wimaxギガ放題料金比較 プロバイダどこと契約したらいい 選び方のコツ教えます。

ギガ放題料金比較タイトル画像 IT・ネット関連

wimaxを利用したいけれど、どのプロバイダと契約すればいいのか分からないという人のためにプロバイダ選びのコツを紹介します。

一番気になるのは各プロバイダのwimax2+サービスの利用料金ですよね。

そこでwimaxプロバイダ選びのときの料金比較のコツを書いていきます。

wimax2+を使いたいときに、いくつかプロバイダがあるので、どのプロバイダと契約したらお得なのか迷ってしまいますよね。

時期により各プロバイダのキャッシュバックキャンペーン額は変化するので、各プロバイダでかかる費用はキャンペーン期間によって変わってしまいます。

そして契約期間によってもwimax利用料金の総額費用は変化します。

いろいろ検討していると混乱してきてしまいますよね。

どのプロバイダが一番お得なのか。

このことを考えるときに、この記事では、いつでも使える各プロバイダ料金を比較するコツをご紹介します。

各プロバイダ料金を比較するコツを知っておけば、どんな時期でも一番お得なプロバイダと契約することができます。

2年3年後の乗り換え時期にも、どのプロバイダにすればいいのか迷いにくくなりますよ。

スポンサーリンク

wimaxプロバイダ業者選びの最終結論

プロバイダ乗り換えなどの面倒なことをこれからはしたくない。

最終的に月額料金が一番安くなるプロバイダとすぐに契約する。

一生分のwimax料金の総額費用を一番安くしたい

各プロバイダのキャッシュバックキャンペーンを利用できるだけして数年ごとに各プロバイダを乗り換え、最終的に月額料金が一番安いプロバイダと契約する。

2018年2月現在はブロードワイマックスDTIがおすすめ!

ブロードワイマックスには最新機種変更サービスがあるwimax業者の中で最終的な月額料金が一番安いです。

wimaxのプロバイダ料金の総額費用を考えるときのポイント

実質費用が何円とか初期費用何円引きとか、いろいろとお得ですアピールがあります。

しかし結局のところ私たち利用者が知りたいのは、たとえば3年契約なら3年間wimax2+サービスを利用するときの「総額」の利用料金はいくらになるのかですよね。

どのプロバイダも一定期間にかかる総額費用について書かれていないのが現状です。

各プロバイダの総額費用は自分で計算しないといけません。

何社かのプロバイダはキャッシュバックを用意しています。

このキャッシュバックキャンペーンは申し込む時期によって変わります。

つまりこの記事を書いている時点で各プロバイダの総額費用の計算結果を掲載しても、計算したときのキャッシュバックキャンペーンが終了していたりキャッシュバック額が変化していたりしたら意味のない計算結果となってしまいます。

そこでwimax2+サービスを提供している各プロバイダの公式サイトの料金表などから総額費用を計算するときのコツや注意点を紹介します。

  • 0か月目(※)のとき無料(初月無料)なのか日割り料金になるのか
  • 契約手数料はいくらか
  • クレードルつかうならクレードル代
  • so-netの場合はモバイルコース料金200円+消費税が毎月かかる。
  • 有料サポート(故障しても無料で修理など)に加入するのかどうか。

(※)0か月目とはwimaxのモバイルルーター端末が到着して利用開始した月ですね。「利用開始月」とプロバイダの公式サイトでは書いてあることが多いです。

この5点がwimax2+ギガ放題の契約年数総額費用を計算するときの注意点です。

契約手数料の存在を忘れてはいけません。だいたい3000円ぐらいが一か月目の料金発生時に契約手数料として支払いになります。

クレードルは、たとえば自宅のパソコンでwimax端末を使用するときLANケーブルでインターネットにつなぐことができるようになる機器です。

有料サポートというのがあります。
故障したら無料で修理できますとか手厚いサポート体制があるとかです。

ただし有料サポートに加入していたとしても、無料で修理してくれるには条件があります。自分の不注意で壊したっていう場合無料での修理にはならないケースがほとんどでしょう。

