初めてのソフトコンタクトレンズ作り 眼科での付け外し練習のコツを伝授 怖いのを乗り越えよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指にレンズをのせている

マミさん
コンタクト作りたいけど眼科が怖い!

コウスケさん
なんで?

マミさん
レンズの付け外し練習うまくできるかどうか不安なの

コウスケさん
なるほど。

コウスケさん
眼科行く前に付け外しの予習しとくのと、あとちょっとした気持ちの持ち方をアドバイスするよ

マミさん
ありがとう~

ということで、この記事では、

  • 眼科でのソフトコンタクトレンズの付け外し練習をうまく乗り切るためのコツ
  • 初めてコンタクトを作りたいとき眼科でなんて言うのか

この2点について書いています。

私(ブログ執筆者)が実際に眼科でコンタクト検診をした経験から、レンズ付け外し練習(装脱練習)のときにメンタル面(心理面)でのアドバイスも書きました。

眼科でのコンタクトレンズの付け外しがうまくいかなくて、長い時間かかってしまうんじゃないかと不安になりますよね。

眼科が混んでいると、自分のせいで待っている人に迷惑がかかるんじゃないかと焦ってしまいます。

そんな不安を解消するために、ソフトコンタクトレンズの付け方のコツを紹介します。

ソフトコンタクトレンズの外し方は意外と簡単です。レンズを目に入れるほうが難しいです。

ソフトコンタクトレンズの付け方のコツを事前に知っておけば、眼科でのレンズ付け外し練習にかかる時間を少なくできて不安が少なくなります。

眼科でのコンタクトレンズの練習が怖いから、なかなか眼科に行けないという人は、この記事を読んでいただくと眼科に行きやすくなります。

眼科でのレンズ付け外し練習をうまく乗り切るためのコツ

初めてソフトコンタクトレンズを作る場合の眼科の検診で最大の難関である「ソフトコンタクトレンズの付け外しの練習」を、なるべく早く乗り切るコツを紹介します。

初めてソフトコンタクトレンズを付ける場合は、事前にコンタクトレンズメーカーなどのサイトのコンタクトの付け外しの方法を見ておき予習しておくのがいいでしょう。

アルコン(Alcon)
レンズの付け方
https://alcon-contact.jp/howto/step1/
レンズの外し方
https://alcon-contact.jp/howto/step2/

クーパービジョン
すぐわかるレンズケアとつけはずし
https://coopervision.jp/beginner/lenscare

アキュビュー
レンズの付け方と外し方
http://acuvue.jnj.co.jp/support/manual/wear/

これらのページでソフトコンタクトレンズの付け外しの方法の予習してイメージトレーニングしておくと、眼科でのレンズ装用練習のときに早く終えやすくなるでしょう。

レンズの付け外し方法を勉強した後はイメージトレーニングしておく

先ほどの各コンタクトレンズメーカーのレンズの付け外しの方法を読む・動画を観るだけでなく、レンズをこういうふうに目に付けて、こういうふうに外すんだというイメージトレーニングをしておきましょう。

イメージトレーニングをしておけば、少しはレンズの付け外しのときの怖い気持ちを減らすことができるでしょう。

コンタクトレンズを目に付けるときに目に指を近づけることが怖いという場合があります。

女性の場合はアイメイクなどの化粧をするので目に指を近づけることを、そこまで怖いと思うことはないでしょう。

男性の場合は目(眼球)に指を近づけることが怖いと思いやすいでしょう。

怖さを克服するには慣れしかないです。

実際にコンタクトレンズをいつも付けるようになると、眼球に指を近づけることへの恐怖はなくなっていきます。

目にレンズを入れることが怖い場合の心理面での克服方法

コンタクト付け外しのときにもっとも怖いのは、レンズを目に入れることですよね。

実際にコンタクトレンズを目に付けることは、眼科での付け外し練習のときにしかできないことなので、事前に練習しておくことができません。

そこで、心理面から目にレンズを入れるときの怖いのを克服する一つのコツを私なりにアドバイスします。

それは
「覚悟を決めること!」

眼科という医療機関で指導されたとおりにコンタクトの付け外しの練習をするのですから、ものすごく危ないことをしているわけではないですよね。

もちろんコンタクトレンズは高度管理医療機器ですから、取り扱いには注意しないといけません。

コンタクトの付け外し練習のときに眼科の医師が近くにいると思えば安心感があります。

レンズの付け外しに時間がかかってしまったとしても覚悟を決めて焦らないようにしましょう。

焦ってしまっては、よけいレンズを目に入れたり外したりということができなくなってしまいますからね。

変にキョドる必要はありません!

