外出先で使う持ち運びできるノートパソコン使っています。acerのです。

ノートパソコン

外出先では、格安のノートパソコンを使っています。軽い作業ならOKですね。

今、デスクトップのパソコンとノートパソコンを使っています。

ノートパソコンは、外出先でも作業ができるようにってことで、持ち運びできる安いのを買いました。3万円しないぐらいのacerのですね。

持ち運びのときに重さが気になるかというと、慣れれば、そこまで気にならなくなります。しかし、たまに重いと思うことはあります。

重量は、1.29kg

電器屋で、ノートパソコンを持ってみて、どれぐらいの重さがチェックしたりしますが、軽いやつは、ものすごく軽いですよね。

「Acer ES1-111M-F12N Windows 8.1 with Bing 64bit」というのを2015年に27,769円で購入しました。
acerのパソコン
acerのパソコンを開いた様子

外出先で使う用のパソコンを購入するときの条件の一つに、ディスプレイがノングレア(非光沢)であることを決めてました。

「Acer ES1-111M-F12N」はノングレアです。

グレア(光沢)だと、ノーパソのを開くたびに、ディスプレイのとこに、いちいち自分の顔が写るのが嫌だったので、反射しないノングレアにしようと思ったんです笑

それに、ノングレアのほうが、グレアに比べれば目に優しく疲れにくいとのことだったので。

キーボードの打鍵感は良好

勢いよくキーボードでテキストを打つと、パチパチと音はしますが、静かに打とうと思えば、音は小さ目にすることはできます。

指の腹で打つことを意識することと、上から叩きつけるように打たずに、なるべくキーボードに近いところから押すように打つようにすれば、それなりに静かにはなります。

カフェなどで、パチパチパチ…ターン!とかキーボードの音を鳴らしてると、けっこう目立ちますからね。

静音キーボードっていうのや、あとはホコリ除け用のカバーをつけると、打鍵音がうるさいのは改善されるでしょう。

ノートパソコンで、外付けの静音キーボードを使うっていうのは、ちょっと現実的ではないですよね。荷物増えるし。

カフェだと、たいてい音楽がかかっているので、静かにタイプするっていうことを意識していれば、打鍵音が気になるほどになることはないです。

あとは、慣れてくると、かなり心地いい打鍵感になってきます。

家のデスクトップパソコンで使っているキーボードよりも打鍵感は、心地いいです。

mac airとか、10万円超えるようなノートパソコンだと、かなり心地いい打鍵感なんでしょうね。私は、持ってないので、比較ができませんが。

キーボードの打鍵感に関しては、「Acer ES1-111M-F12N」には不満はないです。

マウスを使っています。

タッチパッドがあるんですが、私がタッチパッドに慣れていないせいか、操作を、うまくできなかったのでマウスを用意することにしました。

その後、改めてタッチパッドで操作を試してみると、かなりうまくスムーズに操作できました。やはり、私がタッチパッドの操作になれていなかったのでしょう。

タッチパッドって、画面をスクロールしたり、テキストを選択したりといった、いろいろな操作が、けっこうできるんですよね。操作方法は、ググれば、基本的なことが分かります。

マウスでの操作になれているし、鞄にマウスを入れても邪魔にはならないので、もうマウスで操作するようにしています。

タッチパッドを使いたいなって思う場面はあります。
それは、外出先で、ノートパソコンを置く場所が狭いときですね。マウスを使うには、ノートパソコンの横に、ある程度の広さが必要ですから。

具体的な例だと、電車で、前の席の後ろに設置されている簡易式のテーブルみたいなのを下げてきて、そこにノートパソコンを置いて使う場合です。

本当は、お弁当とか食べるときに使う用だと思うんですが、私は、ここにノートパソコンを置いて作業することがあります。

こういう狭い場所でノートパソコンを操作する場合は、タッチパッドを使ったほうが操作しやすいでしょう。タッチパッドの操作に慣れておくことも大事ですね。

タッチパッドで、すばやく操作できるようになれば、マウスを持ち歩かなくて済むようになるので、荷物を一つ減らすことができます。

タッチパッドを使わない場合は、タッチパネル機能をオフにしておくほうがよいです。
なにかの拍子でタッチパッドに触れて、意図していない操作をしてしまったりしますから。

タッチパッドのオフの方法は、キーボードの左したのほうにある「Fn」を押しながら、キーボードの上のほうにある「F7」を押せオフになります。この操作でオン/オフできるようになっています。

使っているのは静音マウスの「サンコー ワイヤレスサイレントレーザーマウス SIRENS44」です。

このマウスとノートパソコンを鞄に入れて持ち運んでいます。

マウスって、かさばりそうですが、SIRENS44であれば、そこまで鞄の中で邪魔になるというほどではありません。

こんな感じで鞄の中にマウスを入れています。

鞄の中のマウス

ノートパソコンの性能は高いほうがいいし、記憶媒体(HDDなど)の容量は多くても困ることはないと思いました。

安くても、ある程度動けばいいとか、データ保存できる量が少なくても、クラウドを使えばいいやって思ってたんですが、長く使っていると、やっぱり、性能は高いほうがいいし、容量も多いほうがいいなって思いなおしました。

