海外ドラマXファイルシーズン1の感想・評価モルダーとスカリーがいい!オカルト・宇宙人・UFO、陰謀論が好きな人は面白いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UFO

Xファイルという海外ドラマをご存じでしょうか?

FBIにXファイルという未解決事件や不思議な事件などが集められているファイルがあり、そういった不思議な超常現象などの事件をモルダーとスカリーというFBI捜査官が追うっていうドラマです。

宇宙人やUFOなど、いわゆるオカルト物のドラマですね。

最近、新シーズンとして復活してました。

オカルトが好きな人で海外ドラマXファイルを観たことがない人は観てみましょう。かなり楽しめると思います。

とくに宇宙人がからむストーリーのときは面白かったです。

視聴可能な動画配信サービス

※2018年2月10日時点での配信情報です。配信または見放題が終了している場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

Xファイルは、こういう人におすすめ

  • オカルトや陰謀物が好き
  • 昔の名作海外ドラマを観てみたい
  • Xファイル2016を観て過去のXファイルも観てみたい人

Xファイルのあらすじ

FBI捜査官モルダーは、地下のXファイルのある部屋でくすぶっていた。そこにスカリーが相棒として新しく配属される。謎が多い出来事や不思議な事件があるとモルダーとスカリーが呼ばれることになり、二人は調査をすることになる。そんななかモルダーは危険な状態になっていく。

Xファイルの主要キャスト

モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)
主人公。FBIでXファイルの部署にいる。不思議な事件があると呼ばれる。

スカリー(ジリアン・アンダーソン)
モルダーの相棒。科学や医学の面からモルダーをサポートする。

スキナー(ミッチ・ピレッジ)
モルダーとスカリーの上司。よき理解者でもある。

スモーキング・マン(ウィリアム・B・デイヴィス)
裏の政府組織の人間。モルダーと敵対することになる。いつもタバコを吸っている。

Xファイル シーズン1の感想・評価

昔観たときは怖いと思ったが今はオカルトとして普通に楽しめます。

UFOと少年少女
huluでXファイルの昔の分の、たぶん全話の動画配信が始まったので、見始めることにしました。

昔、ちょっと見てたんですが、たしか、宇宙人とUFOネタじゃないと面白くなくなって、そのうち見なくなった記憶があります。

シーズン9までやってたみたいです。2016年になって、シーズン10として復活してましたね。このシーズン10も、そのうち見たいと思います。

【ネタバレ注意!】

2016年にもなると、スカリー役の人の顔が、ずいぶんと変わったなってパッと見思いました。

しかし、昔のXファイルのスカリーの顔を見てると、2016年のスカリーの顔の面影がありますね。

シーズン1ですが、最後に、宇宙人の赤ちゃんらしきものが出てきて終わりでしたね。

ペンタゴンの倉庫に、瓶詰にされて、何体かあるみたいですが、あんな倉庫で保存していて大丈夫なんでしょうか。

シーズン1は、宇宙人ネタは、ちょっと少なめかな。

子どものころに見たんですが、シルバーのキャンピングカー?みたいなのにいる人を宇宙人らしきものが誘拐するシーンは、ものすごく怖く感じたものでした。

ちょっとトラウマみたいになって、夜寝ようとして布団の中にいるときに窓のあたりが、むちゃくちゃ怖く感じたのを覚えています笑

今見たら、なんにも怖く感じないもので、やっぱり子どものころは感受性豊かなんだな~なんて思ったりしました。

このとき誘拐された人がかぶっていたキャップが、その後のエピソードでモルダーのFBIの部屋に置かれてるんですよね。

誘拐された人は、また登場するのでしょうか。

モルダーとスカリーのコンビは、やっぱりいい

同僚
今、Xファイルを改めて見ていると、モルダーとスカリーのコンビが、すごくいい感じです。

Xファイルって、このモルダーとスカリーのコンビがなければ、シーズン9いくほど、長くは続かなかったんじゃないでしょうか。

このコンビのどこがいいかっていうと、スカリーがモルダーのトンデモ論を、とりあえずちゃんと聞くところから始まる一連のやりとりがいいんですよね。

モルダーの話しを聞いたスカリーが「オーケーイ」って、ちょっとOKを長く言うのが、スカリーの科学者としての冷静さと性格の良さを表していると思います。

スカリーの冷静な分析を聞いたモルダーは、しぶしぶ承知したり、スカリーの言うことに納得できていない雰囲気だったのが、ちゃんとスカリーの言うことを聞いていたりするところがいいですね。

それで有名なセリフ「モルダー、あなた疲れてるのよ。」が登場することになるわけです。

このセリフが、どういったシーンでスカリーが言ったのかは、今後の楽しみにしておきます。

時代の流れを感じる。

公衆電話
時代の流れも感じられます。

このドラマが放映されたのは1990年代。

この時代は、インターネットは、まだまだ発展途上で、ケータイ電話がようやく登場しはじめたころみたいですね。

スカリーが、ポケベルを使っているシーンが、ちらっと出てきました。

今のドラマだとスマホに電源が入っていれば、使用者がどこにいるのか補足するシーンがありますが、1990年代は、携帯電話が使用された場所を特定する技術はなかったみたいです。

パソコンはありますが、ディスプレイはブラウン管?っていうのかな、奥行きがすごくあるやつです。

こうした時代の流れを楽しめるのも、今、昔のXファイルを見る楽しみの一つでもありますね。

ファッションが、だいたいふっくらとしていますね。

今は、ピチピチに細く見えるようにするファッションが主流ですが、1990年代は、ふわっとしたシルエットのが流行していたのかも。

Xファイルの音楽のテーマ曲はかなり印象的。テレビ番組とかで使われてますね。

Materia Primoris: The X-Files Theme (Main Title)
マーク・スノー & Chris Carter
カテゴリ: サウンドトラック
iTunesで見る apple musicで見る

音楽を製作したのはMark Snow(マーク・スノウ)

Xファイルといえば、このテーマ曲っていうぐらい誰もが知る音楽になってますよね。

Xファイルを観たことがなくても、テーマ曲はテレビ番組とかで聴いたことがあるでしょう。

オカルトとか不思議な題材を扱うテレビ番組でXファイルのメインテーマ曲の始めのあたりを効果音的に使っているシーン多いですよね。

テーマ曲の曲名はapple musicにあるサントラのだと「Materia Primoris: The X-Files Theme (Main Title)」となっています。

このブログではこちらのカテゴリで、他にもたくさんのオススメ曲を紹介しています。

おすすめ曲まとめ(洋楽・癒し系・女性ボーカル多め)いい音楽集めてます。

豪華なX-ファイル コンプリートブルーレイBOX(「X-ファイル 2016」付)が発売されています。

xファイルのシーズン1からシーズン9まで全巻セットになっていて、さらにシーズン10にあたる「2016」も収録されているという太っ腹なブルーレイボックスになっています。

さらにXファイルの劇場版の2作品の映画も収録されていますね。

まとめ

昔のXファイルを観たことがなくて、どっちかっていうとオカルトに、ちょっと興味があるっていう人は、観てみると楽しめるでしょう。

あと、宇宙人とか幽霊とか超常現象などについて、「存在しないという証拠がない。」からあるかもしれないっていう考えの人はXファイルをより楽しめるでしょう。

シーズン11も製作されているようで、アメリカでは2018年1月に放送開始されたみたいですね。

たぶん、そのうち日本でもXファイルシーズン11の動画配信が始まるようになるのでしょう。

視聴可能な動画配信サービス

※2018年2月10日時点での配信情報です。配信または見放題が終了している場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

海外ドラマカテゴリ最新記事への誘導
スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大