クラウドソーシング「ランサーズ」で初心者が簡単な仕事を受注したので体験をレビューします。

ノマドな人

クラウドソーシングは特別な技術や技能がなくてもできる仕事はある。

クラウドソーシングっていうのが、すっかり定着して、多くの人や会社が発注や受注をするようになっています。

こういうクラウドソーシングでの仕事って、特別な技術を持っていないと、まったく仕事ができないのかっていうとそうではありません。

技術がなくても、なんとかなる仕事として代表的なのはライティングの仕事ですね。

さらに体験談であれば、自分の体験を書くだけですから、そこまで大変ではないでしょう。

調べものをしながら文章を書くという仕事だと慣れが必要かと思います。

元々、なんらかの技術を持っていれば、それを活かすことができる仕事をすれば、報酬は単純作業物よりは高くなるでしょう。

私の場合、自分用の簡単なホームページを作ったり、wordpressでブログを書いていたりするので、ある程度HTMLとcssが分かります。

この「ある程度HTMLとcssが分かる」というのを使える仕事を探すことにしました。どちらかというと初心者向けの仕事ですね。

クラウドソーシングで仕事を探して、さっそく受注してやってみました。

デザイン

ランサーズというところでの仕事を受注した体験をレポートします。

私が探した仕事の条件は、

  • 高度な技術や知識を必要としない。
  • 文章を書くなどの「考える」ことが必要な仕事以外
  • なるべく考えないでできる。
  • それでいて、できるだけ報酬が高い仕事
  • HTMLとcssの、ある程度の知識を使える

これらのことを条件に探してみました。

これらの条件に合うのは、ズバリ「テキストの装飾」でした。

たまにテキストの装飾の仕事の依頼は、ランサーズで募集されています。

私が受注した仕事の場合は、テキストの装飾と画像の挿入でした。

一記事で200円ちょっと。

報酬が安いと思われるかもしれせんが、ほとんど頭を使わずにできて100円を超えるなら、十分な報酬だと思います。

数をこなせば、十分お小遣い程度にはなるでしょう。

ランサーズで受注できない、選ばれないという場合は、なるべく競合が少ないような案件を狙っていきたいですね。

コツは、クライアントと受注者、お互いの認識のすり合わせ

今回の仕事で、クライアント(発注者)とやりとりをしていて思ったのですが、たいていのクライアントとは、柔軟さがお互いあれば、たいていはスムーズに仕事ができるようになっていくのだろうということです。

ある事柄に対しての認識の違いって、人それぞれちょっと違うということがありますよね。

そうした部分を、メッセージでやりとりしていくことで、お互いの認識をすり合わせていくことが大切です。

受注した仕事の流れは、こんな感じでした。

クライアントから指示書と装飾前のテキストファイルが、ランサーズのメッセージに添付されてくる。

ファイルをダウンロードして仕事にとりかかる。

テキストの装飾(h2とか赤文字、太字にするHTML、cssのタグなどを入力していく)

フリーの画像フォトストックサイトから、テキストの内容に合うような写真やイラストを探してきて記事に挿入。

納品ファイルを準備。

ランサーズの「ファイル管理」のとこで納品ファイルをアップロード。

ランサーズで仕事の完了をクリック

だいたいこういう感じて、一仕事終わりです。

疑問点があれば、ちゃんとクライアントに質問しておく。

質問

いかに数をこなしていくかが勝負の仕事ですから、なるべく作業が早くなる工夫をしています。

ただ、いいかげんな感じの仕事になってはいけないので、疑問点はクライアントに確認しつつ作業を進めます。

継続的に依頼をもらえる仕事なら、最初は、クライアントに質問しすぎかもって思うぐらいになるでしょうけれど、一通り疑問点が解決すれば、質問することは少なくなっていき、だんだんとスムーズに作業が進むようになっていきますよね。

なので、遠慮しすぎて、クライアントに疑問点を質問しないままで作業を進めるよりは、最初のころは、どんどんと質問していったほうがいいでしょう。

検索して分かるようなことであれば、自分で調べるほうがいいでしょう。

指示書を、もう一度確認してみるのも大切ですよね。

装飾の仕事は、スペシャリストみたいなレベルの技術を求められているわけではありませんから、クライアントへの質問は、比較的気軽にできるかと思います。

テキスト装飾の仕事をスピードアップするためにしている工夫(ノウハウ)

「置換」を使う

クライアントから送られてきた装飾前のテキストには、見出しにする部分が同じ単語で指定されていました。

こういう場合は、その単語を<h2>や<h3>に置換すれば、数か所あったとしても一瞬で<h2>などを挿入できます。

メモ帳も含めて、だいたいのテキストエディタには、この「置換」があるので、ぜひ活用したいですね。

「メモ帳」だと「編集」メニューのなかに「置換」っていう項目があるので、それを選択。
置換

すると、こういうウィンドウが出てくるので、
置換のウィンドウ
「検索する文字列」に、【見出し】などになっている置き換えたい単語を入力
「置換後の文字列」に、<h2>などの置き換える分を入力
そして、「すべて置換」をクリックすれば、数か所が一瞬で<h2>などに置き換わります。

Ctrl+Fを使う

先ほど、置換で<h2>などを挿入していくと書きましたが、閉じタグの</h2>も挿入しないといけないですよね。

もしクライアントから送られてきた装飾前のテキストが、
【ここに見出し】テキストテキストテキスト
というふうになっていた場合、
何か所からある【ここに見出し】という文を<h2>に一瞬で置換できたとしても</h2>も挿入しないといけません。

