U-NEXTのファミリーアカウント設定徹底解説 家族で利用すると安い 視聴履歴は別で「その他♡」を安心して楽しめます。

u-nextのファミリーアカウント徹底解説 IT・ネット関連

U-NEXTのファミリーアカウントについて徹底的に解説します。

家族みんなが動画配信サービス(VOD)を、それぞれのスマホやタブレット・テレビで視聴したいことありますよね。

けれど、家族1人1人がそれぞれ動画配信サービス(VOD)を利用していると、どうしても利用料金が高くなってしまいます。

こういうときU-NEXTのファミリーアカウントを利用すれば月額1人500円ほどと、かなり安く動画配信サービスを利用できるようになります。

U-NEXTのファミリーアカウントで家族みんなで映画や海外ドラマを視聴していると、

娘「〇〇っていう映画面白かったよ。」

父「そうなんだ。今度観てみるよ!」

など家族の間で共通の話題ができて、みんなの仲がより良くなりますよ。

U-NEXTはファミリーアカウントサービスで最大4アカウント持てるのでお得

U-NEXTが他の動画配信サービスと比較して良い点の1つがファミリーアカウントが用意されていること。

家族分のアカウント3つまで加えることができるんです。

ファミリーアカウントを作ることのメリットは、

  • 合計4アカウントにすれば1人500円ほどで安くなる
  • 視聴履歴・マイリストはアカウントごとに分かれている

などがあります。

家族の人数が4人だった場合、

家族1人1人がそれぞれU-NEXTと契約すると月額料金1990円(税抜)が4人分かかってしまうわけですが、ファミリーアカウントを作れば1つの契約で済むので1人500円ほどになるという計算ですね。

そして家族といえどもプライバシーを守ることができます。

4アカウント作れば月額料金1人500円ほどになって安くなる

U-NEXTは月額1990円(税抜)のプランにファミリーアカウントのシステムがあります。

ファミリーアカウントとは最大4つまでアカウントを持てるシステムのことです。

親アカウントを1つと子アカウントを3つ作ることができます。

親アカウントとは主契約者のこと。つまりU-NEXTに申込みをした人のこと。

主契約者である親アカウントに追加できるのが「子アカウント」です。

4人家族であれば家族みんながアカウントを持つことができて4人分合わせて月額1990円。

ということは1人月間500円ほどという計算になり1人ずつ契約するよりも安くなります。

同じ場所に住んでいない家族でもアカウントを作ることができる

同じ家に住んでいない家族の子アカウントを作ってもOKです。

たとえば鳥取にお母さんとお父さん、弟が同じ家に住んでいて、お姉ちゃんが大阪で1人暮らしをしていてもお姉ちゃんの子アカウントを作ることができます。

友達のアカウントを作ることはU-NEXTではオススメされていません

ファミリーアカウントは、とくに家族であるという証明がなくても子アカウントを作ることができます。

ということは友達のアカウントを作ってもいい?と考えるかもしれません。

そこでU-NEXTに問い合わせしてみると、U-NEXTでは友達のアカウントを作ることはオススメしていないという返答でした。

支払いなどでトラブルになる可能性があるためです。

たとえば子アカウントでポイント作品をレンタル購入すると、親アカウントで登録している支払方法で請求が発生します。

自分が親アカウントで友達が子アカウントだったとき、

  • 子アカウントに購入制限設定するの忘れてた
  • amazon.co.jpで支払っている(購入制限できない)
  • Uコインを購入していた(購入制限できない)

というパターンになっていて、

ある日クレジットカードの引き落とし明細を見ると、

やけに請求が多い…なんで?