こういときには他の待っている人に迷惑をかけてもいいと割り切ってしまいましょう!

なにより大切なのは自分の目でコンタクトレンズを付け外しできることですから。

あまりにもレンズの付け外しの練習時間が伸びるようなら後日再度来院するように案内されます。

眼科の人も初めてコンタクトレンズを付ける人のなかには時間がかかる人がいることには慣れているでしょう。

そういうときに、どのようにレンズの装用指導をするかというノウハウも学んでおられるかと思います。

ですので、これは時間がかかりそうだと思っても焦らず覚悟を決めて眼科の人にアドバイスをもらいつつ落ち着いてレンズの付け外し練習に取り組むようにしましょう。

ソフトコンタクトレンズの基本的な付け方の全体の流れを知っておきましょう。

眼科でソフトコンタクトレンズの付け外し練習(装用練習)する前に、レンズを付けるときの全体の流れを知っておくことで焦りにくくなります。

手を石鹸やハンドソープで洗う。

手をよくすすぐ

手の水分をペーパータオルなどでふきとる。(ここ重要!)

ケースからレンズをとる

人差し指の先にレンズを乗せる

目を大きく開く&そのことを意識する(ここ重要!)

レンズをつける

という流れになります。

(ここ重要!)と書いた部分について少し解説しておきます。

「手の水分をペーパータオルなどでふきとる。」

手を洗った後の手に水分が残っていると指で目を開くときにすべってしまってうまく目を開きにくくなるんです。

注意点は、そこらへんにある何回も使っているタオルとか着ている服とかで手を拭かないこと!

必ずペーパータオルか清潔なタオルで手を拭くようにしましょう。

私はペーパータオルをイオンで購入してコンタクトを目に入れるときと外すときに使っています。

イオンでこのペーパータオルを買って使ってます。

ペーパータオル

じつは手を洗ったあとに、よく拭いておくのは他にも理由があります。

水道水にはアカントアメーバという微生物がいてソフトコンタクトレンズに水道水がつくことで角膜に感染を起こすことがありえるそうです。

くわしくは、こちらの眼科のサイトをご覧ください。

http://www.meisei-eye.jp/column/column46.html

ですのでたとえば保存液代わりに水道水を使ってはいけないとされていますし、水道水でソフトコンタクトレンズを洗ってはいけないとされています。

手を洗うときは水道水を使いますが、手を洗い終えたらペーパータオルで手を拭いて水分をとっておくことが大切です。

「目を大きく開く&そのことを意識する」

ソフトコンタクトレンズを目に入れるときに目は大きく開けますが、目を大きく開けることを「意識」してください。

目を大きく開けることを「意識」していないと、レンズを付けている途中でだんだんと目の開きが甘くなってきます。

レンズをなんとかして目に入れることに意識を集中しすぎて目を開くことへの意識が下がってきてしまうんですね。

ですので、目にレンズを入れ終わるまで目を大きく開くことをずっと意識するようにしてください。

【初心者の方へ】他ではあまり載っていないソフトコンタクトレンズの付け方のコツを教えます。

初めてコンタクトレンズを付ける人は参考にしてください。

私はソフトコンタクトレンズを使うようになって数か月過ぎ、ソフトコンタクトレンズを素早くつけるコツが分かってきました。

これから書くことを読んでいただければ、眼科でのコンタクト装着練習をなるべくうまくスムーズに終えることができるようになるでしょう。

ちなみにソフトコンタクトレンズの場合です。

レンズを目に付けるときうまくいくためのポイント

  • あせらない!あわてない!
  • 目をしっかりと開ける!
  • 目の形とレンズの形を合わせることを意識する!
  • レンズを目に入れた後、頭を上にして目だけを下にしてゆっくりとまばたきする

