THE100(ハンドレッド)シーズン2の感想とか評価。若者たちの成長ぶりが、すごい。

マウンテン・ウェザー

【あらすじ】

ついに地球に帰還したアークの人々。やっと地球に降り立ったものの、グラウンダーやマウンテンマンとの争いが始まるのだった。クラークは、次々と厳しい決断をしなければいけないことに苦悩するのだった。

予告編

キャスト

エリザ・テイラー(クラーク役)
ボブ・モーリー(べラミー役)
マリー・アブゲロプロス(オクタヴィア役)
クリストファー・ラーキン(モンティ役)
デボン・ボスティック (ジャスパー役)

【感想】

ちょっとネタバレあり

シーズン1より、面白くなった。

シーズン2、全部で16話と、海外ドラマのワンシーズンとしては多い話数でしたが、途中でだれることなく、最後までワクワクしながら見ることができました。

シーズン2では、アークの若者たち、クラークやべラミーなどが、たくましく成長していく様子が描かれ、そういう成長していく過程が、すごく良かったです。

シーズン1より、さらに面白くなりましたね。

相変わらず、なんか、ちょっと変?っていうのがあったりするんですが、設定とかストーリーがいいので、細かいことは気にせずに楽しめます。


↑このシーンでは、そりゃダメだよ~って思ってしまいました。

断崖絶壁にいる仲間を助けるために、崖の上からロープで降りていくんですが、そのロープが、あまりにも細すぎで、さらに結び方が、「こんなんでいいの?」みたいな感じで、もうこの人はログアウトするために、あえて、こうしているのかみたいなメタ的な感想を思ったりしました笑

まあ、こういう突っ込みどころみたいなのがTHE100っていうドラマでは、ちょくちょくあるんですが、それを補ってあまりまるストーリーや設定の面白さがいいんですよね。

クラークが、リーダーとして、どんどんと頭角を現していく様子もいいです。

クラークの母親のアビーが議長なんですが、「議長」っていうのが、もはや意味がなくなってきています。

もうクラークという存在が、アークのみんなの精神的支柱となっているんですね。

とくに、最初に地球に来た100人の若者たちの生き残りは。

それぞれのコミュニティたちが共生できないもどかしさ

シーズン2では、マウンテンマンやグラウンダー、アークといったコミュニティが、それぞれ、自分たちだけが生き延びようとしています。

クラーク率いるアークは、なんとかして他のコミュニティとの共生をしようという姿勢なんですが、マウント・ウェザーに住むマウンテンマンとグラウンダーは、とことん仲が悪いようです。

アークの人々が地球に降り立つ前、マウンテンマンとグラウンダーは、かなり戦ったりしたのでしょう。

マウンテンマンが、グラウンダーの人々を搾取していたのが、そもそも関係悪化の原因みたいです。

マウンテンマンのやり方が、姑息なんですよね。

地球での脅威と思っていたものが、じつは、マウンテンマンが仕掛けたものだったというパターンが、けっこうあります。

舞台が広がりを見せ始めた。

グラウンダーですが、どうやら首都っていうのがあるみたいなんですよね。

クラークたちがいる場所は、リンカーンの像があるなどアメリカの首都あたりのようですが、そこより離れた場所にグラウンダーの首都っていうのがあるのかも。

地球全土が、どのようになっているのかも気になるところですね。

元アメリカだけでなくて、他の国へとドラマの舞台が広がっていくと、さらに面白いドラマになりそうです。

それと、ジャハが行きついた場所でのストーリー展開が、楽しみです。

ジャハが行きついたところは、ああいう場所だったわけですが、こういう設定は、今、海外ドラマでは流行してそうです。

現実世界でも、ときおり話題になることがありますから。

ジャハが出会った存在は、はたして、なにをしようとしているのか気になるところです。

シーズン2では、マウンテンマンたちとの争いがメインでしたが、シーズン3では、このジャハが行きついた場所にいる存在が、からんできそうですね。

クラークと総帥の行方は?

敵の敵は、味方って言葉がありましたっけ?

その言葉どおり、アーク勢力とグラウンダーたちが、マウンテンマンという共通の敵を得て、まとまろうとしていたんですが、最後のはああいうことになりましたね。

でも、総帥は、クラーク個人に対しては、ある種の興味がある様子。

総帥とクラークの関係が、どうなるのかも描かれそうです。なんせ、クラーク、シーズン2の最後には、ああなりましたからね。

The100っていうドラマは、それぞれの勢力が、自分たちのことを守ろうと、それぞれが自分たちなりの正義を、ぶつけあっていくとこが醍醐味の一つになっています。

どの勢力も、悪人とか善人とか割り切れないとこが、見応えがあります。

ということで、シーズン3で、さらに面白くなってきそうで楽しみです。

宇宙に逃げたのはアークだけじゃなかったみたいなエピソードがあると、かなり盛り上がりそうですね。

シーズン3全部観た感想書きました。

海外ドラマThe100(ハンドレッド)シーズン3の感想・評価。AIとの戦いは人間について考えさせるものでした。
The100(ハンドレッド)シーズン4がnetflixで配信が始まったってことで見始めたらシーズン3を見てなかったのでシーズン3から視聴再開...
スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大