ブログの下書きするならgoogle keepが便利。iphoneアプリもあるよ。使い方を解説。

googlekeepホーム画面

ブログのアイディアをメモりつつ下書きするならgoogle keepが便利です!

ブログ執筆の準備
ブログの下書き、みなさんはどうしてますでしょうか?

思いついたら、とりあえずwordpressなどの投稿画面に直接入力していくという人もいるでしょう。

私の場合は、ある程度、メモ書きとかアイディアなどを下書きとしてdropboxに入れたメモ帳に記録していました。

なぜdropboxにメモ帳を入れていたかというと、出先でもノートパソコンでdropboxから自宅のデスクトップパソコンでしていた作業の続きができるからです。

しかし、だんだんとスマホでも、さっとメモ書きをしておきたくなってきました。

ネタ帳みたいなのを作りたいわけです。

さらに、ブログの下書きに挿入予定の画像を一緒に付けることができれば最高だなって思って、そういうソフトとかアプリなどサービスやツールがないか探してみることにしたんです。

最初は、evernoteが気になったんですが有料プランとか、いろいろあってややこしそうなので、とりあえず保留。

そして思いついたのが、googleが、こういうevernoteっぽいサービスしてないかなっていうこと。

それで見つけたのがgoogle keepというサービスでした。(google keepとevernoteは、だいぶ違うサービスなのかもしれませんが)

さっそくgoogle keepを自宅のパソコン、出先で使うノートパソコン、さらにスマホにgoogle keepのアプリを入れて私のgoogleアカウントで運用してみると、かなりいい感じです!

私の環境は自宅のデスクトップパソコンとノートパソコンはwindows8.1、スマホはiphone5cです。

windowsとiosですが、google keepは、こうしたosによる違いは意識しなくても使えます。

google keepをブログの下書きで使うメリット(よい点)

スマホでも確認

  • 下書きに画像を添付できる。
  • パソコン・スマホなど複数の端末で同期して使える。
  • スマホにアプリを入れれば、その場で快適に記憶が新鮮なうちにgoogle keepにメモ入力できる。
  • スマホで撮影した写真を、その場でgoogle keepのメモに付けることができる。
  • メモを検索できる。ctrl+fも使える(記事内検索もできる)
  • 動作が軽い。
  • drop boxのように各端末で同期されるのを待たなくていい。

…などのブログの下書きでgoogle keepを使うときのメリットがあります。

とくにメモに画像を付けることができるのが便利です。

それでは各メリットについて詳しく解説

下書きに画像を添付できる。

google keepのメモに画像を付けることができます。

メモの下部分のメニューにある「画像を追加」(黒い四角に白い山みたいなマークがあるやつ」をクリックして、自分のPCからgoogle keepのメモに付けることができる画像を選べます。(PC版の場合)

画像添付ボタン
ドラッグ&ドロップでもgoogle keepに画像をアップロードできます。

画像をドラッグドロップ

メモの左下に+みたいなマークがあるので、それをタップ。
「画像を選択」を選ぶとiphoneの「写真」からメモに付けたい写真を選ぶことができます。
(スマホアプリ(iOS)の場合)

スマホで画像添付

画像を選択

iphoneの写真
メモに画像を付けておけば、投稿予定の記事に挿入する画像・写真が、すぐにわかります。

メモに付けた画像をダウンロードしてwordpressの記事にアップロードしています。

google keepからの画像のダウンロードは、「メモ」につけている画像を選択して右クリックのメニューから「名前をつけて画像を保存」でOKです。
画像をダウンロード

google keepに画像をアップロード中にもメモの編集が可能です。

dropboxや自分のパソコンに画像を入れたフォルダを作っておいてもいいわけですが、下書きと分離してしまって使い勝手が悪くなります。

それにdropboxに画像フォルダを作っていた場合、同期されるまで待ったり、なかなか同期してくれないっていうことがまれにあります。(無料版の場合です。有料版だと、もっとさっと同期してくれるのかもしれません。)

パソコン・スマホなど複数の端末で同期して使える。

思いついたアイディア
家ではパソコンをメインに使っていて、外出先ではスマホやノートパソコンを使うっていう人は多いでしょう。

こういう複数端末でgoogle keepを使えば、それぞれの端末で同期できます。

自宅のパソコンでgoogle keepでブログのアイディアや下書きを入力していて、外出先でスマホのgoogle keepアプリで、家でしていたブログの下書きなどの続きをするっていうことができます。

google keepは、自分のパソコンやスマホにメモを保存しているというイメージではなく、インターネット上にあるgoogle keepという場所にあるメモにアクセスしているというイメージです。

