1dayのソフトコンタクトレンズを作ってみた。初めて作るには、どこで買うかなど作り方が分からない人は参考にしてください。

コンタクトレンズ
10年ぶりぐらいにソフトコンタクトレンズを久しぶりに作ろうと思い立って、さっそく作ってきたので、その模様をリポートします。

初めてソフトコンタクトレンズを作る人の参考になると思います。

コンタクトレンズを作りたいけれど、どこで買うのかなど、買い方をどうすればいいのか最初は分からないですよね。

眼科かコンタクトレンズ販売店どっちに先に行けばいいのかなど、私も分からないことだらけでした。

それでは、私が実際にコンタクトレンズを購入した様子をご覧ください。買うにはどうすればいいのかや、作り方の参考になると思います。

私の場合は、コンタクトレンズ販売店大手のアイシティに行きました。

どこで買うのか迷っている人は、とりあえずアイシティに行ってみるといいんじゃないでしょうか。駅前など、便利なところにたくさん店舗がありますよね。

私が購入したのは一日使い捨てのソフトコンタクトレンズです。

コンタクトを作る方法の流れを簡単に紹介

アイシティの公式ホームページで、事前web会員登録

コンタクト受け付け時間の時にアイシティへ。

アイシティで事前web会員登録したQRコードを提示して会員登録完了。

コンタクトレンズの使用経験や、どんなコンタクトレンズを希望しているかなどを聞かれたので答える。

近くの眼科に行ってコンタクト検査

アイシティに戻ってコンタクトレンズ購入

以上の流れで購入しました。

アイシティの会員登録はWEBでも店頭でも受け付けています。

それでは詳しく解説します。

コンタクトを作る流れを詳しく解説

まずアイシティに行きました。

アイシティは、いろいろと割引があります。

アイシティらくらくweb登録っていので、事前にwebで会員登録をすると、かなりいい割引率になりました。(2017年8月1日から8月31日までのキャンペーンでした。)
アイシティ割引
このキャンペーンが終了したとしても、他にもいろいろと割引クーポンがあるのでアイシティのサイトでチェックしておきましょう。

店で会員登録のための名前などを書くよりは、事前にweb登録できるシステムが2017年9月以降も残るなら、利用したいシステムですね。

事前にweb登録をしたらqrコードのメールが来るので、それを店で読み取ってもらいます。

メールに仮会員番号も記載されているので、その番号を店員に告げてもokです。

アイシティに行く前に、とくに予約をしたりはしませんでした。本当は電話などで予約しないといけなかったかもしれません。

休日や祝日の場合 混んでいてなかなか順番が回ってこなったりするなんてことになりそうです。

私は平日の昼間に行ったんですが、それでも眼科は混んでいましたから。

コンタクトを作る場合は「コンタクト受付時間」にアイシティに行くようにしてください。

店員にコンタクト使用経験などの質問をされて、その答えが書かれた用紙を持って、紹介された眼科へ行きます。

先に眼科でコンタクトを作るための検査をしてからコンタクトレンズ販売店に行ってもいいです。

しかし、先にコンタクトレンズ販売店から行ったほうが会員登録とか、どういうレンズがいいななどがスムーズに決まりやすいのではないでしょうか。

眼科でコンタクト検査をしました

眼圧の検査などをしました。

眼
コンタクトレンズ販売店でもらったレンズ装用経験の有無などが書かれた用紙を眼科の受付で渡しました。

眼科の受付の人は慣れているので、アイシティでもらった用紙と健康保険証を渡すと、こちらがなにも言わなくてもコンタクトのための検査だと分かっているみたいな感じでした。

私が眼科に行ったときは混雑していて待合室で立ったまま数十分待ちました。

名前を呼ばれて検査開始。

まずは、なにかの機器のとこにアゴとオデコを付けて眼圧などの検査をしました。

「シュ」っと音がして目に空気鉄砲のゆるい感じなのが当てられました。これが眼圧の検査なのでしょう。

メガネをかけたまま視力検査

眼鏡をかけて視力検査
この検査の後、現在使用しているメガネの度数を聞かれたましたが、かなり昔に作ったメガネだったので度数は忘れていました。

次は、メガネを付けたまま視力検査をしました。(メガネは持って行ったほうがいいみたいです。普段からメガネかけているなら、かけたまま行くと思いますが。)

