ブログのアイキャッチ画像はフリー画像写真素材サイト「pixabay」がオススメ。すごく便利。使い方やダウンロード方法など。

pixabay

ブログのアイキャッチ画像に困っているならpixabayが一押し!

ブログのアイキャッチ画像、どういうのにしたらいいのか迷うことってありますよね。

無料の画像ストックサイトを、いくつかアクセスしてみたけれど、今一ついい画像がないな~っていう場合は、pixabay(https://pixabay.com/)をオススメします!

このブログのアイキャッチの画像は、ほとんどが、このpixabayからダウンロードしてきたものを、トリミングだけしてアップロードしたものです。

ちなみに「アイキャッチ画像」とは、ブログの、こういう位置にある画像です


ブログのトップページの新着記事一覧の各ページの画像のことをアイキャッチということもあるようです。

pixabayの特徴と画像検索の時のコツ

特徴は、海外のセンスがある写真が数多くあること。写真だけでなくイラストやベクター画像、動画(!)があります。

動画は、なんらかの素材として使うんでしょうね。きっと。もし動画が欲しいなって思ったときは、pixabayで検索してみるつもりです。

pixabayですが、もし日本語で検索しても、いい画像が見つからないときは、検索するキーワードを翻訳して英語にしてから、その英単語をpixabayの検索窓にコピペして検索してみましょう。

すると、表示される画像が多くなったり、より的確なのが表示されることがあるので、画像の選択幅が広がります。

pixabayの欠点と注意点。全ての素材が商用利用OKではないみたい。

pixabayの欠点は和風、日本っぽい画像は、あんまりないこと。見かけないですね。あったとしても、アメリカの映画に登場する妙に中国っぽい日本みたいな感じになりそうな予感はします。

もし和風な画像をお探しなら、日本のフリーフォトストックサイトで探してみましょう。有名どころは「写真AC」「足成」ですね。他にも、いくつかあるでしょう。

pixabayは、商用利用ができて(ロイヤリティーフリー)著作権の帰属先の表示は不要なので重宝させてもらっています。海外のサービスですが、日本語対応されているし、日本国内からの利用者は、かなり多いでしょう。

注意点は、
ほとんどの写真や画像、イラストなどの素材は、
——————————-
CC0 Public Domain
商用利用無料
帰属表示は必要ありません
——————————-
と表示されていて、気軽に使用できるんですが、
なかには、
——————–
エディトリアル使用のみ可能です
——————–
って書いてある素材があるんです。この表示がある素材は、私は、ブログのアイキャッチ画像には使わないようにしています。

カエルとか人物がデフォルメされた置物みたいなのが写った写真に、この「エディトリアル使用のみ可能です」が表示されていることが多いです。ですので、置物みたいなのが写った写真の場合は気を付けましょう。

「エディトリアル使用のみ可能です」のリンク先のページがあるんですが全部英語なので、よくわかりません。

「エディトリアル使用」とは?

そこで「エディトリアル使用」について調べてみました。

エディトリアル使用とは、ニュース、ドキュメンタリー、ノンフィクションの記事など報道関係、非商用目的の資料などで使うのはOK、そのほかの商用目的や販促目的(広告・CMなど)では使用不可ということです。

つまりは、商用目的はNG、公共の利益を目的とするものはOKっていうふうな感じです。

とりあえず、このブログみたいな場合は「エディトリアル使用のみ可能です」という記載がある写真・画像は使わないほうがいいです。

あと使わないようにしているのは、人の顔が写っている素材。

基本使っても大丈夫なんでしょうけれど、写真を見ていると、これって、そのへんにいる人を勝手に撮影してる?っていう雰囲気のがあります。なので使わないようにしています。

虫が苦手な人は注意!

さらに、これは画像使用とは関係ないですが、pixabayが海外のサービスのせいなのか、ときにギョッとするような写真が出てくることがあります。

たとえば、虫のドアップの写真とか。「虫」や虫関連のキーワードで検索してなくても、たまに出てきます。これは、虫が苦手な人は、そのページを閉じたくなるでしょう。

グロ系のもあるので、そのへんは覚悟して画像を探しましょう。虫が大丈夫な人は関係ないことですが。

画像のダウンロード方法

pixabayの画像のダウンロード方法は簡単です。

たとえば「鳥」の画像が欲しいときは「鳥」で検索すると、ずらっと画像候補が出てきます。

これがいいっていう画像をクリックすると、その画像のページに移動します。

そのページの右側にダウンロードボタンがあります。
これです

ダウンロードボタン
ここで、
——————————-
CC0 Public Domain
商用利用無料
帰属表示は必要ありません
——————————-
というふうに表示されていることを確認しましょう。
「エディトリアル使用のみ可能です」とある場合には使わないようにしましょう。