クラウドタイプのメモサービスみたいな感じですね。

そのため各端末でネットにつながっていれば、別の端末で行っていた作業が、すぐに反映されているので、同期のために待たされるということがないです。

このあたりがdropboxの中の「メモ帳」でブログの下書きをする場合との違いです。

家でやっていたブログの下書き作業が、なかなか各dropboxフォルダで同期されなくて、イライラってことがないです。

スマホにアプリを入れれば、その場で快適に記憶が新鮮なうちにgoogle keepにメモ入力できる。

書き留める
google keepは、iPhone(iOS)用のアプリがあるので、このアプリを入れれば、iphoneでgoogle keepでのメモ作業が、かなり快適になります。

iPhoneの標準ブラウザsafariでもgoole keepにアクセスできますが、やはりアプリのほうが快適です。

実際にiOS版のgoogle keepを使ってみましたが、動作は早く、かなり快適にブログのアイディアや下書きをすることができました。

体験談とかレビューをブログで書く場合、なにかの体験をしたら、記憶が残っているうちに、どんどんとメモしておきたいですよね。

旅行に行ったときの体験談を書くなら、現地での感動を、その場でgoogle keepにメモしておくことができるわけです。

体験したときに、「あ、これはブログで書こう。」と思ったことは、その場でメモしておかないと、後で「なんだったかな~」って悩むことがあります。

思いついたアイディアや、その時感じたことなどを記憶が新鮮なうちにスマホのgoogle keepのアプリで記録しておくことができます。

スマホで撮影した写真を、その場でgoogle keepのメモに付けることができる。

スマホで写真撮影
体験談やレビューを書く場合、実際に自分が撮影した写真があるほうがいいですよね。

こういうときに、スマホで、その場で撮影した写真をgoogle keepのブログの下書き・メモに付けておくことができます。

スマホで撮影した写真をgoogle keepにアップロードしておくことができるわけです。

自宅のパソコンでブログの編集作業をするときには、スマホでアップロードしておいたメモに付いている写真を、自宅のパソコンにダウンロードして写真を編集したりしてwordpressなどのブログにアプロードして記事に写真を挿入っていうことができます。

旅行体験記を書く場合、旅行先で撮影した写真を、その場でgoogle keepのメモにアップロードができるということです。

風景の写真なら、その風景を見た記憶が新鮮なうちに、写真とともにメモをしておくということができます。

あと、スクリーンショットを撮って、その画像をgoogle keepのメモにアップロードしておけば、どのブログの記事用のスクショなのか分かりやすくなります。

メモを検索できる。ctrl+fも使える(記事内検索もできる)

検索エンジンで超有名なgoogleですから、当然のようにメモ全体を検索できます。

こういうことメモしておいたんだけれど、どこいったかなっていう場合でも、メモを検索すれば見つけやすくなりますよね。
メモを検索
さらに一つのメモの中の検索もできます。ctrl+fのショートカットキーが使えます。

長い記事だと、こういうことを書いたんだけれど、メモの中のどのあたりだったかなってなったときに、ctrl+fでメモ内を検索すれば該当部分を発見しやすくなります。

動作が軽い。

快適にスマホを操作する
google keepの動作の軽さは、iPhoneのアプリで実感しました。

アプリを立ち上げて、すぐにメモを入力することができます。

アイディアを思いついたときや、記憶が残っているうちにメモしておきたい場合、アプリの立ち上がりが遅かったり、動作がモタモタしているとストレスがたまりますよね。

こういうアプリの場合、とくに動作が軽いことは大事なことです。

さすがgoogleとったところでしょうか。

google keepは、これからも使いやすく便利にアップデートしていくでしょう。

各デバイス(端末)での同期も、すぐに完了するので、いろいろな場所で継続した作業をしていても快適です。

iPhoneのアプリは動作が快適でしたし、PCからブラウザでのgoogle keepを利用する場合も、なかなか動作しないといったことはないです。

ただ一点だけなんとかなったらなっていうことがあります。

それは後程書きます。

drop box(無料版)のように各端末で同期されるのを待たなくていい。

外出先で更新
何回か書いてますが、非常に同期がスムーズでフォルダやファイルが反映されるまで待たされるということが今のところないです。

dropboxは、それぞれの端末(PCとかスマホ)のローカル(PC本体の中とかスマホ本体の中)で編集・更新を行ってから、それを別の端末でも反映させていくという方式のように思えます。

