ぷりんと楽譜の買い方とDTM作曲初心者が好きな曲コピーして勉強しようっていう話し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽譜

音楽を聴くことが好きで、このブログでオススメ曲を紹介していたりします。

そしてだんだんと自分で曲を作ってみたい!って思うようになってきました。

そうです。作曲してみたいと思うようになったんです。

僕はギターとかピアノとか楽器は一切できないので打ち込みのDTMでの作曲の勉強を始めました。

いろいろと本とかネットの情報とかで勉強してみたけれど・・・うまくいかない!

そこでオンライン作曲講座探してみたら「わくわく作曲先生」というメールでの作曲講座を発見。

ってことで「わくわく作曲先生」で作曲勉強中です。すごく分かりやすくて日々レベルアップしていると実感できています。

それで作曲講座以外でも自分でなにか作曲のレベルアップしてみたいと思うようになり、好きな曲をコピーしてみようと思いいたりました。

今一番好きな曲、よく聴いている曲は「この世界の片隅に」のコトリンゴが歌う「悲しくてやりきれない」です。

「悲しくてやりきれない」への熱い想いをこちらの記事で書いてます!

耳コピは・・・むり!できない!

と最初からあきらめている僕は楽譜を購入することにしました。

楽譜を手元に置いてDTMでピアノロールで打ち込んでコピーしていこうっていう作戦です。

楽譜は「ぷりんと楽譜」ってとこで「悲しくてやりきれない」のピアノ楽譜を購入しました。

一曲だけの楽譜を購入できるっていうのがいいところです。

今は他の曲いらないですからね。

それでは前置き長いですが「ぷりんと楽譜」での楽譜の購入方法を解説していきますので参考にしてください。

他にも作曲の勉強のことをちょっと書いています。

「ぷりんと楽譜」での楽譜の買い方(パソコンとスマホの場合)

ぷりんと楽譜の家での買い方。簡単です。パソコン(PC)の場合

ぷりんと楽譜公式サイトに行きます。

欲しい楽譜を1曲から簡単購入!「ぷりんと楽譜」

googleで「(購入したい曲のタイトル)+ぷりんと楽譜」で検索してもいいでしょう。

僕は今回「この世界の片隅に」の劇中歌「悲しくてやりきれない」を購入したので、それを例に購入方法の一例を紹介します。

僕がぷりんと楽譜で購入したのはこれです。

悲しくてやりきれない(アニメ映画『この世界の片隅に』オープニングテーマ)

ぷりんと楽譜公式サイトの右上のほうに検索窓があるので、そこに曲名(悲しくてやりきれいない)などを入力して検索。
曲名で検索

すると楽譜一覧が表示されます。

悲しくてやりきれない楽譜一覧

その楽譜のなかから自分が購入したいものに一番近い楽譜を選びます。

選び方は

  • どの楽器を使うのか(ピアノ・ギターなど)
  • 難易度
  • 「楽譜サンプル」で楽譜の一部を閲覧

といった情報が提供されているので、それを見ながら決めましょう。

DTMで作曲の勉強用ならピアノ楽譜が良いと思います。

悲しくてやりきれないは、ピアノ弾き語りがメインの曲なので、なおさらピアノ楽譜がいいですね。

僕は「この世界の片隅に」の「悲しくてやりきれない」の楽譜が欲しかったので、まず元曲のザ・フォーク・クルセイダーズの分は除外。

「悲しくてやりきれない」は多くのアーティストによってカヴァーされています。

カヴァーが多い曲だと、こんなふうに自分が買いたいと思っているカヴァーバージョンに近いのとかカヴァーしているアーティスト名の記載がある楽譜にしたほうがいいですね。

カヴァーしたアーティストによって元曲とはアレンジが違うという場合がありますから。

メロディとコードの記載だけされている楽譜だと安いですね。

作曲の腕前が高くなれば、この安いメロディとコードだけの楽譜でも、かなりの再現ができるようになりそうです。

そして「アニメ映画『この世界の片隅に』オープニングテーマ」と記載があるピアノ楽譜を選びました。

これですね。

悲しくてやりきれない(アニメ映画『この世界の片隅に』オープニングテーマ)

