電気シェーバーにオイルは超必要だった。替刃も購入して切れ味復活。肌荒れの原因って古い刃での髭剃りだったのかな。

髭剃りする男性
電気シェーバーのメンテナンスについての記事です。参考になれば幸いです。

長年パナソニックのES-ST25というシェーバーを使っています。

最近、どうも顔の肌が荒れるなって思っていました。

考えてみると、シェーバーの刃をずっと新品に交換せずに使い続けていました。

顔の肌が荒れてしまう原因は、刃の切れ味が落ちてきていることじゃないかと思いつきました。

それで替え刃を購入して新品にしてみると、肌の荒れが落ち着いてきた感じがしました。

シェーバー用のオイルをつけるようにしたことのほうが良かったかもしれません。

刃の切れ味が落ちると、肌荒れの原因になる可能性あり

刃の切れ味が落ちるとういことは、毛がひっかかって引っ張る状態になり、毛を切っているというよりちぎっているという状態になる場合が多いとのことです。

こういう状態だと毛穴の状態が悪くなったり、肌を傷つけたりといったことになっているのでしょう。

実際、新品の刃に交換する前、切れ味が落ちている刃で髭を剃ったあと、なんだかあまり剃れていない感じがしました。

それにヒリヒリしたり、かゆくなるなんてこともありました。

カミソリ負けというやつですね。

傷ついた肌に雑菌が入り込み肌荒れにつながるなんてことがあります。

毛穴へダメージを与えるなんてことになることもあるようです。

ニキビの要因になってしまうことがあるみたいですね。

つくづく刃の切れ味の落ちた電気シェーバーでヒゲを剃るのは止めたほうがいいなと思いました。

それでようやく重い腰を上げて外刃と内刃の替刃を購入しました。

購入した替刃はこれ

ラムダッシュ替刃(内刃・外刃セット)ES 9013 パナソニック・ナショナル共用
替刃

プチプチ付きの封筒で配送されてきました。
プチプチ付きの封筒

専用オイルも買いました。

オイル(メンズシェーバー・レディシェーバー・ヘアーカッター)ES 003P
専用オイル

プチプチに巻かれて届きました。
プチプチに巻かれたオイル

シェーバーの刃の手入れでオイルを差す意味は、錆びにくくする(防錆効果を高くする)のと、刃の動きをなめらかにするためです。

オイルを差すことの効果はあります!オススメしたいです。

新品に変える前に、シェーバー用のオイルをつけてみたら仕上がりが変わった

外刃と内刃がセットになった替刃と電気シェーバー用のオイルを購入しました。

外刃というのは、こういうの

外刃

内刃というのは、こういうの

内刃

先にオイルのほうが到着したので、試しに長年使い込んで切れ味が落ちていた刃にオイルをつけてヒゲを剃ってみました。

すると、いつもより肌がなめらかに仕上がりました。

オイルをつけるだけでも、剃り具合がいい感じに変わります。

ラムダッシュを扱っているパナソニックの公式サイトには、刃が寿命でなければ手入れしてオイルを付けるだけでも切れ味が改善されることがあると書かれていますね。

切れ味(剃り味)が落ちてきましたがどうすればいいですか?
http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/10707

私の場合は、刃はとっくに寿命だったと思うんですが、オイルをつけたら、わずかながらも改善されたか、切れ味があまり回復していなくても剃った感じに変化が出たものと思われます。

この経験から新品の刃に交換した後は、ちゃんとオイルをつける習慣を身に付けようと思いました。

シェーバーのオイルを定期的につけている人って、あんまりいないんじゃないでしょうか。

でも、オイルをつけるだけで大きく変わることが実感できたので、ぜひまずはオイルを付けることだけでもしてみてください。

いつまでも切れ味の落ちた刃でヒゲをそって肌荒れを繰り返しているようでは、モテるためや身だしなみに大切な「清潔感」のレベルが下がったままですよね!

切れ味を復活させてオイルをつけて「清潔感」を獲得しましょう。

新品の刃に交換しての剃り心地は「なめらか」

替刃が到着したので、さっそく古い刃を外して新品の刃を付けました。

オイルを付けて翌日の朝、さあどうかなっていう気持ちで新品になった刃の電気シェーバーで髭剃りをしてみました!

すると、どうでしょう。

音は静かになったし(オイルをつけたので潤滑性が増したためだと思われます。)、なんだかスーっと剃れている感じがします。

剃った後の肌もなめらか度が上がりました!

刃の輝きも違います!(新品なんで当たり前ですが)

いつも左頬のちょっと上あたりが赤くなっていたのが、治まってきたように思います。

なんでこっちがわの頬が赤くなってしまうんだろうって悩んでいたんですが、たぶん切れ味の悪い刃の電気シェーバーで剃っていたために肌が傷つけられて炎症っぽくなっていたのかも。

これでちょっとは「清潔感」のレベルが上がったかな?

