コンタクトを海外通販の「ベストレンズ」で購入しました。安心・安全・安いのでおすすめ。【買い方解説】

マイデイのコンタクトレンズ
「ベストレンズ」というコンタクト通販サイトで使い捨て1dayの「マイデイ」を購入したのでレビューします。

コンタクトレンズの通販に不安があるっていう人は参考にしてください。

先日、眼科で検査したりしてソフトコンタクトレンズ作りました。その時の様子については、こちらの記事で書きました。

1dayのソフトコンタクトレンズを作ってみた。初めて作るには、どこで買うかなど作り方が分からない人は参考にしてください。
10年ぶりぐらいにソフトコンタクトレンズを久しぶりに作ろうと思い立って、さっそく作ってきたので、その模様をリポートします。 初めて...

初回はアイシティで購入したんですが、2回目の購入は「ベストレンズ」というコンタクトレンズの通販サイトで買ってみることにしました。

ベストレンズはクーパービジョンのコンタクトレンズも扱っています。

「ベストレンズ」は個人輸入をしてくれるところ。海外通販を手伝ってもらえる店だということですね。

個人輸入となるので消費税はいらないそうです。

「ベストレンズ」で買ってみて届いたコンタクトを使ってみた感想は、まったく問題なく使用できるので通販でもいいなということでした。

通販で購入してコンビニ受け取りができたら最高なんですが、それはできないんですよね。

海外通販だから無理なのかな。

「ベストレンズ」は送料無料で最終的な価格がはっきりとしていて買いやすい。

「ベストレンズ」のいいところは送料無料なところ。

他の通販サイトだと送料がかかるところがあるし、しかも状況によっては送料が変動することがあるので最終的な価格が分かりにくいという場合がありました。

送料無料であれば商品代だけで判断できますから、うれしいですよね。

商品価格だけを比べれば、正直「ベストレンズ」より安いところはあったんですが、送料を足すと「ベストレンズ」のほうが安いという場合があります。

こういう個人輸入の海外通販を手伝ってくれる通販サイトの場合は送料がいくらなのかは、しっかりとチェックしておきたいですね。

通販サイトは、リアル店舗より安いのか。

とにかく安いほうがいいなら通販 アフターサービスならリアル店舗

店員
通販サイトはリアル店舗よりも、だいたいは安い傾向にあります。

マイデイの場合ですが、安いといっても数百円程度の差ですね。その数百円の差が積もれば大きな差となるわけですが。

いつも買っているコンタクトレンズが、早く欲しいという場合はアイシティなどのリアル店舗で購入するのがいいでしょう。

それにアイシティだとアフターサービス・アフターフォローが充実しています。Tポイントも貯まります。

もし購入したレンズが合わないとなれば、条件をクリアすれば返品交換可能となっています。

アイシティ アフターサービス
https://www.eyecity.jp/support/after/

手持ちのレンズに余裕がある場合(届くまでにレンズがなくならない程度の数を持っている場合)通販サイトを利用すると安く済む傾向になるでしょう。

アイシティに行ってマイデイの店頭価格を確認してみると一箱4190円(税込み)でした。(2017年9月現在)

ただ、たとえばアイシティではメルマガにクーポンがあったり、お友達紹介でポイントがもらえたりと、割引特典がけっこうあります。

安さを求めるなら、購入時期になったらリアル店舗と通販でどっちが安いのか比較するというふうにしたほうがいいでしょう。

アイシティなどリアル店舗では、時期よってクーポンがあるなど割引を含めると価格に変動があるでしょうから。

あとアイパスポートという定期購入サービスでの割引っていうのもあります。

マイデイを買う場合、一箱だけの購入だと、アイシティよりベストレンズのほうが安かったです。

マイデイ一箱だと、

アイシティで初回割25%引きっていう、かなり割り引いてくれる価格で計算してみると、3142円(消費税の計算方法によって1円の誤差が出るかも)払いました。
ベストレンズで購入したとき払った金額は3080円でした。