テキストテキストテキストの部分が、それぞれ違う文章なので置換は使えません。

こういうときには文章内を検索するCtrl+Fを使います。

</h2>をコピーしておき、Ctrl+Fでh2を検索して
テキストテキストテキストの最後の部分にコピーしておいた</h2>を貼りつけしていくというふうにすれば、スピードアップできます。

画像を探すのは思っているより時間がかかる

画像を探す

記事に挿入する画像をフリーフォトストックサイトなどから探してくるという作業は、思っているより時間がかかります。

文章に合うような写真や画像がすぐに見つかるならいいですが、そうでない場合、なかなか見つからなくて時間がかかってしまうんです。

これは生真面目な性格の人ほど、こうなってしまうでしょう。

クライアントによって、求められるレベルは違うと思うので、ある程度は折り合いをつけて、自分の中でこれならいいだろうという画像を、なるべく早く見つけてくるしかないでしょう。

納品してみて、ダメ出しがあれば修正していくというふうにしていくのがいいかなと思います。

この画像探しに、あまりに時間をかけすぎてしまうと、時間に対するお金の発生が、どんどんと少なくなってしまうことになります。

画像探しは慣れれば慣れるほど、早くなっていくでしょう。

クライアントから、ここのフリーフォトストックサイトから画像を探してほしいという要望がある場合とない場合があるかと思います。

もしクライアントが、どのフリーフォトストックサイトでもいいっていうのなら、おすすめはこちらです。

pixaboy(https://pixabay.com/
photoAC(https://www.photo-ac.com/
イラストだったらイラストAC(https://www.ac-illust.com/

photoACですが、無料会員のままだと、いろいろと制限があります。

画像のダウンロード数とかphotoACでの検索回数とかダウンロードまでに15秒待たないといけないとか。

これらの制限のなかで、photoACでの検索回数は裏技があります。

googleを使ってphotoAC内を検索するっていう方法です。

Google 検索で、site:site:www.photo-ac.com 【検索するキーワード】
とすれば、photoAC内を検索できます。

photoAC内の女性の写真を探したければ、
site:www.photo-ac.com 女性
というふうに検索すればOKです。

こんな感じでphotoAC内の「女性」に関する検索結果が出てきます。
検索結果

新着の仕事案内をメールでチェックしておく

ランサーズには、新規の仕事をメールで通知してくれるサービスがあります。

仕事のジャンルを指定しておき、そのジャンルで新規の仕事があればメールで知らせてくれるというシステムですね。

ジャンル以外にもキーワードを指定して、そのキーワードが含まれる仕事があればメールで通知してくれるというシステムもあります。

私が登録しているキーワードは「html」「css」です。

ランサーズから新着の仕事の通知が来るように設定しておく。

メール

ランサーズには、新着の仕事をメールで通知してくれるサービスがあります。

どんな仕事があるか、いちいちランサーズのサイトに行かなくてもメールをチェックする習慣をつけておけば、「あ、これやってみようかな。」っていう仕事に巡り合える確率が高くなりますよね。

新着仕事の通知メールの設定の仕方は、まず、ランサーズの画面の右上のほうにある上半身のとこをクリックして「会員情報管理」をクリック
通知設定

それから左側のメニューの「メール通知設定」をクリック
メール通知設定

ちょっと下側に「新着仕事メール」っていうのがあるので、そこをチェックします。
そして、その下にある新着の仕事のメールを送ってほしい仕事カテゴリをチェックしていきます。

これで、登録しているメールアドレスにランサーズからチェックしたいカテゴリの新着の仕事が送られてくるようになります。

キーワードを登録して、そのキーワードが含まれる新着仕事をメールで通知してくれる。

カテゴリの新着仕事通知メール以外にも、キーワードを登録しておいて、そのキーワードが含まれている仕事が新着であればメールを送ってくれるというシステムもあります。

設定の方法は、まずランサーズの上のメニューの「仕事をさがす」をクリック
仕事を探す

例えば「装飾」というキーワードが含まれる仕事の新着通知メールを送ってほしい場合は、「装飾」で検索します。
検索

「現在の検索条件を保存」をクリック
検索条件を保存

保存する検索条件に名前を付けます。
名前を付ける

これで「装飾」が含まれる新着の仕事がメールで通知されるようになります。
もし、メール通知を止めたい場合は、「会員情報管理」→「メール通知設定」の画面の下のほうに「検索メール」っていうのがあって保存した検索条件のチェックボックスがあるので、通知を止める場合はチェックを外します。

「装飾」の通知を止めたいなら、こうします。
チェックを外す

まとめ

喜ぶ人

クラウドソーシングが、どんどんと発展していけば、収入を得る手段が増えていきますよね。

主婦の仕事といえばスーパーのレジに代表されるようなパートですが、クラウドソーシングというのが一般的になってくる時代が来るのでしょう。

今回私は、記事装飾と画像挿入の仕事をして収入を得ることができました。

パートとか接客とかの仕事よりも、はるかにストレスは少ない仕事でしょう。

時給に換算すれば、最初のころは安くなってしまいますが、作業スピードは慣れるほど早くなっていきます。

作業スピードが早くなれば時給が上がるってことになります。

クラウドソーシングといっても、膨大な種類の仕事がありますよね。

そのなかから自分に合うような仕事を見つけるのが大事です。

ベストなのは、クラウドソーシングという場を、自分の好きなことを仕事にもつなげることができる場にすることでしょうか。

作曲とか、旅行のレポートなど、そうした自分の好きなことをクラウドソーシングを使うことで収入につなげることができれば、もっと自分の好きなことに熱中できるようになっていきますよね。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大