一覧の中からどの楽譜にするか決めたら曲名をクリック。

すると、自宅のプリンタで印刷するのかコンビニに設置してあるプリンタで購入&印刷するのか選択する画面になります。

僕は今回自宅のプリンタで印刷することにしたので「楽譜データをカートに入れる」をクリック。

楽譜をカートに入れる

どの楽譜にするか決めたら購入方法を決めます。

ぷりんと楽譜に会員登録をしなくても楽譜を購入できます。

ぷりんと楽譜の購入方法は2通りあります。

  • 自宅のプリンタで印刷
  • コンビニで印刷

この2種類です。

他にもヤマハ特約楽器店にMuma(ミューマ)というのが設置されていれば、それで楽譜購入できます。

コンビニで印刷するほうが価格が高くなります。

セブンイレブンだとnanacoでの支払いができます。

自宅のプリンタで印刷する場合、支払方法がたくさんあります。

クレジットカード・ケータイ決済・WebMoneyなどなどですね。

僕はau walletのマスターカードのクレジット番号で購入しました。

楽譜をカートに入れたら次は「レジにすすむ」をクリック。

レジにすすむをクリック

すると「購入前のご確認」という画面になります。

よく読んでおきましょう。

※販売しているデータの性質上、ご購入後の返品・キャンセルは承ることができません。

となっているので楽譜を印刷できなかったりしたらもったいないですからね。

「購入前のご確認」をよく読んでOKだったら「同意する」にチェックを入れます。

次に「はじめての方」と「ヤマハオンラインメンバーの方」という画面になります。

僕は楽譜を頻繁に購入するわけではないので、今回は会員登録せずに楽譜を購入しました。

会員登録しないで楽譜を購入する場合は、「今回は会員登録せずに購入される方 購入手続きへ」をクリックします。

会員登録せずに購入

ヤマハオンラインメンバーに会員登録しておくと

  • 楽譜の購入履歴を閲覧可能
  • 「無料楽譜」が利用できる

などの特典があります。

「今回は会員登録せずに購入される方 購入手続きへ」をクリックして、次にメールアドレスや名前・電話番号を入力します。

次に支払方法を決定します。

購入を確定すると「楽譜データを開く」という項目があるので、そこをクリックして表示されていたパスワードを入力するとPDFで楽譜を閲覧できる状態になります。

閲覧しているPDFから印刷すれば完了です。

この楽譜のPDFデータ、自分のパソコンにダウンロードできました。

>楽譜データの印刷は、初回の閲覧から3日間(72時間)の間のみ可能です。

となっているので、すぐに印刷しておきましょう。

DTMで打ち込みするならパソコンにダウンロードした楽譜のPDFデータを見ながら打ち込みするってことができますね。

印刷に関しては3日間の制限がありますがPDFデータの閲覧に関しては制限があるのかぷりんと楽譜には記載が見当たりませんでした。

実際に数日間経過してからもダウンロードしたPDFデータが閲覧できるのか試して、ここに追記しときます。

iphoneなどスマホで購入する場合はコンビニで

パソコン(PC)を自宅で持っていない場合、スマホと自宅のプリンタをつないで楽譜印刷ということはできないことはなさそうですが、ぷりんと楽譜では動作保証されていません。

ですのでiphoneやAndroidでの購入はコンビニ購入推奨となります。

コンビニ購入といっても、コンビニに設置されているマルチコピー機に楽譜の番号を入力してマルチコピー機にお金を投入するという方式です。

なのでぷりんと楽譜で各コンビニに対応した番号を検索するだけというシンプルな購入方法となっています。

自宅にパソコン(PC)がないという人の場合はネットカフェでPCを利用してみるという方法が考えられます。(実際にやってみたことはないので、あくまでアイディアです。できるかは分かりません)

スマホから「ぷりんと楽譜」の楽譜を購入する場合はコンビニのマルチコピー機で買う方法が確実ですね。

ぷりんと楽譜の楽譜が購入できるコンビニは以下のとおりです。支払方法は基本現金です。

  • セブンイレブン(電子マネーnanacoが利用できます)
  • ローソン
  • ファミリーマート(ファミマ)
  • サークルK
  • サンクス
  • ミニストップ

マルチコピー機が置いてあるコンビニじゃないと購入できません。

たとえば駅中の狭いコンビニだとマルチコピー機置いてないことが多いと思うので購入できないということになります。

ぷりんと楽譜さんがコンビニでの楽譜購入方法を動画にしていたので貼っておきます。

スマホでの購入方法

作曲初心者なりの勉強方法について

耳コピする気起きないしできないので楽譜買いました。

作曲の勉強のために耳コピするのがおすすめ!