無料版のdropboxを長期間継続して使っていますが、どちらかというと、それぞれの端末のローカルを中心としているように感じます。

そのため、別の端末を立ち上げたときに、dropboxフォルダへ更新を反映させるのに時間がかかるときがあります。

google keepの場合は、メモを編集・更新をインターネット上にあるgoogle keepの領域で直接する感じがします。

つまり、いろんな端末から自分のgoogle keepにアクセスして、そのアクセスした先でメモを更新するというふうな状態ですね。

google keepはオフラインでメモの更新ができました。
これって便利です。

外出先で、ネットがつながらない状態のときでもメモをつけておくことができます。

ネットにつながったときに、オフラインで更新していた分が反映されるのでしょう。

しかし、実際に使ってみての感覚だと、ネット上の領域にあるgoogle keepのメモを更新している感じなんですよね。googleの同期技術がすごいのかもしれません。

システム的なことは分かりませんが、dropboxとgoogle keepは違ったシステムで各端末に更新を反映させているので違いが出るのかもしれません。

でも、dropboxとgoogle keepは比較するようなサービスではないと思います。

ただdropboxにメモ帳なりテキストエディタのファイルを置いて、そこでブログの下書きをするならgoogle keepのほうが便利です。

ネットにつながってさえいれば、家でgoogle keepを使ってしていたブログの下書きの続きを、出先でスマホやノートパソコンで、すぐに再開できるのは、かなり快適です。

google keepを使えば、家でやってたことが、ちゃんと反映されてるかなっていう心配は、ほぼなくなるといっていいでしょう。

google keepの悪いところ(2017年8月現在)

PC版の場合、バックのブラウザ部分が最初にスクロールされてしまう。(PCの設定関係が原因かも)

PC版の場合、操作性が、ちょっと悪いところがあります。

メモを上下にスクロールさせようとすると、メモのバックのブラウザの部分が、まず最初にスクロールしてしまうんです。

たとえば、メモを下にスクロールさせたいと思って、マウスのホイールで下にスクロールさせると、最初に後ろのブラウザ部分が下にスクロールされきってから、次にメモ部分が下にスクロールされるという現象が起こります。
スクロールされてしまう。
パソコンやOSの環境とかパソコンの設定によっては、こうなならない場合があると思うんですが、私の自宅のデスクトップパソコンだと、このスクロール現象が発生してしまいます。

私の環境は、OSはwindows8.1で64ビットです。

メモ部分を上下にスクロールさせようとしているのに、バックのブラウザ部分のほうがスクロールしてしまうのはストレスになります。

たとえばメモの部分を上にスクロールさせたい場合、バックのブラウザの部分が、まず上までスクロールされるのが終わらないと、メモ部分が上にスクロールしてくれないんです。

私が使っているノートパソコン(windows8.1で64ビット)だと、このスクロール現象は発生しません。

メモの上にカーソルがあれば、ちゃんと最初からメモ部分が上下にスクロールされます。

おそらくパソコンの設定関係が原因と思われます。詳しい人がいたらコメントで教えていただきたいです。

しない編集内容が見つかりました」と表示されて
【2017/09/28追記】

この現象の原因が分かりました!

「Gestures for Google Chrome」というchromeの拡張機能を入れていて、その拡張機能の設定で、【マウスホイールを使用する(マウスホイールの動きを監視します。これには多少の負荷がかかります。)】のチェックが入っていると、このバックのほうがスクロールされるという現象が起こることが分かりました。

「Gestures for Google Chrome」の設定の【マウスホイールを使用する】のチェックを外すと、google keepのメモでちゃんとメモ部分だけがスクロールできるようになりました。

私が外出時に使っているノートパソコン(windows8.1で64ビット)ではfirefoxを使っていたんです。どうりで、ちゃんと動作してたわけですね。

【マウスホイールを使用する】のチェックを外すと右クリックを押したままホイールを動かしてタブの切り替えを行うっていうのができなくなりますが、私は、この機能を使っていなかったので困ることはありません。

チェックを外しても、マウスジェスチャは使えます。

タブを閉じるのをマウスの動きでするなどのことですね。

あ~やっとこのgoogle keepのスクロール問題が解決して良かったです。

これでさらに快適にgoogle keepを活用することができます。

この原因に気付いたのは、chromeのアップデートかなにかで、マウスホイールで下にだけスクロールできないという現象が発生したためです。

調べると、「Gestures for Google Chrome」の【マウスホイールを使用する】にチェックが入っていると下にだけスクロールできない現象が発生しているとのことでした。