結果は、運転免許の更新ができるぐらいの視力を保つことができていました。

視力けっこう落ちているんじゃないかと思っていましたが、そんなにひどく落ちていなくてよかったです。

3D視力回復っていうアプリを使っているんですが、このアプリで訓練していたおかげで、ある程度視力を保てていたのかななんて思いました。

どれぐらいの度数に矯正するかを決めました。

視力矯正
眼鏡の度数をゆるめで合わせているか聞かれました。もし、緩めで合わせているならコンタクトレンズも同じように、視力矯正を緩めにするとのこと。

たしか昔眼鏡を作ったとき視力矯正を緩めにしたと思うのですが、コンタクトは、ちょっと矯正の強度?を若干上げたほうがいいかもと思いました。

眼科のコンタクト検査してくれている女性からの提案で、1.0ぐらいに視力矯正するコンタクトレンズにすることになりました。

1.5にする人もいるでしょう。あんまり急に視力を上げると慣れない感じになって気持ち悪くなりそうですね。

左右の目で視力に差があるので矯正して視力差をなるべくなくすことにした。

視力差
私は、左右の視力に差があります。

メガネをかけた状態で視力差がありました。

メガネを作った当初は、視力差がないように作ったのかもしれないです。

いつのまにか視力差が出ていました。

今回ソフトコンタクトレンズを作るってことで、視力差をなるべく無くした状態に矯正してくれるように作りました。

ソフトコンタクトレンズの付け外しの練習

コンタクトレンズ
どのコンタクトレンズを使うか決めたら、そのコンタクトを使って目に付ける、外すの練習をします。

コンタクトを初めて作るとき、コンタクトの付け外しの練習で時間がかかる場合があります。

とくにコンタクトレンズを初めて目に入れる人は、目に指を近づけることが怖くて、なかなか目にコンタクトを入れることができないとのことです。

幸い私は、随分と昔ですがコンタクトレンズを付けていたことがあったので、そんなに時間がかからずにできました。

なかなかコンタクトレンズを目に入れることができず、時間が経ち過ぎた場合は後日またコンタクトの付け外しの練習をしに眼科に行くというふうになるそうです。

女性のほうが練習時間は短いとのこと。普段メイクで、目周辺を触ることが多いからみたいな理由なのかもしれないそうです。

ソフトコンタクトレンズを目に入れた状態で見え方をチェック

体が浮く
無事コンタクトレンズの付け外しの練習が終われば、次は、もう一度レンズを目に入れて、その状態で視力検査をしました。

このときに、コンタクトを目に入れた時の見え方を聞かれました。

きつい感じがしないかなどですね。

私の場合、昔、初めてメガネを付けたときと同じ感覚になりました。

コンタクトレンズをつけて眼科の中を見渡すと、なんとなく身体が浮いたような感じになりました。

初めてメガネをかけて周囲を見たときも、こんな感じでしたね。

この感覚は、だんだんと慣れてきて違和感は無くなってくると分かっていたので、この状態でokですと伝えました。

最後に眼科医の診察を受けました。

診察
そして、コンタクレンズを目に入れたままの状態で、眼科医の診察を受けました。

そういえばコンタクトを作る過程で眼科医に診てもらったのは、最後の眼の検査だけでした。

眼科で入れたコンタクトレンズは、そのまま目に入れた状態で家に帰っていいとのことでした。

眼科医の診察が終わればコンタクトを作るための検査は終わりです。

コンタクトレンズ検査料は、これだけかかりました。

医療費
コンタクト検査料を払って、アイシティに戻り、眼科で決めたコンタクトレンズを購入して、あとは家に帰るだけです。

眼科でのコンタクト検査料は、1010円でした。

思っていたより安かったです。

ネットで事前に調べているときは、だいたい2000円ぐらいっていう情報が多かったんですが、なにかシステムとかの変更があったのかもしれないですね。

https://medical0810.com/1428.html

こういう情報がありました。診療報酬改正っていうのが関係ありそうです。

あと、近視、老眼、遠視のためにコンタクトを作るための眼科での検査料やコンタクトレンズ購入費用などは医療費控除の対象になりません。

白内障とか緑内障など病気関係の治療のためとなると医療費控除の対象となるようです。

このあたりのことで疑問があれば税務署に聞くのが一番いいでしょう。

