「キックアス」 感想・評価 クレイジーで面白い クロエがかわいいしカッコいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隠れたヒーロー

U-NEXTで「キックアス」視聴しました。

「キックアス」も〜いろいろクレイジーで、ぶっ飛んでいて面白かったです!

なんといってもクロエモレッツ演じるヒットガールがかわいくて、さらにかっこいい。

それでは「キックアス」レビューしていくので視聴するかどうか参考にしてください。

こういう人におすすめ

  • ちょっと変わったヒーローもの映画が観たい
  • コメディ好き
  • 残虐シーンがあっても平気

予告編

予告編はこちらで視聴できます。

Amazonプライムビデオ「キック・アス (字幕版) 」

主人公キックアスのかっこ悪さと、ヒットガールのカッコよさとかわいさが良く分かる予告編ですね(笑)

予告編観てるだけで、もう一回観てみようかな~なんて思ってしまうぐらいお気に入りの映画です。

あらすじ

ヒーローにあこがれているデイヴは本当に自分がヒーローになろうとコスチュームを注文した。そしてヒーロー「キックアス」となり街にパトロールに出たのだが悪者にボコボコにされてしまう。そんなキックアスのもとにヒットガールが現れる。

監督・主要キャスト(登場人物)

監督 マシュー・ヴォーン

ミンディ・マクレイディ / ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)
まだ幼い女の子だか、父親に鍛えられており、むちゃくちゃ強い

デイヴ・リズースキー / キック・アス(アーロン・ジョンソン)
ヒーローが活躍するマンガがたくさんあるのに、リアルにヒーローがいないのはおかしいと考えている。そこで自分がヒーロー「キックアス」のなった。

デイモン・マクレイディ / ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)
ヒットガールの父親。ヒーロー、ビッグダディ。

クリス・ダミーコ / レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)
父親がマフィアのボス。ヒーローに憧れている。

感想・評価

なるべくネタバレなし

まだ小さい女の子ヒットガールが、
なんのためらいもなく悪者を成敗するギャップが面白い

映画キックアスで一番面白いのが、まだ小さい女の子ミンディが、ヒーローのヒットガールとなり悪者をバッタバッタとやっつけていくところです。

父親に鍛えられているので、小さい体なのに戦闘に強いんですよね。

戦闘で相手をやっつける技も見事です。

そして銃も扱えます。

まだ子どもで女の子なのに、大人相手でも、まったくひるまないんです。

そんな強い女の子ヒーロー、ヒットガールが、なんのためらいもらなく悪者を刺したり切り落としたり、銃で撃ち殺すシーンが、たくさんあります。

「なんのためらいもなく」っていうところがポイントです。

しかもかなり残虐。

クレイジーでぶっ飛んでます(笑)

たとえ残虐であってもリアリティがないので逆に笑えてくるんですよね。

ヒットガールと父親の世間とずれた価値観がコメディになってる

キックアスの面白いポイント2つ目

ヒットガール(クロエ)は、父親との暮らしがすべてです。

クロエの世界は、「父親の世間とずれた価値観」だけになってしまっています。

なぜ父親の価値観が世間とずれてしまったのかは、過去に悲しい出来事があったためです(涙)

親子のほんわかシーンの会話が、とんでもなくぶっ飛んだ内容になっていてクレイジーで面白いんですよね。

ヒットガールことクロエが可愛すぎ

小さくてかわいい女の子なのに、悪者を容赦なくバッタバッタとやっつけていく。

かわいいだけじゃなく銃の扱いがうまいし格闘もするしってことで、かっこいい!

ヒットガールの戦闘シーンは見応えあります。

これは大人気になっても納得です。

映画キックアスの大ヒットで、ヒットガール役のクロエモレッツのファンがすごい増えたそうです。

最後あたりのヒットガールが父親と協力して活躍する戦闘シーンでは、視聴者もヒットガールがんばれ〜!って応援したくなりますよ

ヒーローものコメディだけじゃない。映画キックアスにはメッセージがある

  • 見て見ぬ振り
  • 安全地帯から批判ばかりする
  • 関わらないことによる安心感

それでいいのか。

なんの説教?って思われるかもきれないですが、これらのことは映画キックアスに込められているメッセージだと僕は思います。

主人公のキックアスは、弱いのに正義感だけ強くて、そりゃヤバイだろうっていう場に突っ込んでいきます。

それで、案の定ボコボコにされます。

キックアスの戦闘シーンほ、ものすごくかっこ悪いです(笑)

そんなバカなキックアスを観て最初は笑っているんですが、だんだんと尊敬する気持ちに変わってきました。

僕にはキックアスみたいな勇気がないなと思うようになり、そのうち応援するようになっている自分に気づきます。

映画でキックアスが大人気になるのは笑えるからではなくて、悪に立ち向かうキックアスをみんなが尊敬するからですよね。

はたして自分はキックアスを笑えるのか、そんなことを考えるようになりました。

主人公キックアスは病院に担ぎ込まれるぐらい悪者にボコボコにされます。

そんなところがみょうにリアルなとこも面白いです。

コメディで軽いノリなのに残虐な戦闘シーンのオンパレードで、ぶっ飛んだ映画

ここまで残虐しなくてもって思うぐらい、やたらと腕を切る・身体を刺すなどのシーンがたくさんあります。

普通はそんな残虐シーンがたくさんあると、もう観たくないなんてことになりますよね。

でも映画「キックアス」の残虐シーンはもうとことん徹底していて、どこかコミカルなんです。

子どもが遊びで描いた残虐シーンのあるマンガみたいな感じですね。

そしてまだ幼い女の子ヒットガールが、大人を槍みたいなので刺したり、腕をぶった切ったりするっていうぶっ飛びぐあいがすごい映画です。

まとめ

ということで映画「キックアス」のレビューでした。

まとめると、

  • 小さい女の子が悪者をやっつけるというギャップがいい
  • 世間とずれた価値観が面白い
  • ヒットガールが可愛くてカッコいい
  • 面白いだけじゃない。メッセージ性がある
  • クレイジーでぶっ飛んだ映画

…といった感じですね。

映画キックアスには続編があります。

「キックアス ジャスティスフォーエバー」というタイトルです。

続編は一作目ほどの面白さはなかったですが、あいかわらずぶっ飛んでいて良かったですね。

キックアス役の人は、そんなに変わらないのに、ヒットガール役の人がかなり大きくなっててびっくりしました。

それでは映画キックアス視聴することにした人は楽しんでください。

視聴可能な動画配信サービス

※2018年6月1日時点での配信情報です。配信または見放題が終了している場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

>>どの動画配信サービス(VOD)がいいか迷っている人のための比較記事はこちら

ブルーレイ

原作マンガ本

映画カテゴリ最新記事への誘導
スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大