私の場合、この現象のおかげでgoogle keepのスクロール問題を解決できてよかったわけですが、「Gestures for Google Chrome」の拡張機能を入れていてタブ切り替えなどでマウスホイールを活用している人は困るでしょう。

「Gestures for Google Chrome」がアップデートしてくれると直りそうですが。

タイトルだけのリスト表示があると良さそう。

リスト
これは、こうなったらいいなっていう希望です。

「メモ」にはタイトルを付けることができます。

「メモ」が増えてくると、ラベルでジャンル分けしていたとしても、編集したいメモを探す場合、スクロールして探すのに時間がかかりますよね。

もしタイトルだけの表示の「メモ」を、ずらっと並べることができれば、スクロールする時間を節約できます。

キーワード検索で探すこともできますが、タイトルだけの表示があれば、今、どういう「メモ」があるか全体を見渡すことができます。

ブログの下書きでgoogle keepを使っている場合、今、どういうブログの下書きをしているかっていうのを全体的にチェックできますよね。

オフラインでも入力できるがメモの編集内容に差違が出たらどうなるのか

オフラインでもメモにテキストを入力して更新できるgoogle keepですが、各端末で編集した内容が違う部分が出てきたらどうなるのか。

試しにiphoneのネットを切って、オフラインの状態でメモにテキストを入力してみました。

PCのgoogle keepはオンラインのまま、オフラインのiphoneとは違う内容でメモを更新してみました。

iphoneとPC、両方ともがオンラインであれば、iphoneとpcどちらで更新しても、すぐに両方の端末に更新内容が反映されるんですが、一方がオフラインで更新して、しかもオンラインの端末のほうでは違う内容で更新するとどうなるのか。

つまり、一部違う内容のメモになってしまっていた場合、google keepはどういう挙動をするのか試してみたんです。

すると、面白いことになりました。

iphoneをオンラインに戻すと、iphoneのgoogle keepで違う内容のメモになっているんですが、どちらを保存しますか?とgoogle keepが聞いてきたんです!

こんなふうに

一致しない編集内容

そして、「一致しない編集内容が見つかりました」と表示されているメモをタップすると、
こういうふうに、どちらのメモの編集内容で確定するか選択画面が出てきます。

編集内容その1編集内容その2

横にスワイプできるので、☑(チェックマーク)のところをタップして、どちらの編集内容を確定するか選択ができます。

こういう機能があると、スマホでオフライン使用時に更新していたことを忘れててPCで別の内容を追加していたとしても、スマホでオフライン時に更新していた内容が消えなくて済みますよね。

どちらかの内容を選ばないといけないですが。

pc版のgoogle keepにも同じ機能がありました。
PC版googlekeep編集内容

「編集の競合を修正してください」と出てきます。

↓この画面になるので、どちらの編集内容にするか選択できるのと、「両方のメモを保存」ってのも右上に出てきます。
編集の差違
「両方のメモを保存」を選ぶと、それぞれの編集内容を反映させたメモが作られます。
つまり、メモがもう一つ作られるんです。

どちらの編集内容も破棄したくないという場合は、とりあえず「両方のメモを保存」を選んで、一方のメモの編集内容をコピペして、もう一つのメモに貼りつけて、もう一つのメモは削除するってすればいいですね。

iphoneでは、この「両方のメモを保存」メニューがなかったように思うんですが、今後のアップデートで、この機能が追加されるのかもしれません。

ちなみに、iphoneのほうだけをオフラインにしてメモを更新して、その後、iphoneをオンラインにすると、PCのgoogle keepのメモに瞬時に反映されました。

メモを立ち上げなおさなくても、iphoneでオフラインに更新していた内容が、PC版のgoogle keepのメモに浮かび上がるように出現してびっくりしました。

google keepの同期技術はすごいですね。みなさんも、一度試してみてください。

まとめ

ブログ更新中
ブログの下書きで使うサービスやソフト、テキストエディタなどをお探しの人は、google keepを使ってみると便利ですよってことでした。

記事のテキストの装飾は、直接htmlとかcssを入力すればできないことはないですが、このテキスト装飾の部分はwordpressの装飾ボタンでやればいいですよね。

google keepを使えば、ブログの下書き・家でも外出先でもアイディア書き留める・記事構成を練る・ブログの下書きに画像を付けるなどなどのことができます。

ブログの下書きのためにgoogle keepを使ってみたら、かなり便利だったので紹介させていただきました。

みなさんもgoogle keep試してみてください。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大