もし、原因不明の顔の肌荒れ関係で悩んでいる人は、電気シェーバーの刃の切れ味が落ちてしまっていないかを疑ってみる価値はあるでしょう。

外刃、内刃の交換の仕方

替刃の交換の方法は簡単でした。

替刃が入ったパッケージに交換方法が書かれています。

刃の取り付け方・外し方

この交換方法を見なくてもできるレベルぐらい簡単でしたね。

まずは外刃のフレームのところを本体から外します。

外刃の部分を外す

フレームから外刃を外します。

外刃のフレーム
外刃

本体から内刃を外します。

内刃を外すその1
内刃を外すその2
内刃は思ってたより簡単に取れました。

内刃を本体とは逆方向に引っ張ると、すっと取れます。

この時に刃を素手で触らないように気を付けましょう。指が傷ついてしまわないように。

そして新しい内刃を取り付けます。

取り付けも簡単にできました。ただ内刃を押し込むだけでOKです。

次に、新品の外刃をフレームに取り付けます。

フレームには前と後ろがあるので、外刃は前後の方向を合わせてフレームの下から入れ込みます。

もしうまく外刃がフレームに入らなければ前後が逆になっているので、方向を合わせ直して入れなおすといいです。

目安は、外刃の横の突起になっているのと、フレームの内側の横の縦に凹んでいるところを合わせること。

外刃のフレームの突起
外刃のフレームの凹んだところ

あとは全てセットして完成。5分もかからずに替刃に交換できました。

電気シェーバー「ラムダッシュES-ST25」のメンテナンス方法

水洗いとオイルを付けるのが基本

たま~に、ハンドソープで洗うぐらいで、長年、なんのメンテナンスせずに使っていました。

夏になると、電気シェーバーから嫌なニオイがしてきてしまうような始末…。

そのせいで顔の肌が荒れてしまったと思われるので、やっぱりメンテナンスはやっておいたほうがいいですね。

メンテナンスが面倒に感じたとしても、肌が荒れてしまうよりはましなのでやりましょう。

慣れれば、面倒に思わずに洗ったりオイルを差すなどのことは自然にできるようになるでしょう。

防水設計の電気シェーバーなら水洗いがおすすめ。

電気シェーバー「ラムダッシュES-ST25」のメンテナンスは、

  • 定期的に洗う
  • 洗って乾燥したらオイルをつける

というのが基本です。

ハンドソープをつけて洗う方法は、パナソニックの公式サイトでも推奨されているので安心してハンドソープで洗いましょう。

サポート 水洗い掃除の仕方
http://panasonic.jp/shaver/lamdash/support/howto/p05.html?_ga=2.246437188.1351793408.1506256761-1478984113.1505860996
(音波洗浄モードというのが紹介されていますが、ES-ST25は音波洗浄モードがなさそうです。スイッチを長押ししても、なにも変わりませんでした。説明書にも音波洗浄モードの記載はありません。)

es-st25の取り扱い説明書
http://panasonic.jp/shaver/p-db/ES-ST25_manualdl.html
(PDFでダウンロードできます。)

こちらにも水洗いの方法が載っています。

実際の水洗いしている様子

ラムダッシュES-ST25は水洗いが可能なので、私はハンドソープを外刃のところにつけて、そこに水をちょっとかけてスイッチオンしてシェーバーを動かすことで泡立たせて洗っています。

シェーバーを洗う

あとは水で洗い流します。

洗い流し方は二通りあります。

外刃フレーム部分と本体の間に、二つ小さいシャッターのようになっている部分があるので、そこを開けて、開けた部分から水を注ぎこむ。

水を注ぎこむ

それか外刃フレームを本体から外して水で流す。
内刃を水で流す
外刃を水で流す

乾燥はタオルでシェーバーの水分を拭き取ってから日陰での自然乾燥が推奨されています。

以前からハンドソープをつけて洗ってはいたんですがオイルはつけていませんでした。

今はハンドソープをつけて水洗いして乾燥したらオイルをつけるというメンテナンスをしていくようにしています。

ハンドソープをつけて洗うとき、もし泡立ちが足りないと思ったら、さっと水をかけると泡立つようになります。

スイッチオンをしてシェーバーを動かして洗うようにしてください。(水洗いOKの電気シェーバーの場合)

es-st25本体は防水仕様になっているので、こうして水洗いができるんです。

こういうルーチーンをしていけば雑菌は繁殖はしにくくなると思うのでやっていこうと思います。

朝、髭を剃る→ハンドソープで水洗い→外刃のカバーを外して自然乾燥→夜、刃にオイルをつける→朝、髭を剃る

オイルの差し方と付ける頻度は?

