MTのエントリーのデータをsiriusにインポートした。「スマートフォンサイト同時生成機能」とか「置換」処理が、かなり便利です。

スマホ IT・ネット関連

サイトやブログを作るのに、今は、wordpressを使うのが主流ですよね。

独自ドメインでブログの形で運営している人のほとんどはwordpressではないでしょうか。

このブログもワードプレスで作っています。テンプレートはsimplicityを使っています。

どこかで見たような感じになっていますよね。
simplicityも、幅広く使われているようです。

昔は、ムーバブルタイプっていうのを使っていました。MTって言ってたりしましたね。途中からMTOSになりました。

今も使っている人はいると思いますが、すっかりwordpress全盛期となっています。

昔、MTで作ったサイトがありまして、それを、確認してみたら、なんとスマホで見れなくなっていました。

MTの古いバージョンだと、そうなっていました。それより、ちょっと新しいバージョンのMTOSとかだと、スマホでも表示されていましたね。

Internal なんとか Errorとか、そういう表示が出てしまってサイトがスマホで表示されてなかったんです。

PCだと、ちゃんと表示されているんですが。

それで、これは、なんとかしておきたいってことで、そのMTで作ったサイトのデータをエクスポートして、siriusっていうサイト作成ソフトにMTのエントリーデータをインポートして、構築し直しました。

wordpressでも、できるのかもしれないんですが、wordpressのことが、私は、よくわかっていないので、まだ使いなれているほうのsiriusで構築することにしたんです。

MTには、エントリーのデータをエクスポートできる機能があって便利ですね。無料ブログにも、MTのエントリーデータとしてエクスポートしたりインポートしたりして利用できるところがあったかと思います。

siriusの上位版には、「スマートフォンサイト同時生成機能」っていうのがあるので、これでスマホでもサイトが、最適化されて表示されるだろうってことで、siriusを使うことにしたんです。

PCでは、普通にサイトが表示されるんですが、「スマートフォンサイト同時生成機能」でサイトを作成すると、スマホで見やすい形でサイトを作ってくれるんですね。これが便利です。

スマホで表示されなくなっていた私の昔作ったサイトは、siriusの「スマートフォンサイト同時生成機能」で、ちゃんと表示されるようになりました。

記事のデータを一括でsiriusで読み込んでくれるのは、かなり楽ですね。

一ページずつコピペしていたら大変です。

あと、置換処理が、すごく便利だなって思いました。

編集中の一ページだけでなく、サイト全体を一気に置換処理できるんですね。

MTのときのモジュールのコードがエントリーに残っていたんですが、それをsiriusの置換で、全て一気に消すことができました。

今は、サイトはスマホに対応しているのが当たり前になっているのではないでしょうか。

サイトの訪問者は、PCよりもスマホからのほうが圧倒的に多いですからね。

siriusの上位版は、ちょっと高かったですが、サイトを、どんどんと作りたい人にとっては、かなり便利なソフトです。

記事を追加したり作りこんだりするのも、手打ちよりも、かなり楽にできますからね。

あとフリースペースっていうのがあって、これも便利ですね。

コメント