便利すぎau walletプリペイドカード。オートチャージで使ってます。何がいいのか書いてみました。 

スマホ
先日、コンビニでau walletのプリペイドカードを使って支払をしてたら、並んでいた、おっちゃんが、「俺も、それ持ってるけど、チャージが分からん。」とか、面倒とか、そういうことを言ってきました。

私は、「大丈夫です~」みたいなことを笑顔で答えました。

なにが大丈夫なのかわかりませんが、なんとなく、そう答えました笑

おっちゃんは、たぶんauのスマホを使っていて、au walletのプリペイドカードが家に送られてきたんだと思うんですが、(なんだこれ?)って感じで、ちょっと案内のを見たりして、チャージとか面倒そうだと思って、ほったらかしにして使ってないのだと思います。

au walletを使い始めてからATMで現金を下ろす回数が激減した。

ATM
私は、au walletのプリペイドカード、かなりの頻度で使ってますね。

ATMからお金を引き出す回数が、かなり減りました。

いつも、一万円下ろして、なくなってきたら、また引き出すっていうことをしていたんですが、今は、月に、2~3回ぐらいになりました。

au walletのプリペイドカードを使う前は、もうちょっと多く引き出しに行ってましたから。

コンビニとか、モールの専門店の買い物など少額の支払いは、ほとんどau wallet使うようになりましたね。

マスターカードを扱っているお店だと、基本au walletは使えるので、かなり多くのお店で使えます。

だいぶau walletが浸透してきて店員が戸惑うことが少なくなりました。

au walletのサービスが始まったときは、カードを出しても、店員が、au walletのプリペイドカードを支払に使えるのかどうか迷っている様子が見られました。

今は、だいぶ浸透したのか、そいうことはなくなってきましたね。

ほぼクレジットカードと同じ感覚で使うことができます。

お店によっては、署名をするところもあります。

コンビニだと、買い物の金額によるのかもしれないですが、少額なら署名はなしで、さっと支払ができるのが便利です。

au walletを支払に使うときのコツは「マスターカードで。」って店員に伝えることです。

店員に「au walletで。」って伝えると使えませんって言われることが、まれにあります。

なにも言わずにカードを出すだけで、スムーズに会計できることがほとんどですが。

オートチャージの設定にしています。

私は、オートチャージにしています。

auかんたん決済で、引き落としをイオンのクレジットカードにしています。

auのスマホの料金を、イオンのクレジットカードから払うようにしていると、この設定ができます。

他のクレジットカードも、できるのがあります。
詳しくはこちらに載ってます。

https://wallet.auone.jp/contents/pc/guide/charge.html

au walletのプリペイドカードのいいところ。

  • いちいち小銭を探さなくてよくなる。
  • アプリで残金を簡単に確認できる。その場でチャージができる。
  • オートチャージされたらメールが来るので安心感がある。
  • 予想以上にポイントが貯まって1ポイント1円で交換できる。

いちいち小銭を探さなくてよくなる。

au walletのプリペイドカードの、なにがいいかっていうと、まず支払が簡単になること。

小銭を探す手間がなくなります。

以前は、現金を小銭入れから出したり、端数を払おうとして小銭入れを見たら、ありそうでなさそうで探していて、つい意地になって時間がかかってしまうなんてことがありました。

そういうことがなくなりました。

au walletのプリペイドカードの利用枠が増えてくれば、あまり残高を気にすることがなくなってきます。

ますます買い物が楽に簡単にできるようになります。

レジのシステムが進んでいる店の店員は、現金よりも、こういうカード払いのほうが楽ですよね。

コンビニだと、商品のバーコードを通してカードを通すだけみたいですから。

アプリで残金を簡単に確認できる。その場でチャージができる。

スマホのアプリで残金を確認したり、その場でチャージできます。

↓アプリを開くと、こんなふうに残高を確認できます。
残高確認

慣れないうちは、残高不足にならないように、アプリで残金を、たまに確認しておくといいでしょう。

auかんたん決済だと、一定の金額までしか利用できない利用枠みたいなのがあります。

私の場合は、だんだんと、この利用できる金額が増えていきました。信用を積み重ねるみたいな感じなんでしょうか。

いつのまにか、利用できる金額が増えてきましたね。

前は、auかんたん決済でチャージできない金額になりましたっていうメールが来たりしてましたが、今は、そういうメールは来なくなりました。

日常のこまごまとした買い物なら、十分足りる利用枠になったっていうことですね。

その場でチャージできるとはどういうことかというと、たとえば買い物しに行ったときに、レジに行く前にau walletの残高を確認すると買いたい物の値段に足りないというときに、その場でチャージできるということです。

au idにログインしている状態であることと暗証番号を覚えておかないといけないですが。

チャージの方法は、いろいろとあります。

  • au料金と一緒に支払う(auかんたん決済)
  • じぶん銀行
  • クレジットカード
  • ポイントがたまって1P=1円で使える。
  • au walletチャージカード
  • auショップ コンビニ