とりあえずは、この4つを意識してみてください。

レンズを付けるとき、あせらない、あわてないことは大事です。

うまくレンズをつけることができなくて焦ると、よけいレンズをつけにくくなってしまいます。

最悪レンズを落としてしまって使えなくなってしまったりなんてことになったらもったいないですよね。

指でまぶたを押さえて持ち上げていると、まばたきをしたくなることがあります。

まばたきをしたくなったときに焦ってレンズを急いで目に入れようとすると、たいてい失敗します。

まぶたを持ち上げているときに、まばたきをしたくなったらレンズを入れずに一度目を閉じて、もう一度まぶたを持ち上げ直しましょう。

まばたきを我慢しながらレンズを入れようとするよりも、目を大きく開くところからやり直したほうが早くレンズを入れることができます。

指先にレンズのカーブの頂点がくるようにレンズを乗せる

指先にのるレンズ
指先にレンズが斜めに置かれていたり、指の腹のほうにレンズがあると、目にレンズを入れにくくなります。

レンズはちょうど指先にまっすぐにちょんっていう感じで乗っているほうが装着しやすいです。

そのほうがレンズの形と眼球の形を合わせやすいので、レンズを目に装着しやすくなります。

レンズを目に入れた後、頭を上にして目だけを下にしてゆっくりとまばたきする

レンズが目に付いたあと、目だけで下を見ながらゆっくりとまばたきををすると眼球にレンズが定着しやすくなります。

この方法は眼科でのレンズ付け外し練習のときに教えてもらいました。

やってみると、たしかになんだかレンズがずれてるような気がしたときでも、頭を上に向けて目だけで下を見てゆっくりとまばたきをすると、すっとレンズが目の定位置に落ち着く感じがします。

レンズを目に付けた直後、どうもレンズの装着具合が悪い場合、この方法を試してみてください。

初めてコンタクトを作るとき眼科でなんて言うのか

コンタクトレンズを初めて作る場合は先に眼科に行かないでアイシティなどのコンタクトレンズ販売店に行ったほうがスムーズに進みます。

先にアイシティなどのコンタクトレンズ販売店に行き「コンタクトを作りたいです。」とだけ言えばOKです。

まずは眼科よりも近くにあるアイシティなどのコンタクトレンズ販売店に行ってください。

アイシティの場合を以下で書いていきます。

アイシティに行って「ソフトコンタクトレンズを作りたいんですが」と言えば、あとは自動的にいろいろと物事が進みます(笑)

病院でいう問診票みたいなのに記入していき店員に渡して何点か話したあと、近くにある眼科を紹介してもらえます。

その眼科にアイシティでもらった紙を眼科の受付に渡せばOKです。

眼科の受付の人は慣れているので、アイシティから持ってきた紙を見れば、コンタクトを作るための検診だとすぐに分かります。

こちらからはなにも言わないでもいいぐらいです。

眼科が混んでいれば待たないといけません。

まとめ

以上で初めてソフトコンタクトレンズを作りたいときの眼科でのレンズ付け外し練習をうまく乗り切るためのコツや、コンタクトレンズを初めて作りたいときになんて言えばいいのかについて解説しました。

まとめると、眼科に行く前にレンズの付け外し方法について予習しておき本番のときは焦らない、覚悟を決めるですね。

眼科でのコンタクトレンズ検診を終えアイシティなどでコンタクトレンズを購入した後は眼鏡なしで外を歩ける日常が訪れます。

友達や同僚に「コンタクトにした?」なんて聞かれるでしょう。

異性からかっこいいとかかわいいとか、眼鏡じゃないほうがきれいとか言われたらうれしいですよね!

それでは、コンタクトレンズライフを楽しんでください!

あとコンタクトレンズの取り扱い方法はきちっと勉強しておいてくださいね。

そして眼科へ定期検診に行くことを忘れないようにしましょう。

初めてソフトコンタクトレンズを作るときの全体の流れについての記事も書いています。

10年ぶりぐらいにソフトコンタクトレンズを久しぶりに作ろうと思い立って、さっそく作ってきたので、その模様をリポートします。 初めて...

2回目のソフトコンタクトレンズの購入は海外通販を使ったことについての記事も書きました。コンタクトレンズのネット通販を考えている人は参考にしてください。

「ベストレンズ」というコンタクト通販サイトで使い捨て1dayのクーパービジョンの「マイデイ」を購入したのでレビューします。 コンタ...
スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大