遠赤外線暖房機セラムヒートERFT11PS(ダイキン)のレビュー。部屋全体は暖まりません。スポット補助的に使う機器です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖まる猫
スポット暖房として使えるヒーターです。

購入してから3年ほど使っていますが、冬になると必ず使用しています。

メインの暖房としては使えませんが、洗面所が寒い場合に使ったりメインの暖房器具の補助として使用するぶんには、とっても役立ちます。

部屋全体を暖めるという用途には向きませんが、ピンポイントで暖まるには非常に使い勝手がいいです。

どのように体が暖まるのか、節電システムや掃除の方法を紹介します。

セラムヒートがあると、さらに冬を快適に過ごしやすくなります。

セラムヒートの暖まり方や節電機能についてなどを解説します。

セラムヒートがあなたの希望に合う暖房機器なのかが分かるようになるでしょう。

遠赤外線で体の中から暖まる

セラムヒート
私はイスに座っているすぐ横にセラムヒートを置いて使っています。

セラムヒートは焚き火に当たっているときと同じような暖まり方をします。

焚き火は遠赤外線があるみたいですが、セラムヒートも遠赤外線を発することで体を暖める方式を採用しています。

同じ遠赤外線なので、セラムヒートで体を暖めていると焚き火に当たっているのと同じようになるのでしょう。

自分の周りの空気はひんやりしているけれど、セラムヒートで暖まっている体の部分は暖かいという状態になります。

メインの暖房は石油ストーブを使っているんですが部屋全体が十分暖まったかなっていうときに石油ストーブは消してセラムヒートに切り替えています。

そして、だんだんと部屋全体が寒くなってきたらセラムヒートは消して石油ストーブをつけるということをしています。

こうすれば灯油を節約できます。

電気代は石油ストーブだけを使う場合より高くなりますが、エアコンほどではないでしょう。

空気を汚さない

セラムヒートのようなヒーターのいいところは空気を汚さないところです。

石油ストーブだと部屋の中の空気が汚れるので換気をしないといけないですよね。

空気が汚れて、だんだんと頭がぼ~っとしてくるなんてことにはなりにくいです。

受験勉強のときのスポット暖房としていいんじゃないでしょうか。

空気が汚れてくると頭がボ~っとしてしまって集中力が落ちてしまいますよね。

節電のための3つのシステムが整えられている

節電モード
「リズム」「センサー」「待機」の3つの節電モードがあります。

私のこの3つの節電モードの中で一番使いやすいのは「リズム」ですね。

「リズム」モード

節約
「リズム」は、暖めるパワーを強くしたり弱くしたりして電気代を節約するシステムです。

「リズム」運転ではない通常の運転だと暖めるパワーは、ずっと一定です。

しかし「リズム」モードにすることで通常の運転状態よりも節電が可能になるというわけですね。

暖めるパワーを弱くしたら、その分寒くなるんじゃないかって思ったんですが、遠赤外線で体を暖めていると、その暖かさには持続性があることが分かっているそうです。

つまり「リズム」モードで運転していても、そんなに寒くならないってことです。

実際に「リズム」モードで運転してみましたが、通常運転と比べてすごい寒くなるということはなかったです。

なんとなく「あ、いま暖めるパワーを弱めているのかな?」っていう感じがするぐらいでした。

こういうヒーター系の暖房機器って石油ストーブと比較すると電力消費が激しいですから、なるべくこういう節電モードを活用しておきたいですね。

「リズム」モードで運転していて、外出するからコンセントを抜いて帰宅してコンセントを差して使う場合は、もう一度「リズム」ボタンを押して「リズム」モードにしないといけません。

本体上面についているスイッチで電源を切っただけであれば、スイッチを入れて電源を入れたときに「リズム」モードのままになっているんですがコンセントを抜くと「リズム」モードは解除されますので。