「無料ダウンロード」をクリックするとサイズ選択のメニューが出てきます。
サイズ選択

欲しいサイズを選択して「ダウンロード」をクリックすると、一番小さいサイズ以外の場合は、認証画面が出てきます。
こういうのです↓
認証画面
会員登録すれば、この認証画面は出てこなくなるとのことです。
認証画面で表示されている英単語の画像が、すごく暗いですが、これは私が普段ディスプレイの「明るさ」を、すごく暗くして作業しているためです。

普通の状態なら、視認できる明るさになっているでしょう。

もし、この画像の英単語が判読できない場合は、右横の「reCAPTCHA」の下にある丸まっている矢印のとこをクリックしてください。
ここですね。

reCAPTCHA
すると、ローマ字の部分が、より読みやすく変わるので入力しやすくなります。

画像ではローマ字の大文字で表記されていても、入力のときは小文字でOKです。

あとは、ダウンロードしてトリミングしたりしてブログにアップロードしてください。

wordpressで運営しているブログへアップロードするのは簡単です。

記事を書いている管理画面の上のほうに「メディアを追加」っていうのがあるので、そこをクリックします。

「メディアを追加」のボタンは、ここにあります。

メディアを追加ボタン

クリックするときは、カーソルをアイキャッチを入れたい部分に合わせておいてください。その部分に画像が挿入されます。
記事ページのアイキャッチ画像なら、ページの一番上にカーソルを置いておくわけです。

カーソルを置く場所

それから「メディアを追加」をクリック。

すると、この画面になるので↓
画像選択

アイキャッチにしたい画像を選択すると、右側にメニューが出てくるので、右下のほうのサイズを選択して「投稿に挿入」をクリックすると、先ほどの画像を置きたい場所に画像のソース(<a href=”http://~で始まる文)が挿入されます。(「テキスト」で記事編集している場合)

こういうふうに画像のソースが挿入されます↓
画像挿入

これでブログの記事ページにアイキャッチ画像を入れる作業は終了です。

ブログのアイキャッチで使うときに最適のダウンロード画像サイズは?

pixabayでは、ダウンロードできる画像のサイズが4種類ぐらいあります。

ブログのアイキャッチに使う場合、私は、だいたい、もっとも小さいサイズから2番目のサイズをダウンロードしています。1280×1000とか。

そして、ダウンロードした画像を、「フォト」で、少し横長になるようにトリミングして「縮小専用AIR」でファイルサイズを小さくしてからブログにアップロードしています。

なぜ横長にトリミングするのか。

それは、横長にしたほうが見栄えがいいし、ブログのページに合っているからです。正方形だと、あまりかっこいい感じのアイキャッチにならないです。

アイキャッチ画像があったほうが、ブログが引き締まります。ほぼテキストだけのブログよりは、ちらほら画像があったほうが見やすいですよね。

pixabayで、いい画像を見つけて、自分のブログのデザイン性をアップさせましょう。

pixabayはこちら

https://pixabay.com/

【追記】
「エディトリアル使用のみ可能です」について。

pixabayの公式サイトには、
—————————-
Pixabayにアップされている全ての画像と動画は、Creative Commons CC0にて無償配布されています。これらファイルのダウンロード、改変、配布、および使用に関しては、商用利用に際してもロイヤリティーフリーであり。 著作権の帰属先の表示は不要です。
—————————-
って書かれているんですよね。

「全ての」ってとこが引っかかるんですが、 「エディトリアル使用のみ可能です」って記載のある画像にも、CC0 Public Domainという表記はあります。

「よくある質問」には、
—————————–
写真を使ってもいいですか?
これらの画像は、商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。利用に関する許諾や使用料の支払いは必要ありません。しかし、画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。詳しくはブログをご覧ください。
—————————–
と書かれています。

これらのことを考慮すると、pixabayの画像・写真は、「全て」なんでもかんでも使っていいってわけじゃなくて、ある程度の節度をもって使ったほうが良さそうっていうのが、私が今考えていることです。

たとえば、
・明らかに有名な俳優や芸能人を模した人形
・チェーン店の店名が、大きく写されているような写真
というのも使わないほうが良さそうです。

もし、こうしたことに詳しい方いらっしゃればコメントで教えていただけますと幸いです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大