ズーランダーの感想・評価 君はキメ顔で笑えるか?ほっこり面白い映画です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラマン

ズーランダー。

とことんおバカでシュール系のコメディ映画なのかっていうとそうでもないです。

ちょっと感動系、ヒューマンドラマ系も混ざってます。

続編が作られるぐらいには人気があった映画です。

ほっと一息つきたい方は、笑いながらもホッとする気持ちになれる映画なんで視聴してみてください。

こういう人におすすめの映画

  • なごみ系おバカ映画が観たい人
  • コメディで楽しみたい人

予告編

予告編はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=vPObWZoIkoQ

この予告編だけだとなんの映画か分かりにくいですが、ホロりとさせる感動系もあるおバカ映画なんだっていうことは分かってもらえるでしょう。

おバカなんだけれど純粋さがあるみたいな感じかな。

あらすじ

ベスト・モデル賞の3年連続で獲得している男性モデルのトップ、デレク・ズーランダー。しかし、新人気鋭のハンセルに4年目のベスト・モデル賞を奪われてしまう。落ち込んでいるズーランダーに魔の手が迫っていた。

監督・主要キャスト(登場人物)

デレク・ズーランダー(ベン・スティラー)
キメ顔「ブルー・スティール」によって男性モデルのトップに君臨している人物。主人公。

キメ顔「ブルー・スティール」ってなに?って人は映画見てみましょう。くどいけど、そのうち笑えるようになります(笑)

監督もベン・スティラーです!

マチルダ・ジェフリーズ(クリスティン・テイラー)
陰謀について調べる女性記者。デレクと協力するようになる。

感想・評価

ちょっと感動系もまざってるおバカコメディ映画

おバカ映画だと思うんですが、ちょっと本気な部分もあって、なんだかどいうふうに思えばいいのか分からないシーンとかがありました。

全体的には、まあ楽しめたかなという感じです。

大物の暗殺の影には、男性モデルが存在したっていうのは陰謀論的には面白いアイディアというか、こういう脚本を考えることができるのがすごいです。

本気な部分っていうのは、ズーランダーが記者の女性が、いつも髪を後ろでしばってまとめているのを、髪を下したほうがキュートだってアドバイスするシーンとかですね。

そこは、さすがモデルだって思いました。それも、具体的に指摘していたのが面白かったです。

後ろに髪をひっぱることで、生え際が乾燥して、うんたらかんたらって言ってましたね。

この女性記者マチルダが、すごく魅力的な人でかわいい人だなって思って観てました。

いわゆるとびきりのモデルタイプの美人ではないんですが、なんだかかわいらしくて器量よしな感じがあって感じのいい人でした。

続編が製作されています

このズーランダーの続編が最近製作されてたみたいで、今度はもっと規模を大きくしてまた事件に巻き込まれる系なのかも。

映画には、セレブと言われる人たちが多数出演していたみたいです。カメオ出演というやつですね。

友情出演みたいな感じなんだと思います。

何人か有名どころセレブをあげておきます。

デヴィッド・ボウイ、ナタリー・ポートマン、ウィノナ・ライダー、ドナルド・トランプ(!)、レニー・クラヴィッツなどなど

すごい豪華ですよね~

ベン・スティラー友達多いんだろうな。

おバカ映画なんですが、最後のあたりのファッションショーっていうのはありそうな感じでしたね。

たまに、ニュースとかで奇抜な感じのファッションショーが取り上げられることがありますから。

ファッションショーって、普通のもあれば、デザイナーの主張みたいなのが反映されているのもあるんですよね。たしか。

それで、普段そんな服絶対着ないだろうっていうデザインの服がショーで登場したりするんでしょう。

まとめ

ということで映画ズーランダーのレビューでした。

ズーランダーはデレクの「キメ顔」で笑えるようになるかどうかが面白いと思えるかどうかの分かれ目になるでしょう。

なんで「キメ顔」にブルースティールって名前がついてるんだよ!って思ってしまったら負けなので素直に楽しみましょう。(笑)

というかキメ顔に名前がついていることが面白いって思えるかどうかでズーランダーを面白いと思うかがきまるでしょう!

視聴可能な動画配信サービス

※2018年5月4日時点での配信情報です。配信または見放題が終了している場合がございます。最新の配信状況については各サービス公式サイト・アプリにてご確認ください。

>>どの動画配信サービス(VOD)がいいか迷っている人のための比較記事はこちら
スポンサーリンク
レンタングル大