・・・なんてことになりかねませんよね。

自分の子供なら言って聞かせるなど家族の中で済ませられることですが、友達は家族ではなく他人ですからね。

ファミリーアカウントですから、あくまで家族で利用するアカウントということです。

同時視聴可能(同じ作品は不可)

そしてU-NEXTの大きなメリットなんですが、違う作品なら同時視聴が可能なんです。

ただし同じ作品を同時に視聴はできません。

たとえば、

  • お父さんがテレビでバックトゥーザフューチャー パート1
  • お母さんがタブレットでララランド
  • お姉ちゃんがスマホでウォーキングデッド
  • 弟がスマホでコナン

を見る場合は同じ時間に同時に視聴できます。

ですが、

  • お父さんがテレビでバックトゥーザフューチャー パート1
  • お母さんがタブレットでララランド
  • お姉ちゃんがスマホでララランド
  • 弟がスマホでコナン

だとお母さんかお姉ちゃんどちらかがララランドの視聴を止めて別の作品を観ないと同じ時間に同時に視聴ができません。

※「NHKオンデマンドパック」の場合はパック内の違う作品であっても同時再生ができません。

ファミリーアカウントサービス利用時アカウントごとに視聴履歴・マイリストは分かれる

ファミリーアカウントを設定している時に気になるのはプライバシー問題。

家族間でもプライバシーは大切ですよね!

U-NEXTのファミリーアカウントシステムはアカウントごとに「視聴履歴」と「マイリスト」が分かれています。

つまり自分がどんな作品を視聴したのか、どんな映画やドラマなどをマイリストに入れているかは他のアカウントからは分からないようになっています。

たとえば、お父さんが親アカウントだとします。

お父さんが自分のスマホを使って親アカウントで「その他」を視聴していることは子アカウントを使っている他の家族からは分からないわけです。

自分から「その他」を観ていることをばらしたり自分のスマホを家族に自由に使わせたりしていなければ、U-NEXTで視聴してたエッチな動画の視聴履歴やマイリストを知られることはないわけです。

ということなんで、お父さんは絶対親アカウントを使うようにしましょう(笑)

購入済み作品はファミリーアカウントで共有されます

「ポイント」となっている映画やドラマをレンタル購入した作品はファミリーアカウントで共有されます。

たとえば子アカウントでレンタル購入した「グレイテストショーマン(2018年6月現在はポイント作品)」は親アカウントの「購入済み」メニューで表示されます。

「購入済み」で表示されるのはレンタル期間中です。

子アカウントで購入したポイント作品を親アカウントでも視聴できます。

子アカウントで「グレイテストショーマン」をレンタル購入すると親アカウントでも視聴できるわけです。

ただし「その他」でレンタル購入した作品は「その他」のページでしか表示されません。

R指定作品(R18 R20)は子アカウントで表示されません。

つまり「その他」「R指定(R18 R20)」でレンタル購入した作品はファミリーアカウントの「購入済み」メニューで共有されません。

U-NEXTの「ペアレンタルロック」は親アカウントの視聴制限機能のこと

ペアレンタルロックは親アカウントにて設定可能です。

ペアレンタルロックとは親が子どもの視聴する映画やドラマなどの一部作品を視聴できないようにすること。

一部作品とは過激な性描写や暴力表現などが含まれる映像がある映画やドラマのことですね。

過激な性描写や暴力表現などを子どもに見せたくない場合にペアレンタルロック機能を親など保護者が利用します。

U-NEXTでは親アカウントでのR指定作品やアダルトコンテンツの視聴制限の設定ができます。

勘違いしやすいんですが子アカウントはペアレンタルロックの設定関係なしにR指定作品(R18、R20)やアダルトコンテンツが非表示になっています。(R15は子アカウントでも表示されました)

親アカウントの年齢制限作品表示子アカウントの年齢作品表示
ペアレンタルロックON非表示非表示
ペアレンタルロックOFF表示非表示

子アカウントには、未成年者保護のため、ペアレンタルロックの設定に関わらず、R指定作品・アダルトコンテンツは表示されません。

「U-NEXTヘルプセンター」より引用
https://help.unext.jp/guide/detail/do-not-display-adult-content

つまり親アカウントでペアレンタルロックOFFにしていても子アカウントではアダルトやR指定作品は非表示の状態です。

U-NEXTでの「ペアレンタルロック」とは親アカウントでアダルト(その他)やR指定作品を表示するか非表示にするかの設定をする機能です。

ペアレンタルロックの使い方例

  • 家族で親アカウントを共有している場合に「その他(アダルト)」「R指定作品」を非表示にしたい
  • 子どもが親アカウントを使っている場合に「その他(アダルト)」「R指定作品」を非表示にしたい

