさんそこらじゅうに生えています。

鬼が狩りを行い仕留めた生物に、ヴィダを差すことは儀式となっていたんです。

この儀式のことを鬼の用語でグプナといいます。

仕留めた獲物に敬意を払うという意味も込められています。

このように鬼の世界には狩りに対して、かなり宗教的な考えを持っていることが分かります。

食用児という存在については、この鬼の宗教をかなり曲げて解釈して妥協しているのでしょう。

7つの壁の謎

約束のネバーランド11巻まででの鬼の世界の最大の謎は、この「7つの壁」の存在。

7つの壁について分かっていることは、

  • ムジカは知っている
  • ミネルヴァが残したペンの情報でエマも知っている
  • エマの反応から意外なものらしい
  • 7つの壁を超えた先に鬼のトップがいる

といったことぐらいしか分かっていません。

鬼のリーダーの元にいくまでに「7つの壁」があるということらしいですね。

なにか宗教的なものなんでしょうか。

 

あとエマが鬼のトップに会いにいったからといって、なにか状況が変わるのかという疑問もあります。

エマは鬼のリーダーと新たな”約束”を結びなおすと言ってましたが、鬼のリーダーがそんなにすぐに考え方を変えるのかなって思ってしまいますね。

でもムジカはエマに「7つの壁を探しなさい」と伝えています。

7つの壁を探すことがエマたちの希望を実現する方法だと。

ムジカとソンジュは鬼のリーダーのことを知っているようです。

となると7つの壁を越える価値はあるということになります。

 

エマが7つの壁の情報を知ったときに意外だという反応をしていたので「壁」というのは例えなんでしょう。

鬼のリーダーのもとに行くまでに物理的な壁が7つあるわけではなさそうですね。

まとめ

鬼の世界の謎について考察しました。

いろいろ鬼の世界の謎について考えていると、どうやらソンジュとムジカがキーポイントになるような気がします。

2人とも鬼の世界についてやたら詳しいし、鬼のリーダーについても知ってるような雰囲気です。

とくにムジカは、もしかしたら鬼のリーダーの娘なのかなとも思います。

鬼のリーダーは人間と約束を結ぶほどですから人間にある程度の理解はありそうです。

鬼のリーダーと人間の女性との間に生まれたのがムジカ?…なんて思ったりしました。

関連ページ 「約束のネバーランド」鬼の正体とは?4つの説を考察。DNA関連・宇宙人・人間と祖先が同じ

コメント