アイシティで割引率が大きいほうの25%引きをしてもらっても、まだベストレンズのほうが安いってことになりますね。

すぐにレンズが欲しい場合や、アフターサービスの充実しているところで購入したい場合はアイシティなどのリアル店舗で購入するほうがいいでしょう。

同じレンズを定期的に購入しているならアイパスポートの検討をしてみてもいいかも。

アイシティには、アイパスポートという定期宅配サービスがあります。

アイパスポート
https://www.eyecity.jp/eyepassport/

クレジットでの決済だと送料・手数料無料です。

アイサポートは割引があります。

割引率を教えてくれるシュミレーターがあるのでやってみました。
https://www.eyecity.jp/eyepassport/simulator/

マイデイだと12ヶ月契約で30%オフでした。

割引率だけじゃなくて具体的な価格も表示されるといいんですが、どれぐらい割引されるかの表示だけでした。

自分で計算してみたら、この割引率だとベストレンズで12か月分購入したよりも安くなりますね。

今使っているコンタクトレンズ以外のを使うつもりがないなら、アイパスポートを利用してみるのもよさそうです。

私の場合、他のメーカーのレンズも使ってみたいし、毎日コンタクトレンズを付けるわけではないので定期宅配サービスのアイパスポートは利用しないかな。

他のメーカーのレンズで使ってみたいのは酸素透過率がトップレベルのアルコン「トータル1」っていうのです。

まとめ

安さを求めるなら「ベストレンズ」
すぐ買って持って帰りたい・アフターサービスが充実しているほうがいいなら「アイシティ」

ですね。

一か月に一箱分はレンズを使う・今使っているレンズをずっと使うという場合は「アイパスポート」を検討してみるのがいいでしょう。

価格などの情報は2017年9月現在のものです。

ネット通販の場合のソフトコンタクトレンズの注文方法

「ベストレンズ」でのソフトコンタクトレンズの注文方法を書きます。

購入したいレンズのページで、「PWR」と「個数」を選択します。
コンタクトレンズ商品ページ
「PWR」とはコンタクトレンズの度数のことです。

コンタクトの度数はPWR以外にも「D」「SPH」「P」というふうに表記されていることがあります。

マイデイの場合は箱にはSPHと書かれていて、レンズが入ったケースにはDと書かれていました。
SPH
コンタクトケース
ですので私の場合、右目用の箱にはSPH -6.00、コンタクトのケースのほうにはD -6.00と書かれているので、「ベストレンズ」の商品ページでPWR -6.00を選択します。

ソフトコンタクトレンズを通販で購入するときに必要な情報はPWR(SPH,D)といった度数でした。

あとは左目も選んで個数も選択して「カゴに入れる」をクリックして購入手続きを進めます。

まだ会員登録をしていなければ、購入途中に会員登録をします。

名前や住所など必要事項を入力して、メールで会員登録認証をします。

会員登録認証というのは、自分のメールアドレスにベストレンズからメールが来るので、そのメールの中のURLをクリックして認証するという手順です。

会員登録が済んだら購入手続きを再開します。

購入手続きの再開ですが会員認証のURLをクリックしてアクセスしたベストレンズのページに、「元々いた画面へ戻る」とうところがあります。
元々いた画面に戻る
この「元々いた画面へ戻る」をクリックすると、購入手続きの途中のところに戻ることができるので便利でした。

支払にau walletが使えました。ベストレンズはNP後払いにも対応しています。

au walletは、こうした通販でも使えることが多いです。

auユーザーはau walletを使わないのは損だと言ってもいいでしょう。

au walletが、どれがけ便利なのかはこちらの記事で書いています。

便利すぎau walletプリペイドカード。オートチャージで使ってます。何がいいのか書いてみました。 
先日、コンビニでau walletのプリペイドカードを使って支払をしてたら、並んでいた、おっちゃんが、「俺も、それ持ってるけど、チャージ...