家族で1台のパソコンやタブレットを一緒に使っている(共有)している場合親アカウントでペアレンタルロックOFFだと「その他(アダルト)」「R指定作品」が表示されてしまいます。

たとえば子どもが「お父さんのタブレットでU-NEXT観たいから貸して」って言われたときにペアレンタルロックOFFの親アカウントのままだと、子どもの目に「その他(アダルト)」「R指定作品」が触れてしまうことになります。

あとは子どもが自分でU-NEXTを利用するとき。

クレジットカードがなくてもキャリア決済で利用料金を支払うことができます。

子どもが親アカウントになる場合ペアレンタルロックをONにしておくと親は安心できます。

ペアレンタルロックのONとOFFの切り替えはセキュリティコードを入力しないとできないようになっています。

親だけがセキュリティコードを覚えておくようにすれば、子どもが自分でペアレンタルロックのONとOFFができないということですね。

ちなみにセキュリティコードは数字4桁なので誕生日とか連想しやすいのは止めておきましょう。

親が自分の誕生日をセキュリティコードに設定していたら、子どもにすぐにばれるでしょう。

ペアレンタルロックの設定方法

親アカウントのみ、ペアレンタルロックの設定ができます。

アプリでは設定項目が表示されなかったのでブラウザ(safariなど)でU-NEXTにアクセスしてください。

ペアレンタルロックを設定するにはトップページ左上にある「三」をタップ。
u-nextのメニュー

出てきたメニューの中から「アカウント」をタップ
メニュー「アカウント」

ペアレンタルロックの項目があるので、ここでONとOFFを切り替えることができます。
ペアレンタル設定項目

ペアレンタルの設定を切り替えるときはセキュリティコードを入力する必要があります。

最初は「0000」になっています。

セキュリティコードの設定は「設定・サポート」のメニューの中にあります。

親アカウントで「その他(アダルト)」「R指定作品」の表示・非表示を設定するときはセキュリティコードを「0000」から変えておきましょう。

子アカウントの購入制限が設定できるのでお金を使いすぎる心配がありません(一部例外あり)