オイルの差し方は、3枚刃であれば、それぞれの刃に一滴ずつぐらい差します。

オイルの差し方

オイルを差す頻度(タイミング)は3回使ったら一回差すというぐらいがいいとのこと。

オイルはどれくらいの頻度で注油すればいいですか?
http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/10545/~/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E9%A0%BB%E5%BA%A6%E3%81%A7%E6%B3%A8%E6%B2%B9%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F

オイルの使い方としては、こういう感じですね。

あと本体から外刃部分を外して内刃に直接オイルを差す必要はないです。

上の写真みたいに外刃にオイルを差してスイッチオンしてヴィ~って動かすだけで内刃にもオイルが行き渡っていくとのこと。

私は、右とか左に傾けたりしてますが、そこまでする必要なないかもしれないですね笑

もしメンテナンスでオイルをつけることが必要な電気シェーバーの場合、絶対にオイルをつけたほうがいいです。

私の実感ですが、替刃で古い刃を新しい刃に交換するよりもオイルをつけたほうが、剃ったあとの状態が大きく変わりました。

でも長年同じ刃を使って切れ味が悪くなっている刃にオイルさえつければ、そのまま使い続けていいかというと、そうではないでしょう。

切れ味の悪い刃を使っていると肌への負担になりますからね。

新品の刃に替えてオイルもつける。

これがベストです。

替刃とオイルの購入は出費になるけれど、肌荒れするよりまし

替刃は3000円以上するしオイルは1000円近くするしと、けっこうな出費になってしまうでしょう。

でも切れ味の悪くなったオイルでメンテナンスもしていない刃で髭剃りを続けていると、最悪、肌荒れして汚い顔になってしまいます。

肌への負担をなくすには髭剃りしないのがいいんでしょうけれど、ヒゲを伸ばしている人以外は、そういうわけにはいかないですよね。

髭剃りを、いかにうまく肌への負担を減らしてするかは、男の身だしなみにとっても大事なことです。

外刃は約1年、内刃は約2年の交換目安となっています。

1~2年で3000円~4000円程度なら重い負担ではないですよね。

それにオイルは、3枚刃なら一回3適ほどつけるだけで、そんなにすぐにはなくならないでしょう。

今回、私はオイルは絶対につけたほうがいいと思いました。

今までオイルをつけずに電気シェーバーで髭剃りしていた人は、ぜひオイルをつけてみてほしいです。

かなり仕上がりが変わりますから。

もしどうしてもオイルをつけるのが面倒だっていう人は、オイル不要のシェーバーっていうのもあるので、そういう電気シェーバーを購入するほうがいいでしょう。

フィリップスの電気シェーバーのなかにはオイル差し不要っていうのがあるみたいです。

オイルは肌にやさしい成分でできている。

私が購入したパナソニックの専用オイルの主成分は「流動パラフィン」

「流動パラフィン」ってベビーオイルにも使われているので、肌に優しい成分ということでしょう。

肌への負担は少ないと考えられます。

肌に良くないものを電気シェーバーのオイルとして販売はしないでしょうし。

オイルにはスプレー式のタイプのもあります。

キワゾリ刃で伸びていた首の毛を剃りました。

パナソニックのラムダッシュES-ST25には、キワゾリ刃っていうのもあります。

本体のこの部分をスライドさせるとキワゾリ刃が立ち上がります。

キワゾリ刃を立ち上げる
立ち上がったキワゾリ刃

ずっと、この刃ってなにに使うんだろうと疑問に思っていました。

シェーバーへのオイルの付け方を調べていると、まったく使っていなかった「キワゾリ刃」にもオイルを付けましょうと書かれていました。

トリマー刃ともいうみたいですね。

キワゾリ刃はバリカンのような感じですね。

長く伸びた毛も剃ってくれます。

使い方は上から下に動かすこと。そうすると、面白いほどすっと毛が切れます。

こんなに便利なものがあるなんて、早く使っておけば良かったななんて思いました。

キワゾリ刃でもみあげや眉毛を整えたり、首の長く伸びた毛をカットして通常の刃で仕上げるなどのことができます。

シェーバーの普通の刃では長く伸びた毛というのは、うまく外刃の網目にいれないと剃れません。

首の毛って、うまく外刃の網目に入れるのが難しいです。

しかし、キワゾリ刃であれば、首に生えている長い毛でも簡単に剃ることができます。

長くなっている毛はキワゾリ刃で処理してから普通の刃で剃るのがいいですね。

私は視力が悪く髭剃りのときは眼鏡をかけないでしていたので、いつのまにか首の毛が伸びていることに気付いていませんでした。

ある日、首の毛がやたらと長くなっていることに気付いて、キワザリ刃の役目を知り、キワゾリ刃を使って首の長い毛を剃ってみました。

結果、かなりすっきりとしました。

まとめ

ということで電気シェーバーの替刃とオイルについて体験談を書いてみました。

刃を新品に替えてオイルをつけるようにしたら、顔の肌の感じが、かなり変わりましたね。

肌触りがなめらかになったし、少しは肌がきれいに見えるようになったかと思います。

もし電気シェーバーの刃を長年交換せずオイルを差したことがないという状態の人は、ぜひ刃を新品に交換してオイルを差すようにしてみてほしいです。

女性からすれば男性のヒゲの剃り残しは、ほぼNG。

相当なイケメンの有名人・セレブでもない限り、無精ひげなんて、ただだらしない男性だと思われるだけでしょう。

ヒゲを生やすなら生やして、ちゃんと整える。

剃るなら、なるべくきれいに剃り残しがないように剃る。

このことは、身だしなみができていることや、女性に清潔感のある男性として見てもらえるために大切なことですよね。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大