国内に到着しましたというメールがベストレンズから来るので安心感がありました。

国内倉庫
注文完了後、配送手配が完了するとbestlensから、その事についてのメールが来ます。

このメールで宅配の「荷物問合せ番号」も知らせてくれます。

私がbestlensで購入したときは佐川急便での配送でした。

ベストレンズから来たメールの中の「荷物問合せ番号」で、国内に荷物がついてからの、今荷物がどのあたりにあるかっていうだいたいのことが分かります。

こちらの佐川急便の「お荷物問い合わせサービス」で荷物問合せ番号をコピペして調べることができます。

http://k2k.sagawa-exp.co.jp/p/sagawa/web/okurijoinput.jsp

配送手配完了メールの後から、国内に到着しましたというメールがベストレンズから来ます。

一度注文完了したら、あとは自宅に到着するまでなんの連絡がないよりは、ベストレンズみたいに国内に到着しましたっていうメールが来ると、ちゃんと配送されているんだっていう安心感があります。

先ほどの「お荷物問い合わせサービス」のページで、荷物問合せ番号をコピペして「お問い合わせ開始」をクリックすると、ちゃんと日本国内の○○営業所っていうのが出てきました。

自宅近くの○○営業所から発送しましたっていうのが確認できたら、もうすぐ荷物が来るなっていうことが分かるわけです。

届くまでの日数が、これぐらいかかりました。思ったより早く到着しました。

さて海外通販となると、注文してからどれぐらいの日数がかかるのかっていうのが気になるところですよね。

私がbestlens(ベストレンズ)で注文してから自宅に到着するまでの日数は・・・

7日間でした!

9月11日に注文して自宅に届いたのが9月17日。

ということで注文してから6日後に自宅に到着したことになります。

楽天やamazonよりは時間はかかるわけですが、海外通販なんですから当然時間はかかりますよね。

それでも、海外(シンガポールからでした)から一週間で自宅に届くんですから十分OKだと思います。

ただし乱視用のレンズの場合は、通常一か月ぐらいはかかるそうです。

購入してからどのくらいで届きますか?
http://www.bestlens.jp/faq/qa03/#b

AIRMAILと書かれた箱で到着しました。
海外から届いた箱
箱の中
マイデイのコンタクトレンズ

BCとDIAとは?

商品のページに、BC/DIAと書かれている部分があります。

マイデイだとBC/DIA 8.4/14.2となっています。この項目は固定されていて数値を選択はできません。

BCとはベースカーブのことで、レンズがどれぐらいの曲がり(湾曲)になっているかの数値です。

ソフトコンタクトレンズの場合、ほとんどBCは1種類か2種類しか用意されていないです。

これはソフトコンタクトレンズだと、BCにちょっとの違いがあっても対応できるためです。

ちょっとというのは具体的には±0.2というのが調べてみると多かったですね。

ただ各メーカーによる違いなどもあるという情報もあったので、眼科医に聞いて指示を受けるのがいいでしょう。

DIAはレンズの直径の数値です。

ソフトコンタクトレンズの場合、ほとんど14mmぐらいとなっています。

マイデイトーリックなどの乱視用だと、DIAはサイズが大きくなっています。

私が初回アイシティで購入した乱視用のマイデイトーリックだと14.5mmでした。

乱視用のソフトコンタクトレンズというのはサイズが大きくなるもののようです。

ベストレンズは安全なのか?