とくに性能のほうですね。

CPUとメモリは、一定のレベル以上はあったほうがいいです。サクサク動くほうが作業が快適です。

あまりに安いのだと、使い続けるうちに、だんだんとサクサク動かないのが、なんだかな~って思ってしまうようになります。

もしテキストをキーボードで打つだけっていうなら、別に安いのでも十分だと思うんですよね。

でも、画像とか、なんらかのソフト・アプリを扱うなら、ちょっと価格が高くなってもいいので、ある程度のスペックのあるノートパソコンを買ったほうがいいなって思いました。

googleのクラウドサービスでスプレッドシートっていうのを利用しているんですが、家のパソコンに比べて、「Acer ES1-111M-F12N」の格安のノートパソコンのほうは、どうしても動作がもたついてしまいます。

家のデスクトップパソコンも外出先で使うノートパソコンも、同じwimax2+の機器「wx02」で、ネットにつないでいて、自宅も外出先も、そんなにネットの速度は変わらないはずです。

それで、googleのクラウドサービスのスプレッドシートを使うときに、外出先で使うノートパソコンだと、動作がもたつくのは、やはり、パソコンの性能の差ということになると考えています。

クラウドサービスを利用する場合でも、パソコンの性能は、ある程度はあったほうがいいってことなんでしょう。

動画を扱う場合は、格安ノートパソコンは、やめておいたほうがいいでしょうね。ある程度のマシンパワーみたいなものがないと、動画の編集作業は重すぎてダメかもしれません。

スプレッドシートでもそうですが、シートを広げて操作できるようになるまで時間がかかるし、他の操作をする場合でも、動作がもたつくことが、けっこうあるんですね。

マシンパワーのあるパソコンであれば、すぐにシートの読み込みが終了するし、全部の動作が快適にパッパッパッっと進みます。

これって作業効率を上げるには大事ですよね。

操作するたびに、いちいち動作がもたつくと、なかなか作業が進みませんから。

今度、ノートパソコンを購入するなら、私の場合は格安のはやめておこうと思います。せめて5万以上のにはしないといけないでしょう。

理想をいえば、10万以上だと、かなり快適な操作環境になりそうですね。

eMMCという記憶媒体になっています。

私が使用している「Acer ES1-111M-F12N」は、記憶媒体がHDDではなくて、eMMCというフラッシュストレージです。

eMMCは、速度でいうとHDDよりは速くてSSDよりは遅いという位置づけです。

フラッシュメモリーなのでHDDより衝撃に強いです。

鞄に入れて持ち歩くぐらいなら、ぜんぜん大丈夫でしょう。あとファンレスです。

ノートパソコン用の衝撃吸収ケースに入れて持ち運んでいます。

衝撃対策で、ノートパソコンを入れるケースを使っています。「Acer ES1-111M-F12N」と同時購入しました。

このケースに入れて、持ち歩きしています。バッグ・ケース・スリーブ、いろんな言い方があるみたいです。

「エレコム インナーバック 衝撃吸収 ZEROSHOCK スリム 11.6インチ ブラック ZSB-IBUB03BK」
というのです。
ノートパソコン用インナーバッグ
2017年4月24日現在だと、価格は991円。

ノートパソコンを、こういう衝撃吸収のケースに入れないで、裸のまま入れるよりは、こういうケースに入れるほうがいいですよね。

Ultrabook(11.6インチワイド)専用インナーバッグとのこと。

中側は、低反発ポリウレタンフォームが使用されています。
こんな感じです。

ケースの中側
ケースそのものに厚みはなくて薄いほうだと思うんですが、荒い持ち運び方をしなければ、これで十分なんでしょう。

2年ほど、このケースにノートパソコンを入れて持ち運んでいますが、今のところ、パソコンは、一切故障や破損はないです。

持ち運ぶなら、こういうケースには入れたほうがいいですよね。

鞄に入れると、こんなふうになります。
鞄に入れた様子。

ケースには、小物入れもついています。

小物入れ

デスクトップパソコンのほうは、XPのサポート終了の時ぐらいに、8.1のパソコンに買い替えた分です。

フロンティアっていうところのパソコンで、たぶんBTOパソコンっていうのになると思います。

このパソコンは、申し分ないですね。

動画や画像の編集したり、音楽のDTMを、ちょこっとやってみたりしてますが、快適です。

オフラインでの作業は、快適ですね。

オンラインの作業では、ちょっともたつくとか、動画の再生がスムーズにいかないときがあります。

これは、私が使っているwimax2+っていうインターネットの回線のほうが原因だと思われます。

私の住んでいるところが、若干田舎というか都会ではないので、どうしてもwimax2+の速度が遅くなるときがあるみたいです。速度制限がかかっている時があるのかも。

wimaxは、一定量使うと速度制限がかかるようになっていますからね。

これが光回線であれば、オンラインの作業も、さらに快適になるのでしょう。

なので、ネットの速度が求められる場合は、ちょくちょく重くなったりしてしまいます。

以上、私のパソコン環境のことでした。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大