安心感が欲しいという場合に、こうした有料サポートに入っておくといいでしょう。

私はNECのWX02を数年間使用していましたが一度も故障しませんでした。

鞄に入れて外出先でも使っていましたが壊れた故障したということは一度もありませんでした。

プロバイダ料金の総額費用の計算方法

3年間契約の場合のプロバイダ料金総額費用基本計算式
(契約手数料+0か月目日割り料金+3年間の月額料金総合計)- キャッシュバック額

有料サポートに加入する場合は無料期間を除く月額料金を足します。
クレードルを使う場合はクレードル代を足します。

0か月目(利用開始月)が日割り料金のプロバイダの場合、契約前の検討中に日割り料金を正確に計算するのは難しいです。

ですので、0か月目が日割り料金のプロバイダであれば、なるべく月末が0か月目(利用開始月)の出発点になるようにしたほうがいいでしょう。

0か月目が無料のプロバイダであれば、なるべく月初めに0か月目(利用開始月)の出発点になるようにしたほうがお得です。

明確にどの時点が利用開始月の出発点となるのかは各プロバイダによって違います。

wimax機器発送日や受け取りした日、通信を開始した日など利用開始月の出発点は各プロバイダ様々な決め方をしています。

正確に利用開始月の出発点を知りたい場合は各プロバイダのサポートに聞いておくようにしましょう。

2年間か3年間契約なら、ほぼ「価格comからGMOとくとくBBに申し込む」のが総額費用が一番安い

たとえば3年間でのwimax利用料金総額費用で各プロバイダを比較した場合、一番安くなるのは「価格com経由でGMOとくとくBBに申し込む」のが現状です(2018年2月時点での情報)

ただし過去にGMOとくとくBBと契約していた履歴がある人は価格.comのキャンペーン対象外となります。

>本キャンペーンはGMOとくとくBBに新規にご入会となる方が対象となります。過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外となります。
http://kakaku.com/bb/plan.asp?bb_planUnitCD=3719026&bb_pref=13&bb_monthType=11003

価格.comからGMOとくとくBBに申し込む場合、有料サポートに最初から加入しないという選択肢が出現します。

価格.comからGMOとくとくBBに申し込む場合、安心サポート・安心サポートワイドとWi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションに「不要・加入しない」が選択できるようになっています。

価格.comを経由せずにGMOとくとくBBから直接申し込み画面に行くと安心サポート・安心サポートワイドとWi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションに「不要・加入しない」という選択肢がありません。

事実上強制加入となるでしょう。あとから外すことはできます。

価格.com経由で申し込むと最初から有料サポートを外しておけるのが便利です。

後から有料サポートを外すなどの面倒なことをしなくていいというのも価格.com経由で申し込むメリットの一つですね。

同じプロバイダをずっと使い続けるなら最終的な月額料金が一番安いプロバイダを選ぶ

2年ごと3年ごとに更新月を確認して無料で解約して乗り換え先のwimaxのプロバイダを探すことが面倒になることがあります。

キャッシュバック額を引いたりして、どのプロバイダが一番安いか比べる作業ってめんどくさいですよね。

それにキャッシュバックキャンペーンというのは過去に同じプロバイダと契約していた場合は適用されないケースばかりです。

wimaxを取り扱うプロバイダでキャッシュバックを行っているところは、そこまで多くないです。

数年ごとに一番安いプロバイダに乗り換えていくとしても2~3回プロバイダを変えたら、どこのプロバイダでもキャッシュバックキャンペーンが適用されなくなるという状態になるでしょう。

それなら、最初から最終的な月額料金が一番安いプロバイダと契約したほうが面倒なことを今後しなくてもよくなります。

しかし一つ心配なのは利用しているwimax端末が古くなり新機種に変えたい場合どうしたらいいのかということ。

年々技術は発達していますから常にwimaxの最新機種を使いたいですよね。

それに使用している端末が古くなると不具合とか故障の心配が多くなります。

こういう人のためにプロバイダのなかには長期利用者へwimaxの最新端末に機種を変更しますよっていうサービスをしているところがあります。

機種変更サービスの場合、まったくの無料というわけではありません。契約手数料がかかるなど、機種変時に料金が発生します。

ただ最新機種の端末代は0円というケースがほとんどなので数万円かかるということはないです。

古くなった機種でもOKなら、最新機種への変更サービスを使わなくてもいいでしょう。

長年同じプロバイダを利用するなら最新機種への変更サービスはあったほうがうれしいですよね。

調べた結果、2018年3月現在、最新機種変更サービスがあって最終的な月額料金が一番安いのはBload wimaxでした。

bloadWIMAXの最新機種変更サービスについてはこちら

https://wimax-broad.jp/lp/norikae3/

私は、今キャッシュバックありのGMOとくとくBBのwimaxと3年契約してますが、次に契約するとしたらキャッシュバックありのプロバイダでお得なところが見つからなかったらbload wimaxにする予定です。