片目(左目)が乱視だったのでレンズは取り寄せになりました。

宅配
アイシティでのコンタクトレンズの購入のときですが、私の場合、片目が乱視だったので片目分だけ取り寄せになりました。

料金は先払いをしました。

こういう場合、取り寄せになったコンタクトレンズは、無料で自宅まで届けてくれるそうです。

しかし、私はアイシティに取りに行くことにしました。

注文後、3日ほどでアイシティにコンタクトレンズが届くということなので、それぐらいに受け取りに行きました。

仕事帰りに立ち寄れるところにアイシティがあるので。

「マイデイ」という1dayのソフトコンタクトレンズを購入

マイデイ
今回マイデイっていう商品名のを買いました。1day、1日使い捨てのコンタクトレンズです。

購入前は、「トータルワン」っていう酸素透過率が高いのにしようと思っていたんですが、2017年8月現在は「トータルワン」は乱視用のレンズがないってことで眼科オススメの乱視用レンズもラインナップにある「マイデイ」っていうのにしました。

「マイデイ」は酸素透過率では「トータルワン」に負けていますが、付け心地とかがいいようです。潤いがあるみたいですね。

この「マイデイ」を数日使ってみて、たしかに扱いやすいと思いました。(他のブランドのコンタクトレンズを使ってないので比較はできませんが。)

慣れてくるとレンズを目に入れているっていう感じがしなくなってきます。

価格は、両目一ヶ月分で7095円でした。25%の割引があってこの価格です。

二ヶ月目買うときは、ネットで購入してみようと思っています。

コンタクトレンズを日常生活で使うようになってから、コンタクトの付け外しを何回かしてみて、だんだんと慣れてきました。

とくに、すぐ外せるようになってきましたね。

つけるときは、まだ、少し時間がかかります。

↓こういうふうに箱の中にレンズが入っています。
箱の中のコンタクトレンズ

↓右目と左目を区別するために箱に右と書きました。
右と書いた。

数日ソフトコンタクトレンズを使ってみて付け外しに慣れてきました。

コンタクトレンズの付け外し
ソフトコンタクトレンズを目に入れるときのコツをネットで調べて、その通りやってみると、たしかに目にレンズを入れやすくなりました。

コンタクトレンズの外し方は、目にくっついているレンズを指で目の下のほうにずらして、人差し指と親指でレンズをつまんでとるという方法を眼科でオススメされました。

最初は、目を指で、ちょっと抑えるということに抵抗を感じましたが、慣れれば気にならなくなりました。

どういう感じで、レンズを下にずらしたらいいか感覚で分かってきますからね。

眼鏡からコンタクトレンズにしてみて変わったこと。

かっこいい男性

  • 周りの人から印象が変わったと言われた。
  • 近くの物が大きく見えるようになった。
  • 視野が広くなったように感じる。
  • 近くが見えづらくなった。

といった変化がコンタクトレンズにしてからありました。

周りの人から印象が変わったと言われた。

コンタクトレンズに変えると、眼鏡をかけていたときより目が大きく見えるようになるようです。

おそらく眼鏡をかけていると屈折があって、本来の目の大きさより小さく見えるようになるものだと思われます。

そのために顔の印象が変わるのでしょう。顔のパーツの中で目の印象って与える影響が大きいですよね。

近くの物が大きく見えるようになった。

物が大きく見えるようになりました。

たとえばパソコンのディスプレイが眼鏡をかけて見るよりも大きく見えるんですよね。

これは、眼鏡っていうのは、あくまで眼鏡に映っている映像を見ている状態になるためではないでしょうか。

つまり眼鏡をかけて周りを見るということは、厳密に言えば肉眼での、そのままの景色を見ているわけではないってことですよね。

眼鏡によるのかもしれないですが、眼鏡に映る景色というのは肉眼で見る映像よりも小さくなるのかもしれません。

視野が広くなったように感じる

これは、とくに広い場所で周りの景色を見渡せるような場所で感じます。

眼鏡だと、レンズ部分が小さいほど見える範囲っていうのは限定されますよね。

コンタクトレンズだと、レンズと肉眼がくっついている状態ですから、ほぼ裸眼で見た景色そのままに見えるわけです。

旅行とかで雄大な景色を見るときは、コンタクトレンズのほうが、より感動できそうです。

近くが見えづらくなった。(過矯正かも?)

