帰ってきたヒトラーを動画配信で観た感想 面白くて怖いコメディを超えた映画

ドイツの風景 コメディ

auビデオパスを利用してる時、なにか面白そうな身放題の映画ないかな?と探してみて、

単純にコメディ映画っぽいからみて観るかと、なんとなく見始めたのが「帰ってきたヒトラー」でした。

観てるうちに、こりゃすごい映画だと恐ろしくなってきました。

いや?この映画、かなりの傑作と言ってもいいんじゃないでしょうか。

とてもコメディの枠には収まりきらない、すばらしい映画です。

かなり挑戦的な内容になってます。

それでは「帰ってきたヒトラー」をレビューしていくので、視聴するかどうか参考にしてください。

僕は吹替え版で観ました。吹替え版、ヒトラーの話し方良かったですね。なんか説得力ある話し方なんですよね。声優うまいです。

「帰ってきたヒトラー」は、こういう人におすすめ

  • すぐれた風刺映画を観たい人
  • 大衆心理に興味がある人
  • ヒトラーが大衆の心をどうつかんでいったのか知ってみたい人

予告編

予告編はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=I4a5XgNT6vQ

予告編だけ観ると、ヒトラーが現代にやってきて、ただ戸惑っているコメディ映画にしか見えないです。

でも「帰ってきたヒトラー」は、こんなもんじゃないんですよ。

コメディとしても面白いけど、いつのまにか人々の心をつかんでいくとことかテレビ番組での演説シーンとかは笑えなくなってきます。

あらすじ

目覚めたヒトラーは21世紀のドイツにタイムスリップしていた。戸惑いつつも現在のドイツの社会状況についての情報を集めドイツの心配をするヒトラー。テレビ局が、そんなヒトラーに目を付けモノマネ芸人として売り出すのだが。

主要キャスト(登場人物)

アドルフ・ヒトラー( オリヴァー・マスッチ)
現代にタイムスリップしてきた。時代が変わっていてもドイツの社会状況に危機感をもち行動を開始する。

ファビアン・ザヴァツキ(ファビアン・ブッシュ)
フリーの映像作成者。タイムスリップしてきたヒトラーをテレビ出演に導く。

感想・評価

なるべくネタバレなし

かなり大胆な映画。後半はゾッとする

視聴を始める前はヒトラーを、とことんちゃかした映画なのかと思ってました。

ところが、なんかだんだんとゾッとするような怖さを感じる展開になっていったのは、びっくりしましたね。

まさかああいう展開になるとは思ってませんでした。

帰ってきたヒトラーって、コメディの皮を被った社会派映画なのでは?と、観終わった今思います。

「帰ってきたヒトラー」の公式サイト読むと、かなり大胆なことしてた映画なんだなと知ってすごいなと思いました。

そして、ところどころドキュメンタリーっぽくなってるんですが、なぜそうなるかは理由があるんです。

出演していた政治家とかは本物

「帰ってきたヒトラー」は、もちろんフィクションなんですが、映画に出ている政治家やネオナチとか一般の人たちが本物なんです。

どういうことかというと、ヒトラーのコスプレして街に出て公園にいる人たちの話し聞いたり本物の政治家やネオナチに会ったりしてます。

しかもヒトラーのコスプレしてるだけじゃなくて、ヒトラーに成りきった演技をしつつ一般の人や本物の政治家と話すという驚きの手法で撮影してます。

映画観てた時は、ドキュメンタリー風に撮影してるんだろうな?と思ってたんですが、まさか本当にあのまんまだったとは…すごすぎ。

ヒトラー役の人は危険な目に会う可能性ありというか、緊迫した場面もあったんじゃないでしょうか。

ヒトラーに成りきっての演技は圧巻でした。

台本なしでヒトラーの姿で街中に出て一般の人と話すセミドキュメンタリー

で、ヒトラーのコスプレして、さらにヒトラーになりきって街に繰り出したそうなんですが、一般の人との会話なんかはアドリブなんでしょう。

本物の政治家との討論みたいなシーン、ここもまったくのアドリブなのか不明ですが政治家の困惑ぶりとかやたらとリアルなんで、ほんとにアドリブなんでしょう。

あとヒトラー役の人が若者たちを煽るシーンあるんですが、ここもアドリブなのかな?

リアルっぽいシーンが全部アドリブなら、かなり徹底してヒトラーに成りきってることになります。

ヒトラー役の俳優は、台本なしであそこまでヒトラーに成りきると、俳優本人には恐怖もあったんじゃないでしょうか。

なんせヒトラーっていう今でもタブー視されることがある人物を相手がどう反応するか分からない状態で演じるわけですから。

「帰ってきたヒトラー」の公式サイト見ると、ヒトラー役演じる俳優がヒトラーを演じるうえで怖さを克服する必要があったとコメントしてますね。

カメラを止めろって言われたり、顔にモザイクがかかってる人がいるんだけど…

映画に登場する一般の人のなかには顔にモザイクがかかって場合があります。

顔にモザイクかけるのって本物っぽさを出すための演出だと思ってたんですが、どうやらガチみたいです。

こんな感じで、映画の撮影してま?すっていうロケじゃなくて、ほんとにヒトラーの姿そのままでアドリブで一般の人やリアルな政治家と話してるんです。

フェイクなはずなのに、妙にリアルだなと思って観てたんですが、ほんとにリアルだったというわけ(笑)

ん?リアルというかヒトラーはニセモノだから擬似リアル?

