ブログに投稿する画像の加工(トリミング・文字入れ・赤丸・矢印とか)は無料の「フォト」と「ペイント」を使い倒そう。

ブログデザイン

画像・写真のシンプルな加工なら無料ソフトで十分できます。わざわざ有料ソフトを使う必要はないです。

ブログに写真や画像を投稿するとき、説明的なことを加えたいことがあります。

テキストで説明するよりも、画像のほうが分かりやすいですし。

この画像加工の方法ですが、すごく簡単なので私がやっている方法を紹介しておきます。windows8.1の場合です。

赤丸や矢印、テキストを画像に入れたいときは、windowsに標準でインストールされている「ペイント」で十分できます。あと、ちょっと画像を明るくしたい、トリミング(画像の周りを切り取りたいなど)したいときは、これまたwindows標準の「フォト」でOKです。

シンプル、簡単な加工なら、windowsに最初から標準でインストールされている「フォト」と「ペイント」で十分できます。
もうちょっと凝った加工をしたいならフリーソフトのgimpを使うというふうにしています。

「フォト」で画像を明るくする。

それでは、まず「フォト」での加工から説明します。

たとえば、こういう加工したい画像があるとします。
元画像
なんだか、全体的に暗い。あと、こういうのがありますみたいな説明を加えたい場合があります。

パッと明るめにしたい場合は、
まずは、画像を右クリックして「プログラムから開く」の「フォト」を選択。
「フォト」選択
すると、こういう画面になります。
画像編集
この画面で、画像のどこでもいいのでクリックをすると、「編集」などのメニューが立ち上がってきます。
メニュー

「編集」をクリックすると、右横に画像を明るくしたりなどのフィルターをかけた後の候補が出てきます。
フィルター候補
私の場合は、だいたい上から3番目のフィルターを選んでいます。

3番目のフィルターの上の画像にかけたのがこれ

明るいフィルターをかけた
ちょっと明るい雰囲気になりました。
本当は写真を撮るのは、晴れた日の日中が一番ベストで、いろんな加工をするよりも結局は日光のある明るいうちに撮影するのがベストだったりするみたいです。

フィルター前と後を比べてみると・・・

【フィルターかける前】
元画像
【フィルターかけた後】
フィルタ後

このようにフィルターをかけた後のほうが、ちょっと明るい雰囲気になります。

「フォト」でトリミングをする(画像の切り取り)

それで、もし、もうちょっと周りを切り取りたいっていう場合は、同じく「フォト」でトリミングをします。

画像を右クリックでフォトで画像を開いて、どこでもいいので画像をクリックしてメニューを出して、右下にある「トリミング」をクリック。
トリミング
すると、四角い枠が出てくるので四隅を動かして画像の残す部分を決定します。
トリミング調節
画像で残す部分が決まったら右下にある「適用」をクリック。これで画像で残したい部分以外が切り取られます。

ブログのアイキャッチ画像として使いたいときは、ちょっと横長ぎみに画像を切り取るのがいいですね。

そのほうが、かっこいい感じになります。映画の横長の画面のサイズってありますよね。ああいう感じのアスペクト比を意識して画像を切り取るといいです。

「フォト」での編集が終わったので「フォト」を閉じたいとき、最初はとまどうかも。
マウスを右上に持っていくと、赤に白い色の×印が出てくるので、それをクリックすれば「フォト」を閉じることができます。
windows8.1の場合です。
「フォト」を閉じる

ファイルサイズを小さくして、矢印や赤丸を挿入する。

トリミングしたら、「画像縮小AIR」でファイルサイズを小さくします。画像サイズも小さくします。

「画像縮小AIR」の使い方は、こちらの記事

そして、windowsで標準で用意されている「ペイント」で矢印とか赤丸を加えていきます。

加工したい画像を右クリックして「プログラムから開く」→「ペイント」をクリック
ペイントを開く
赤丸を加えたいなら、メニューの〇とか△とか並んでいるところの〇を選択して、赤丸を作りたとこらへんでクリックして、
赤丸メニュー
そのまま左クリックしたままの状態で右下などにマウスを動かします(ドラッグする。)
すると、↓こういう丸が出現します。
丸出現
丸の色を変えたい場合は、メニューの右のほうになるカラーパレットから変えることができます。
色を変える
線の太さを変えることができます。カラーパレット(色を変える部分)のメニューの、すぐ左隣にある「線の幅」というところで変えることができます。

矢印を入れる場合は、〇とか△があるメニューのところに、斜めの線があるので、そこを選択してドラッグ(マウスをクリックした状態のまま動かす)で線を引くことができます。
矢印を作る
ここでコツなんですが、矢印を作るときに、最初に一本線を引いて、次に2本目の線を引こうとして、一本目の先端ちょうどに合わせて線を引こうとしても、うまくいきません。

この場合は、逆側から線を引いて一本目の線の先端にドラッグしてくるか、メニューで斜め線が選択されている状態を、一度〇とか△のメニューに切り替えて、それからもう一度斜め線を選択すると、一本目の先端から線を引くことができるようになります。

「ペイント」でテキストを挿入

「ペイント」は画像にテキストを入れることもできます。
最初に上部にあるメニューの「A」というところ選択。
そして、画像の文字を入れたいところでドラッグします。
すると、こんなふうになります。

文字入れ
点線の四角いところが文字を入れる範囲になります。
この点線の四角いところにテキストを入力していってください。

文字を入力したあとに、文字の大きさや色を変えたい場合は、文字をドラッグして選択状態にしてください。
こんなふうになります↓
文字を選択
この状態で、上のメニューで「フォント」というところの数字を変えると文字の大きさを変えることができますし、文字色を変えたいなら、右のほうにあるカラーパレットで色を選択すればいいです。

文字の入力位置を変えたいという場合、点線の四角い枠を、そのままの状態で、まるごと動かすことができます。

点線の四角い枠の左側あたりにマウスのカーソルを持っていくと、カーソルが十字になるエリアがあります。

十字になったらドラックして、四角い枠を、そのままの状態で動かすことができます。

文字の入力範囲を広げたり狭くしたりしたいなら、点線のあたりにカーソルを持っていくと、カーソルの形が矢印になるエリアがあるので、そうなったらドラッグすれば枠の広さの調整ができます。

他にも、いろいろとメニューからできるので試してみてください。

「ペイント」で一応トリミングはできるんですが、なんだか切り取りにくいので、私は「フォト」を使っています。

そして、完成した加工済みの画像をwordpressの記事投稿画面の「メディアを追加」からアップロードします。
アップロードするときは、記事の中の画像を入れたい部分にカーソルを合わせておいてからアップロードしてください。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大