bload wimaxより月額料金が安くて最新機種変更サービスがあって、そこまで悪い評判がないプロバイダが他にあればそこにしますが。

DTIは長期利用者への最新機種変更サービスを過去に一定期間やっていた実績はあります。

http://dream.jp/prm/wimax/kisyuhen.html

DTIの場合、最新機種への変更サービスはいつもしているわけではありません。

DTIに最新機種への変更サービスをいつもやっているのか、定期的にキャンペーンをしているのか問い合わせてみました。

結果は、最新機種への変更サービスは定期的にしていないとのことでした。

私が多くのwimax業者の中から調べた結果、DTIが最終的な月額料金が一番安いプロバイダ(2018年3月現在)だったんですが最新機種への変更サービスの利用については期待しないほうがいいでしょう。

一生分のwimax利用料金の費用が一番安くなるプロバイダの選び方

wimaxのプロバイダの乗り換え手続きが、べつに面倒ではないという人の場合は、各プロバイダのキャッシュバックキャンペーンを利用しつくして最終的な月額料金が一番安いプロバイダと最後に契約するというのが、一生分のwimax利用料金が一番安い方法となります。

キャッシュバックが利用できるのは、そのプロバイダと新規契約の人のみという条件があります。

そのため同じプロバイダで何回もキャッシュバックを受け取るということはできません。

乗り換えのときにキャッシュバックキャンペーンをしているプロバイダと最終的な月額料金が一番安いプロバイダとで、たとえば3年間のwimax利用料金の総額費用を計算して安いほうを選ぶというのが、かしこい選択でしょう。

各プロバイダのキャッシュバック額は時期によって変化するので、乗り換え時期にあらためて各プロバイダを比較しなおさないといけません。

こういう比較作業が、もう面倒だという人の場合はキャッシュバックに踊らされず、最初から「最新機種変更サービスがあって最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」と契約しておくのがオススメです。

「最新機種変更サービスがあって最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」は調べた結果2018年3月現在Bload wimaxとなっています。

「最新機種変更サービスを利用しないでもいい場合最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」は調べた結果2018年3月現在DTI WiMAX2+です。

私の場合、今はGMOとくとくBBのwimax2+サービスを3年契約で利用しています。

価格.com経由でのキャッシュバック額を入れると、3年間の総額費用がGMOとくとくBBが一番安いからでした。

3年後の更新月、各wimaxサービス会社のキャッシュバック額を比較して一番安いところに乗り換えるか、最新機種変更サービスがあり最終的な月額料金が一番安いプロバイダに乗り換え予定です。

2018年3月現在、3年契約での総額費用が一番安いのは「価格.comからGMOとくとくBBに申し込む」

2018年3月現在、「最新機種変更サービスがあり最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」はbload wimaxです。

GMOとくとくBBのWIMAXは業界最安値としてよく紹介されています。

しかしキャッシュバックの受け取りが数か月後だったり、GMOのメールサービスの大量のセールスメールのなかからキャッシュバック手続きメールを探し出したりなど、いろいろと面倒です。

けっこうな人数の人がキャッシュバックの受け取りを忘れていたなんてことになっているでしょう。

  • 3年間のwimax利用料金総額費用を一番安くしたい。
  • キャッシュバックの受け取りが面倒でもOK

という人の場合は価格.com経由でGMOとくとくBBと契約するのがいいでしょう。

しかし、

  • 数か月後のキャッシュバック受け取り手続きなんて忘れてそう
  • 3年後などに、またどのwimaxプロバイダがいいか考えるなんてめんどくさい。

という場合は最初から、
「長期利用者への最新機種変更サービスがあって最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」
と契約するのがオススメです。

調べた結果、
「長期利用者への最新機種変更サービスがあって最終的な月額料金が一番安いプロバイダ」Bload wimaxです。

コメント