節電での運転になっているかどうかは、本体の前方上方にある「運転/パワーモニター」っていうところでも分かります。

「節電」と書かれているところの左横の葉っぱのマークが明るくなっていれば節電モードでの運転になっているということです。

「待機」モード

「待機」モードは、ちょっとその場を離れるときに使うモードです。

「待機」モードにするとスイッチを切らないで電力消費を最小限にできます。

セラムヒートから離れて戻ってきたときに「待機」モードを解除すれば、スイッチをオフにはしていないので、暖まるのを待つ時間が短縮できるということです。

ただセラムヒートはスイッチを入れて暖まってくるまでが早いです。

セラムヒートの前に居れば、30秒もせずに暖かさを感じられるようになってきます。

ですので私は「待機」モードは使っていません。

ちょっとその場を離れるとしてもスイッチを切って離れています。

スイッチを切るときはメモリをくるっと回すだけでいいので簡単です。

「センサー」モード

「センサー」モードは、セラムヒートが周りの温度を感知して20℃になると自動的に節電状態での運転に切り替わってくれるというモード。

私の場合は、石油ストーブとセラムヒートを同時に使うということがないので、「センサー」モードは使わないモードですね。

セラムヒートを自分の体の近くに置いて運転して体が暖まっていると周りの温度がけっこう低くても大丈夫なんです。

元々寒いのはそんなに苦手じゃないっていう人は、部屋で過ごす多くの時間をセラムヒートだけでしのげるのではないでしょうか。

もちろんそれでも寒くてたまらないってことになることはあるので、そういうときは石油ストーブをつけます。

とくに寒い冬の日に帰宅したときは石油ストーブの前で陣取って暖まらないといけないですね。

この場合はセラムヒートだと物足りないです。

セラムヒートはあくまで補助的な暖房機器ということです。

扇風機みたいな首振り機能があるが広い部屋全体は温まらない

洗面所
首振り機能がついています。

文字通りセラムヒートが横に動いて熱が伝わる範囲を広げるということができます。

広い部屋よりは狭い洗面所の空間を暖めておきたいっていうときには、この首振り機能が使えそうです。

私は自分の部屋で体の真横に置いてパワーは「2」の直前ぐらいのメモリのところで使用しています。

セラムヒートのパワーメモリは10まであります。

10にすると熱いっていうぐらいになりそうですが電気代もかかりそうです。

ですので私は最低ラインのパワーのメモリのところで使用しています。

最低レベルでのパワーでの使用でも自分の体のすぐ近くで運転していれば物足りないということはないですね。

ただ首振り機能を使うと自分の体以外の方向にもセラムヒートが向いてしまうので寒くなってしまいます。

なので一人で体のすぐ近くで最低レベルのパワーで使う場合は首振り機能はいらないです。

横向きにできる

横向きのセラムヒート
セラムヒートは通常は縦になっていますが横にすることができます。

私は横向きでは使っていないんですが、どういう使い道があるか考えてみると寝そべっているときなんかは縦より横向きにしたほうが体が暖まる範囲が広くなりますね。

体が横を向く状態になるときにセラムヒートを横向きにすることで、より体の暖まる範囲を広げることができます。

セラムヒートの掃除の仕方

カバーを開ける
セラムヒートには2本の黒い棒があってそこから熱を発するようになっています。

そこは熱くなるので触れられないようにガードがあるんですが、黒い棒が収められている空間にだんだんとホコリなどゴミがたまってきます。

こういうときはセラムヒート前面の金属製の網のガードの片側を外して中を掃除することができます。

蓋を開ける感じになりますね。

スイッチは切って黒い棒が熱を持っていない冷えた状態で掃除をしましょう。火傷をしたりしたら大変ですから。

掃除機の先が細くなっているノズルなどでホコリなどを吸うことができます。

ただ黒い棒の裏側の空間は狭くなっているので、たぶん多くの掃除機の先が細いとか小さいノズルでも黒い棒の裏側のホコリなどは吸い取れないでしょう。

こういうときはフキンなどで黒い棒の裏側を拭くのがいいでしょう。

もちろん電源が入っていない熱がない冷えた状態で拭きましょう。

持ち上げるための取っ手が付いているので持ち運びしやすい。

持ち手
セラムヒートの裏には手で持てるようになっている取っ手があります。

大人の男性なら軽く持ち上げて移動させることができます。

子どもや女性だと重さを感じるかもしれませんが重くて動かせないということはないでしょう。

電源を入れたまま持ち上げると自動的にスイッチが切れるようになっています。安全措置ですね。

持ち上げて本体底の部分が床から離れるとスイッチが切れるという仕組みです。

万が一なにかの影響でセラムヒートが倒れた場合、自動的に電源がオフになるということです。

まとめ

エアコンや石油ストーブだけでも冬を暖かく過ごすためには十分でしょう。

しかしセラムヒートのような補助的な暖房があることで、家の中でエアコンがなくてコンセントがある場所であれば、そこにセラムヒートを置くと暖まることができます。

石油ストーブの場合、灯油がなくなってしまった!っていうときの急場しのぎでセラムヒートを使うことで暖まることができます。

セラムヒートは部屋全体の温度を上げて暖まる暖房器具ではなくて、あくまで補助的スポット的に使用する暖房器具ですが一台あれば持ち運びしやすいし、なにかと便利でしょう。

部屋の空気を汚したくなくて一人が暖まればOKっていう場合は、かなり重宝するでしょう。

セラムヒートで、さらに快適な冬を過ごすことができるようになります。

ERFT11PSは古くなっておりamazonで販売されていなかったのでERFT11US-Tを貼っておきます。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大