まあなんでもいいんですけど、ヒトラーの姿を見た人々の反応は本物ってわけですね。

このことを知って、ものすごい大胆なことしてたんだなと驚きました。

あのヒトラー映画のパロディシーンは笑った

「帰ってきたヒトラー」で、唯一純粋にコメディしてたのが「ヒトラー最期の12日間」の1シーンを真似してたとこ。

「ヒトラー最期の12日間」の1シーンっていうのはニコニコ動画よく観る人なら、よく知っている1シーンです。

嘘字幕にしてる動画です。

この「ヒトラー最期の12日間」の1シーンの嘘字幕動画って、どこ発祥なのかわかりませんが世界中にあるそうです。

「帰ってきたヒトラー」の「ヒトラー最期の12日間」の1シーンのパロディのとこは知ってる人はびっくりしつつも笑ったでしょうね(笑)

面白いのが「帰ってきたヒトラー」と「ヒトラー最期の12日間」の製作会社が同じというところ。

公式でここまでしてくれるのはすごいですね(笑)

Amazonプライムビデオに「ヒトラー ~最期の12日間~」あります。

「ヒトラー ~最期の12日間~ (字幕版)」(プライム会員は無料で見放題)

ヒトラーになり切った迫真の演技はすごかった

映画「帰ってきたヒトラー」を観終わって公式サイトでドキュメンタリーっぽくなってるとこはアドリブと知って、ヒトラー役演じた俳優すごいなと思いました。

テレビ番組での演説シーンとか本物の政治家と話すシーンなど、相当の覚悟で演じないとあそこまでできないでしょう。

ヒトラーを演じたのはオリヴァー・マスッチという舞台俳優。

製作は有名じゃない舞台俳優を探しててオリヴァー・マスッチを見つけたそうです。

もしヒトラー役が有名な俳優だと、その有名俳優の色が出てしまってドキュメンタリー風シーンが浮いてしまっていたんでしょうね。

多くの人に知られていない俳優で演技力があるので、本物のヒトラーではないと分かっていてもヒトラーそのもののように感じられて真実味が出てました。

笑われていたはずなのに、いつの間にか人々の心をつかんでいる

ヒトラーのモノマネ芸人として有名になっていくんですが、だんだんと…

人々の心をつかんでいく過程がかなりリアルでした。

SNSやユーチュバーによって、あっという間に面白いヒトラーのモノマネ芸人がいると広がっていくところとか、

面白いどけじゃなくて核心をついているという評判まで拡散していくところは、なるほどな?という感じでした。

そして映画ラストのヒトラーのセリフは笑えないしバカにできないです。

コメディ映画だったはずが、ちょっと怖くなってくる

原作本がベストセラーになったり映画公開されていた時期はドイツで一位になるなど大好評の映画だったみたいです。

コメディ映画のつもりで観ていたのに、途中からいつの間にか恐ろしさを感じるようになっていました。

第二次世界大戦勃発前、ヒトラーがどうやって大衆の心をつかんでいったのか、その過程の一部を垣間見たような気分になりました。

リアルのヒトラーはモノマネ芸人みたいなことはしなかったと思いますが、テレビ番組での演説シーン観てると、ああこれは一般大衆の心をつかむんだろうな?ってことが分かります。

悪意がないはずの一般大衆がヒトラーに心をつかまれていき、いつのまにか大勢の民衆がヒトラーの扇動に扇動と気づくことなく乗ってしまっている。

そんな状態になるんでしょうね。

風刺っていう言葉がありますが、帰ってきたヒトラーはリアルのヒトラーだけでなく「一般大衆」も風刺していたのでしょう。

怖いですね?。

「帰ってきたヒトラー」がドイツで製作されたという衝撃

ヒトラーの存在ってドイツでは長年タブーだったんでしょう。

「我が闘争」というヒトラーの本がつい最近までドイツでは発売禁止されていたぐらいです。

「帰ってきたヒトラー」が、そんなドイツで製作公開されたというのが衝撃ですよね。

最初は本が出版されました。「帰ってきたヒトラー」には原作小説があるんです。

ヒトラーの著作が最近まで売ることを禁止されていた国で「帰ってきたヒトラー」の原作本がベストセラーになり映画化され映画もドイツで一位をとるなんて昔じゃ考えられなかったんでしょう。