OKサイン
個人輸入とか海外通販などのオンラインショッピングをしたことがない人は、安全なんだろうかって不安になりますよね。

私がベストレンズでコンタクトレンズを購入してみた結果は安全でした。

amazonや楽天などで買い物するのと一緒です。

問い合わせの対応は日本語でしてくれます。
安心して購入できますよね。

届いたソフトコンタクトレンズ「マイデイ」を装用してみましたがリアル店舗で購入したのと違いはありませんでした。

パッケージに違いがある程度で日本国内でも海外でもレンズの品質に変わりはないとのことです。

レンズの品質には関係ないんですが、海外通販で購入した分のコンタクトが入っているプラスチックケースをシールしている蓋の部分を開けていると、途中で切れてしまうことがありました。

国内版とはプラスチックケースをシールしている(蓋をしている)部分の素材が違うのかもしれないですね。

蓋を開ける前から破れているなんてことはなかったので中のレンズには影響はないでしょう。

届いたとき、マイデイの箱がフィルムでパッケージされていました。

こういうふうにフィルムでパッケージされていると、配送途中にゴミとかが入らないですし安心感があります。

弱い乱視なので乱視なしのを使ってみた結果

眼科でソフトコンタクトレンズの検査をしてもらったとき乱視があると分かり、できたら乱視用のにしたほうがいいかもというようなニュアンスで乱視用のソフトコンタクトレンズをおすすめされました。

その時に乱視用じゃなくてもいいのでしょうかと聞いてみると、乱視だけれど乱視用じゃない普通のコンタクトををつけている人はいる。

絶対に乱視用にしなさいという感じではなく、あくまで私がどうするか決めてほしいという感じでした。

これは軽い乱視の人の場合でしょう。

最初はアルコンの「デイリーズトータル1」というのにしようと思っていたんですが、このレンズのラインナップには乱視用がないということで、同じシリコンハイドロゲルを使用したマイデイのトーリックをオススメされました。

それで結局、トーリックをアイシティで買いました。

しばらく、右目は普通のソフトコンタクトレンズで左目は乱視用のトーリックをつけていたんですが、なんだかすごく目が疲れる感じがするんですね。

それで試しに左目を乱視用ではないレンズにしてみたら、すごく楽な感じがしました。

ソフトコンタクトレンズをする前は眼鏡をしていました。

おそらくその眼鏡は乱視用じゃなかったかも。

長年、その眼鏡で過ごしていたなかで、途中で左目が乱視になったことに気付かずに、ずっと乱視用でない眼鏡をかけていた。

そのために、目がその状態に慣れていた。

ソフトコンタクトレンズで急に乱視用のレンズにしたために、目がその状態に慣れていないために疲れを感じた。

・・・という仮説なんですが、こういうことってあるものなんでしょうか。

軽い乱視の人で乱視用でないソフトコンタクトレンズを使っている人はいるみたいです。

私の場合、左目たぶん軽い乱視だけれど、乱視用じゃないレンズをつけているほうが楽なので、しばらく乱視用ではないレンズをつけてみようかと思います。

こういうことは、あまり真似しないようにしてください。あくまで自己責任っていうことでお願いします。

いろいろと人によって違うでしょうから。

乱視があるけれど乱視用ではないレンズにしていいのかは、眼科で医師の指示を受けるようにしましょう。

まとめ

コンタクトレンズ
ということで通販サイト「ベストレンズ」で1dayのソフトコンタクトレンズ「マイデイ」を購入してみたことを書いてみました。

個人輸入を手伝う海外通販だったわけですが、利用してみたら国内のamazonや楽天で買うのとなんら変わりなかったですね。

ベストレンズから、発送されましたっていうメールも来るし、箱はフィルムで包装されていたし安心感は普通にありました。

http://www.bestlens.jp/faq/qa11/#a

ベストレンズのよくある質問の品質についてを読むと、箱をフィルムで包装していないのもあるのかもしれないですね。

あと、品質に関しては、どこで購入しても同じということです。

安さを求めるなら「ベストレンズ」のような通販での購入がオススメです。
(ただしアイシティの「アイサポート」という定期購入サービスのほうが安くなる可能性はあります。)

アフターサービスが充実しているほうがいいなら「アイシティ」などのリアル店舗での購入がいいでしょう。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大