子アカウントの購入制限ができます。

U-NEXTは月額料金だけで視聴できる「見放題」作品の他に「ポイント」作品があります。

購入制限をしていないと、この「ポイント」作品を子アカウントの人が親アカウントで登録している支払方法で購入できます。

たとえば「親アカウント=お父さん」「子アカウント=子ども」の場合、購入制限していないと子どもがポイント作品を勝手にどんどんと購入できてしまいます。

お父さんがある日クレジットカードの明細を見たら「え?なんでこんなに請求金額多いの?」なんてことになりかねません。

子アカウントを使っている人がポイント作品を「親アカウントで登録している支払方法」で購入できないように設定すれば使いすぎの心配をしなくて良くなります。

ただし、以下の場合は購入制限の設定ができません。

  • Amazon Fire TVとFire TV Stickを使っていてAmazon.co.jpで支払している場合
  • Uコインのチャージ・購入

UコインとはiOS(iPhoneやiPadなど)のU-NEXTアプリだけで利用可能なポイントみたいなもの。

Apple IDで登録している支払方法でのチャージとなります。

Amazon.co.jpとUコインを購入。この2つは子アカウントを利用している人が使いすぎないように気を付けないといけないですね。

それでは子アカウントに購入制限を設定する方法を紹介。

メニュー「アカウント」
メニュー「アカウント」

「ファミリーアカウントサービス」
ファミリーアカウントサービス

「更新」をタップ
更新をタップ

「購入制限」というところがあるので「ポイント利用のみ許可」にチェックを入れます。
ポイント使用のみ許可にチェック

これで子アカウントが「親アカウントで登録している支払方法」で作品購入ができなくなります。

U-NEXTのポイントは親アカウントと子アカウント共有となっています。

つまり親アカウントでチャージしたポイントを子アカウントが使用できるということですね。

スマホのデータを家族で分け合えるみたいな感じです。

購入制限の設定をした子アカウントで本当にレンタルできないか試してみた

  • 親アカウントにて子アカウント設定で「ポイント利用のみ許可」にチェック
  • 所有ポイントは「0」の状態

この2つの状態にして子アカウントで、2018年6月現在「ポイント作品」の洋画「gifted/ギフテッド」をレンタル購入してみようとしました。

すると、
ポイント不足
となりました。

親アカウントだとポイントが不足している場合は自動的に登録している支払方法で課金されます。

「ポイントをチャージする」と出ているので試しに押してみました。

すると「利用制限 子アカウントでは利用できません」と表示されて「gifted/ギフテッド」を購入できませんでした。
利用制限

では購入制限を解除してポイントが不足していた場合に子アカウントでレンタル購入できるのか試してみます。

親アカウントで子アカウントの購入制限のメニューで「登録の支払い方法での購入を許可」にチェックを入れます。

登録の支払い方法での購入を許可

そして子アカウントでポイント作品「gifted/ギフテッド」をレンタル購入してみます。

レンタル購入

するととくに「〇〇円で購入します。よろしいですか?」といった表示もなく普通に映画本編の再生が始まりました。

・・・実際に試してみると、かなり簡単にレンタル購入できますね。

これだと子アカウントの人が、どんどんとたくさんの映画や海外ドラマなどを視聴してしまう可能性あります。

子アカウントでレンタル購入して課金されすぎないようにしたい人は絶対に「購入制限」のメニューで「ポイント利用のみ許可」にチェックを入れておかないといけないですね。

ちなみに子アカウントでレンタル購入した作品、親アカウントで視聴することができました。

まとめ

ということでU-NEXTのファミリーアカウントについてレビューしました。

まとめると、

  • U-NEXTは1つの契約で4アカウント持てる
  • 4アカウント作れば1人500円ほど
  • 違うデバイス(スマホやテレビなど)で違う作品なら同時視聴可能
  • 視聴履歴・マイリストはアカウント別になっている
  • 子アカウントの購入制限ができる(一部できない支払方法あり)
  • 子アカウントはアダルト・R指定(R18、R20)は視聴できない

といったところです。

U-NEXTは、

  1. 4アカウント持てて同時視聴ができる
  2. プライバシー設定がしっかりしている

この2つがとくに他の動画配信サービスと違うより良い点ですね。

U-NEXTは家族で安心して安く利用できる動画配信サービス(VOD)です。

それではU-NEXTを家族で利用する方は、たくさんの映画や海外ドラマ、国内ドラマ、雑誌、コミック、本を思いっきり楽しんでください!

まずは無料体験から利用開始することができます。

\U-NEXTの無料体験登録はこちらから/


U-NEXTの全体的な特徴(メリット)や画質、無料体験期間中の注意点などについてこちらの記事で書いています。

U-NEXTの評価・特徴(メリット)映画・海外ドラマ充実のラインナップ 家族で利用すると安い定額動画配信サービス(VOD)
この記事ではU-NEXTのメリットやデメリットなどの特徴について評価していきます。 U-NEXTを利用してみたいけれど、どのような動画配信サービスなのか分からないままだと不安ですよね。 無料トライアル期間があっても一度申し込むと...

 

U-NEXTを利用している人に、なぜ利用しようと思ったかを25人の方に聞いた結果をこちらの記事で書いています。

【口コミ】U-NEXT利用している人にアンケートしました【評判】動画配信サービスを無料体験するか参考にしてください。
U-NEXTを3ヶ月以上利用している25人にU-NEXTに登録したきっかけをアンケートした結果を載せています。 U-NEXTの無料体験でお試し申込しようかどうか迷っているんだけれど、 「U-NEXTって興味あるけど、ちょっと...

 

Amazonプライムビデオ・Hulu・Netflix・U-NEXT・dTV・auビデオパスについて特徴やメリットなどをこちらの記事で書いていますので参考にしてください。

映画・海外ドラマ動画配信サービス(VOD)比較一覧(特典情報など)あなたにとって一番お得なサービスは?
動画配信サービス(VOD)、たくさんあってどこにしようか迷いますよね。 この記事では、それぞれの動画配信サービスの特徴や特典などについてまとめています。 無料お試し期間があるので、気になった動画配信サービス(VOD)にとりあ...

コメント