チャージ方法
「かんたん決済チャージ可能額を確認」で、かんたん決済で、あとどれだけの金額をチャージできるのかを確認できます。

かんたん決済で金額を指定してチャージだと、こういう画面になります。

金額を指定してチャージ

↓暗証番号を求められますので番号を覚えておきましょう。
暗証番号を求められる

オートチャージされたらメールが来るので安心感がある。

オートチャージに設定しているんですが、チャージが行われるとメールが来ます。

↓こんなふうなメールがきます。
かんたん決済利用メール

これ、安心感がありますね。

身に覚えのない、使った覚えがないのに、そういうメールが来たら、アプリで利用履歴を確認してみたりできるわけです。

ポイントがたまって1P=1円で使える。

au walletは、ポイントがたまります。

アプリで、今のポイントを確認できますし、ある程度溜まったら、そのポイントをau walletで使えるお金に換えることができます。

これが気に入っています。

たまに、ポイントをau walletの支払いにできるようにするだけなんですが、お得感がありますね。

ポイントを支払に使えるようにするには残高の画面の「チャージ(入金)」をタップして

チャージ(入金)をタップ

「その他チャージ方法」の中から「ポイント」をタップしてチャージ額を決定します。

ポイントでチャージ

チャージ画面

100円単位でチャージできる。

↑この画面でポイントが失効する予定日も分かります。

100円単位でチャージできて、チャージできる合計金額は月間20000円までとなっています。(2017年9月現在)

au walletのチャージについてはau walletの公式ページの「プリペイドカードへのチャージ(入金)方法」に詳しく掲載されているので確認しておきましょう。

https://wallet.auone.jp/contents/pc/guide/charge.html

クレジットカードだと、よく紙の券でギフトカードを家に送ってもらうっていう特典があったりしますが、ポイントで支払できるようにしてもらったほうが手間が少なくていいです。

たぶん、クレジットカードもポイントがたまったら支払に使えるようにするなんらかのサービスが、今は増えているんじゃないでしょうか。

以上、おっちゃんがチャージ面倒だな~みたいに言ってたことから、思いついて、au walletは、けっこう便利ですよってことを書いてみました。

auのスマホ使ってるなら、au walletは使ったほうがお得でしょうね。

あとオンラインショップのクレジットカードでの支払いの時に、このau walletのプリペイドカードが使えることがあります。

amazonは使えましたね。マスターカードとして使えるようです。

使えない場合もありました。どんな場合かっていうと、定額制のサービスの支払いのとき使えない場合がありました。使えるとこもありました。

これは、カードの番号を入力してみて試してみるしかないかな。

たぶん、信用度の違いみたいなのがあって、支払方法でau walletのプリペイドカードのマスターカードの番号が使えないことがあるんじゃないでしょうか。

将来的には、電子マネーみたいにスマホに内臓されるみたいな、アプリを起動して支払うみたいなのになってくるのかな。

【追記】au walletがapple payに対応しました。

au walletプリペイドカードをamazonで使うときは残額に注意!

ある日、「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」というタイトルのメールがamazonから届きました。

amazonからのメール

メールを開いてみると、支払方法を変更するかカード情報を正しく入力してくださいとの内容でした。

amazonからのメールの内容

「?????」となりました。

なんでかっていうと、アマゾンでau walletのMastercardの番号で購入確定したときは残額不足にならないように、わざわざ手動でチャージして購入確定をしていたからです。

調べてみると、amazonのクレジットカードの請求タイミングが商品が出荷される時点であることが判明!

つまり購入確定をクリックかタップした時点では、まだクレジットカードへの請求は行われておらず、商品が発送される時点で初めてクレジットカードでの請求が行われるということですね。

amazonでのクレジットカードの決済と承認ついての公式ヘルプはこちら
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201998320

なぜ利用承認が得られなかったかというと、amazonで【購入を確定した時点】ではau walletに支払金額分の金額がチャージされていたんですが、その後、別の買い物か引き落としがあってau walletの残高がamazonで購入確定した支払金額分を下回ってしまっていたみたいなんです。

購入確定した時点では残高が足りていたけれど、商品出荷時点のタイミングでは残高不足になってしまっていたというわけ。

au walletから残高不足のメールがちゃんと来ていました。

au walletからのメール
auからのメールの内容

私はamazonで購入確定した支払金額を少し上回る金額しかチャージしていませんでした。

そんなん知らんかったよ~と思ったんですが、この時点で注文がキャンセルになって、もう一度購入しないといけなくなるわけじゃないので、別のクレジットカードの番号をamazonの支払い方法に登録して再度決済をしました。

それで無事に発送されました。

こうしたことがあったので、amazonの買い物で支払方法をau walletについてくるクレジットカード番号にする場合は、できたら余裕をもった金額をチャージしておきたいですね。

※注意
amazonから、こういうメールが来たとき、身に覚えがあったとしても、メールのなかのURLはクリックしないほうがいいと思います。

フィッシングメールという可能性はゼロではないですから。

私は、今回、クレジットカードの利用承認が得られなかったというamazonからのメールが来た場合、ああこれはau wallet関連かなって思ったんですがメールのなかのURLはクリックせずにamazonにログインして注文履歴のところから確認しました。

安易にメールの中のURLはクリックしないという習慣は身に付けておいたほうがいいでしょう。

とくに大手の通販サイトからのように見えるメールっていうのは気を付けたいですね。微妙に企業名が違ったり、同じでもメールの中のURLが変な感じだったりすることがあるみたいですから。

身に覚えがあれば、本物の場合が大半でしょうけれど油断はしないようにしておきたいものです。

まとめ

au walletプリペイドカードを使いだしてみると、あまり現金を使うことがなくなってきました。

便利だしポイントがたまるし、いいことづくしだなって思います。

たまったポイントを1P=1円でチャージできるのもいいですよね。

毎日の買い物を、できる限りau walletでしていると、思っていたよりポイントが貯まりやすいです。

スマホをauで契約しているけれど、au walletをまだ使っていない人は、ぜひ使ってみてください。

現金メインで使っていた人がau walletを使いだすと、買い物が楽になるしポイントがたまるしってことで、かなりお得感を感じると思いますよ。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大