ドイツ国民の間には、ヒトラーを真正面から受け止めヒトラーについてタブーにするのではなく議論をすることができる空気ができ始めているんでしょうね。

史実でもヒトラーは最初人々に支持された

今でもたぶんタブー視されることがあるだろうヒトラーという存在。

まるで悪の権化みたいな印象を持つ人もいるでしょう。

しかし、ヒトラーがドイツでトップに立てたのは一般大衆の支持があったからこそでした。

選挙によって政権をとっています。

おそらく「帰ってきたヒトラー」で描かれた過程と同じような大衆心理とかによって史実でもヒトラーが支持されていったということなんでしょう。

そう考えるとラストシーンのヒトラーのセリフは冗談じゃなくて恐ろしさが感じられますね。

原作小説は映画版とは違った描き方になってます

映画「帰ってきたヒトラー」には原作小説があります。

ドイツではベストセラーになり日本でも翻訳本としては、かなり売れたそうです。

原作小説は映画とは違ってヒトラーの一人称で物語が進むとのこと。

映画版が面白かった人は原作小説も読むと、より「帰ってきたヒトラー」という作品を楽しむことができるでしょう。

まとめ

ということで映画「帰ってきたヒトラー」のレビューでした。

まとめると、

  • ただのコメディではない大胆な映画
  • 政治家やネオナチは本物
  • ドキュメンタリー風のシーンはアドリブ
  • 顔にモザイクかかってる場合がある
  • 「ヒトラー最期の12日間」のあの1シーンのパロディがあって笑った
  • 笑って観てたはずがいつの間にか恐怖を感じる
  • ヒトラー役の俳優の演技がすごい
  • ドイツで製作された
  • 史実でもヒトラーは最初支持された
  • 原作小説は映画とは違う手法で書かれている

といったところです。

「帰ってきたヒトラー」面白く興味深い映画で観てよかったです。

予想していなかった驚きがありました。いい意味で期待を裏切った映画でしたね。

それでは「帰ってきたヒトラー」観ることにした人は楽しんでください。

ちょっとした戦慄を味わえますよ。

映画観終わったら、ぜひ「帰ってきたヒトラー」公式サイトの情報読んでみてください。

いろいろ裏話もあって面白いです。

視聴可能な動画配信サービス(定額制or動画レンタルor動画購入)

※2018年8月5日時点での配信情報です。配信または見放題が終了している場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

お得情報(無料体験期間ありの動画配信サービスなど)

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム会員になると対象作品の映画や海外ドラマなどが追加料金なしで見放題。

30日間無料体験できます。

U-NEXT

映画・海外ドラマ・韓流ドラマなどの「見放題」作品、雑誌の「読み放題」作品が31日間無料になるお試しトライアル期間あり。

31日間無料トライアル申込で600 円分のU-NEXTポイントがプレゼントされます。

U-NEXT利用してみたので体験談や特徴・メリットなどを「詳細ページ」にて書いています。

dTV

ドコモがしている動画配信サービス。ドコモユーザー以外の人も利用できます。

31日間無料体験期間あり。

auビデオパス

初回30日間無料。

以前はauユーザー限定の動画配信サービスでしたが、2018年8月2日からauユーザー以外の人も利用できるようになりました。

映画館の料金割引特典あり。

auビデオパス実際に利用してみました。メリットやデメリットを「詳細ページ」にて紹介していますのでご覧ください。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

「動画見放題&定額レンタル8プラン」が30日間無料期間あり。(入会から30日間が無料です)

動画見放題
(※新作・準新作などを除く 動画見放題対象作品約8,000タイトルの中から)

CDやDVDが借り放題
(※無料期間中、新作は借り放題の対象外 ※9枚目以降は旧作のみ対象)

ビデオマーケット

プレミアムコース・プレミアム&見放題コースが初月無料(※「ソフトバンクまとめて支払い」は初月無料対象外)

プレミアム&見放題コースの「見放題作品」は初月無料となります。

単品レンタル作品はお試し登録時に付与される540ポイントで視聴可能。

単品レンタルの所有ポイント以上の作品を視聴する場合は追加ポイント購入となります。

FODプレミアム

AmazonアカウントでFODプレミアムに登録すると見放題対象作品が1か月無料になるキャンペーン中(初回限定)

フジテレビの動画配信サービス。

フジテレビの名作ドラマやバラエティ番組などを視聴できます。アナウンサーコーナーもあり。

フジテレビのテレビドラマが好きなら大満足の動画配信サービスです。

動画の他にも人気雑誌読み放題や電子書籍コーナーあり。対象のマンガが無料で読める特典もあります。

Amazonプライムビデオ・Hulu・Netflix・U-NEXT・dTV・auビデオパスについて特徴やメリットなどをこちらの記事で書いていますので参考にしてください。

映画・海外ドラマ動画配信サービス(VOD)比較一覧(特典情報など)あなたにとって一番お得なサービスは?
動画配信サービス(VOD)、たくさんあってどこにしようか迷いますよね。 この記事では、それぞれの動画配信サービスの特徴や特典などについてまとめています。 無料お試し期間があるので、気になった動画配信サービス(VOD)にとりあ...

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [Blu-ray]

何度も繰り返し観たいなら、やっぱりブルーレイとかDVDを購入して手元に置いておきたいですよね。

定額動画配信サービスや動画レンタルだと配信終了してしまうことがありますから。

コメント