っていうことが本とかネットの情報を、これでもかって書かれています。

実際耳コピすることで作曲力上達するんだと思います。

でも!

一から耳コピしていくなんて・・・なんだかやる気が起きないです。

やる気が起きないなんて情けないですよね(涙)

そこで考えてみたのが、要するに好きな曲でもなんでもいいからDTMでピアノロールで一曲コピーしていくことで手で覚えるみたいなふうになればいいんじゃなかろうかということ。

なんで楽譜を購入することにしました。

その楽譜を見ながらピアノロールで打ち込みしていくわけです。

これから耳コピなんてやる気起きない・・・できないっていう情けない僕でも一曲コピーしやすいしやる気起きます(笑)

ってことでぷりんと楽譜で「悲しくてやりきれない」のピアノ楽譜を購入しました。

楽譜を見ながらピアノロールで打ち込みしていくのがちょうどいい勉強法

コード進行ならネットで検索すれば、いくらでもそこらへんに転がっています。

コード進行だけの部分って著作権ないそうですから。

でも、僕が知りたいなって思ったのはメロディなんですよね。

まあメロディだけならなんとか耳コピできそうだけれど、やっぱり耳コピはやる気が起きないです。

メロディが記載された楽譜があれば、耳と目と手でプロが作る曲の雰囲気を学ぶことができるって考えました!

ぷりんと楽譜ではMIDIデータがある曲もあるんです。

でもMIDIデータ購入してダウンロードしただけだと、そのMIDIデータをdominoで開いて「へぇ~、こんなふうに打ち込んでるんだ」で終わってしまいそうです(笑)

ですので楽譜を見て、それをピアノロールで自分の手で打ち込んでいくことで、ここはこういうふうにしているのかっていうことを覚えやすいんじゃないでしょうか。

楽譜をピアノロールに変換するのを手作業でするっていうぐらいのレベルが耳コピめんどうに感じてしまってやる気が起きない僕みたいな人にとってはちょうどいいと思います。

初心者レベルの作曲理論を知ってから好きな曲をコピーして学ぶのがいいと思う

作曲の上達のためには耳コピだとか好きな曲をコピーしてみることだと言われますが、やはり最低限の作曲の知識があったほうがいいですよね。

なんでかっていうと、なにも分からないまま曲をコピーするより、ある程度の作曲知識を理解している状態でコピーしたほうが曲の構造などを理解しやすいから。

ただコピーしているだけだと、ただコピーしただけで終わりなんてことになってしまいます。

  • へぇ~こういうコード進行って心地いいな
  • ここはこういうふうにしてるのか

といったことが分かるようになるには、やはり初心者レベルの作曲知識が最低限でもあったほうがいいですよね。

なかにはDTMで好きな曲をコピーしまくっている間に作曲できるようになったという人がいそうですが。

まとめ

ってことで「ぷりんと楽譜」での楽譜の購入方法と作曲の勉強について思うことを書きました。

まとめると…

  • 「ぷりんと楽譜」で楽譜購入するのは簡単
  • 好きな曲をコピーする前に作曲の初心者レベルの知識はあったほうがいい

といったところですね。

昔はバンドスコアなどなにか曲をコピーなりカヴァーしようと思うと紙の楽譜を購入してこないといけなかったんでしょう。

今ではオンラインで楽譜購入して自宅のプリンタで印刷したりコンビニのプリンタで購入&印刷するってことができるようになりました。

かなり手軽に楽譜を購入できるようになりましたよね。

それに一曲だけ買うことができるのも便利です。

僕みたいなDTM初心者の人で耳コピむり!っていう人は、楽譜見ながらでもコピーしていってプロの曲作りの神髄をつかんでいこうじゃありませんか。

スポンサーリンク
レンタングル大