これは解決したい問題です。

具体的には近くの小さい文字が見えにくくなったという状態ですね。

おそらく過矯正っていうのだと思います。視力の度数を上げ過ぎたっぽいですね。

日常生活に支障がなければいいですが、仕事で近くの物(字とか)が、よく見えていないとまずいっていう場合は、もう一度眼科に行ってみたほうがいいのでしょう。

私の場合、視力矯正が弱めの眼鏡だと、近くのものを見るのに、なんの支障もない状態です。

ですので過矯正っていうやつなのかなって思いました。

コンタクトレンズの度数を上げ過ぎた可能性があります。それか遠視とか老眼っていうことかもしれません。

たまに、近くの小さな文字でもパッと見えることがありますので慣れっていうのがありそうです。

まあ、そこまで困ってはいないので、しばらくはこのコンタクトレンズの度数でいこうと考えています。

uvカット機能はあったほうがいいのか

日光
コンタクトレンズの中には紫外線をある程度カットするUVカット機能が付いているものがあります。

私が購入したマイデイには、このUVカット機能が付いていました。

コンタクトのUVカット機能に付いて調べてみると、まあそこまで期待するようなものではなくて、ないよりはましという程度のもののようです。

私が実際UVカット機能の付いているマイデイを装用して晴れの日に外出してみて感じたのは、眩しさが軽減されたかなっていうことでした。

コンタクトレンズの保管方法

冷蔵庫
コンタクトレンズは、どういう場所に置いておけばいいのか。

1日使い捨てのコンタクトの場合、たくさんのレンズが入った箱を、家のどこで補完しておけばいいのか気になりますよね。

よく冷蔵庫に入れているという人がいるかもしれません。

コンタクトは、必ず冷蔵庫の中のような環境で保管しないといけないのかというと、そうではありません。

普通に家の中に置いておくだけでokです。

ただ、炎天下の外に放置するとか、家の中が高温多湿になるような場所には置かないようにしたほうがいいです。あと、寒すぎて凍ってしまうとかはダメですよね。

ということで、私は、コンタクトレンズが入った箱を、家の中の夏でも比較的涼しいところに置いています。

まとめ

幸せなカップル
いつか作ってみようと考えていたコンタクトレンズ。

いざ行動してみると、すんなりと簡単に作れました。

眼鏡を外してコンタクトレンズにしていると、周りの人の反応が、ちょっと変わったりして新鮮ですね。

慣れてくるとソフトコンタクトを目に入れているっていう感覚が、ほぼなくなってくるのは、ちょっとびっくりです。

昔のコンタクトレンズより、かなり進化しているっていうことなんでしょう。

利点としては、眼鏡を拭かなくてもいいし、コンタクトの付け外しがスムーズにできるようになれば、かなり楽になります。

コンタクトにしてみたいなって考えている人は、とりあえずアイシティとかで話しを聞いてみることから始めてみましょう。

一万円ぐらい用意して、アイシティに行って「コンタクトを作りたいです。」って言えば少なくとも2~3時間以内には、コンタクトを購入して持って帰れるんじゃないでしょうか。(アイシティに在庫があれば)

ですので、コンタクト作りたいけど、どうしようかな・・・と迷っている人は、そんなに難しいことではないので、さっさと作ってしまってもいいと思います。

もし、どうにもコンタクトが合わないってなってしまったら、また眼鏡に戻せばいいだけですからね。

初回はアイシティでコンタクトレンズを購入しましたが、2回目は「ベストレンズ」という通販サイトで購入しました。

コンタクトを海外通販の「ベストレンズ」で購入しました。安心・安全・安いのでおすすめ。【買い方解説】
「ベストレンズ」というコンタクト通販サイトで使い捨て1dayの「マイデイ」を購入したのでレビューします。 コンタクトレンズの通販に...
スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大