奈良の「らーめん春友流」で味噌ラーメンを食べました。上品な味わい。これからもっと人気店になりそう。

味噌ラーメン
奈良県奈良市にある「らーめん春友流」で味噌ラーメン(トッピング全部のせ)を食べてきました。

とっても上品でなめらかなおいしさがありました。

濃い目よりは、しつこさのないあっさり系が好きな人にオススメのラーメンです。

「らーめん春友流」で食べてみようと思ったのは、「むねさだブログ」でらーめん春友流が紹介されていたのを見たのがきっかけでした。

http://munesada.com/2017/09/25/blog-11025

カメラの記事を書いておられるだけあって、記事に掲載されているラーメンの写真を見て、すごく食欲をそそられました。

店の外観は、こんな感じです。

らーめん春友流外観

スープは濃すぎず薄すぎず絶妙

最初にスープを飲んでみると、まろやかで薄すぎず濃すぎずという絶妙の味わいでした。

春友流は、北海道風の味噌らーめんとのこと。

ラーメンのスープは残す人が多いかと思いますが、春友流のスープは全部飲む人が、けっこういそうですね。

ラーメンのスープ(汁)を全部飲むことを「汁完」とか「完汁」っていうらしいです。読み方は、「しるかん」「かんじる」かな?

卵麺はつるっとしていて癖がない

麺は北海道から空輸しているそうです。

普通の麺ではなくてたまご麺となっています。

麺の色が黄色かったです。たぶんたまごの色なんでしょう。

卵が入った麺だからといって、すごく卵の味がするわけではないです。

ツルッとしていて癖のない感じでした。

チャーシューときくらげ

チャーシューは柔らかく食べやすかったです。

チャーシューでよくあるのが、筋だらけで紙を食べているみたいな食感になることですが、春友流のチャーシューは、まったくそういうのはなかったです。

きくらげご入っていて、コリコリした食感があってよかったです。

「むねさだブログ」
http://munesada.com/2017/09/25/blog-11025
↑こちらで紹介されていた奈良の伝統野菜の結崎ネブカというネギを食べてみたいかなって思ってたんですが、品切れぽかったかもです。

店内は清潔。

私がラーメン春友流に行ったときは、入り口・裏口両方とも開放されていて、店内は涼しくなっていて過ごしやすかったです。(秋に行きました。)

空気清浄機っぽいのも置かれていました。

店内が湯気っぽいので満たされていて店に入ったとたんにメガネが曇るといったこともなかったです。

客が過ごしやすいように工夫されているのかなって思いました。

車で行くときの注意点

らーめん春友流は、交差点にあるビルの一階なんですが、交差点の形がちょっと変わっていて、この交差点で反対車線から入るのは無理でしょう。

ですので、ちょっと離れたところにいって、右折するところで周り込んでくるなどしてラーメン春友流がある車線に入るようにしたほうがいいです。

店の裏の駐車場に停める場合は、店の左側に奥に入る道があるので、そこから入って春友流の表示がある駐車スペースに止めるようにします。

電車であれば、近鉄新大宮駅からちょっと歩くことになります。

らーめん春友流の住所は「奈良県奈良市三条栄町4-8タダスビル1F」です。

地図はこちら

まとめ

らーめん春友流は、まろやか上品な味でしたので常連になる人が多そうです。

頻繁に通っても飽きない美味しさがあるのではないでしょうか。

今回は味噌らーめんだけ食べましたが、今度行くときは、まぜそばとか
醤油らーめんも食べてみたいですね。

麺を北海道から空輸したりなど、いろいろとこだわりの味になっているのでしょう。

奈良に住んでいる人や、観光で奈良に来た人はらーめん春友流に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店内にはマックスむらいの色紙があったりしました。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大