海外ドラマ「シャナラクロニクルズ」シーズン1の感想。ライトに楽しめます。

【あらすじ】

人類が繁栄を謳歌していた時代から、長い時が経ち、世界には人間以外にもエルフやトロールやノームといった種族が登場していた。
魔法は、忘れられていき、魔物はおとぎ話の中のこととなっていた。
しかし、エルクリスというエルフが大切にしてきた大樹が枯れ始めたとき、この世界が大きく動き始めたのだった…。

ネタバレあり!

【感想】

シャナラクロニクルズは、ファンタジー系のドラマです。

原作は「シャナラの剣」っていうファンタジー小説のシリーズだそう。

スターウォーズみたいに、様々なエピソードが展開されていているそうです。原作のファンにとっては、ドラマ化は、すごくうれしいことで評価が高くなるのかも。

このドラマは、映画のロードオブザリングとか好きな人にオススメです。あんまり、ドロドロとした雰囲気ではなくて、軽く見ることができるファンタジー系のドラマですね。

ただ注意点はあって、予算の関係なのか、衣装やセットなどが、ロードオブザリングや海外ドラマのゲームオブスローンズと比較すると、どうしても、しょぼく見えてしまいます((+_+))

どちらかというと、ドラマのスタートレックのセットとかに似た雰囲気を持っています。

それでも、個人的には、このドラマは楽しんで観ることができました。

シャナラクロニクルズの世界設定が良かったです。

こんな感じの世界観になっています。

ドラマのオープニングでも、ビルが崩れ去っていく様子が描かれていますよね。
そうした人間が繁栄した時代の建物とか機械などが遺跡っぽく登場するんです。

シャナラクロニクルズは、最初は、ファンタジーだから、ヨーロッパの城とか森とか、広大な自然あふれる大地があったりとかかなって思っていました。

ところが、廃墟になったビルなどが出てきたり、ある映像が出てきたりして、それが面白かったです。

あと、エルフなどが登場するファンタジーでは、魔法が、この世界にあって当然という感じだと思うんですが、シャナラクロニクルズの世界では、魔法の存在が伝説みたいな感じになりかけているんです。

シャナラクロニクルズのエルフは、ロードオブザリングで登場したエルフたちみたいに、ものすごいカリスマ性とかオーラがあるような感じではないんです。

このドラマのエルフは、行動とか考え方とかは、ほぼ「人間」ですね笑

細かいつっこみはなしで、ただ楽しみたいドラマ。

設定では、人間たちが核戦争で自滅し文明を自ら滅ばしてから数千年後っていう設定なんですが、そのわりに、そこらへんに廃棄された車が転がっていたり、ある施設が、かなりいい状態で残っていたり、数千年も経過すれば崩壊したビルって崩れ去ってるんじゃっていうのが、けっこうな割合で残ってたりします。

なんか、人間の文明が崩壊してから、数百年程度なんでは…なんて思ったりしたんですが、でも、実際、リアルで、シャナラクロニクルズのような歴史になったとしたら、今の文明が、どんな形で残るかなんて、誰にも分からないことですよね。

ってことで、こうした設定は、あんまり気にしないようにすることにしました笑

それよりも、こうした過去の文明と、シャナラクロニクルズの世界を、どう結び付けていくのかっていう、今後の展開が楽しみです。(もし、そういう展開なら。)

それぞれの人物を深く描いたりはしない。

ゲームオブスローンズだと、たとえば、アリア・スタークの親が、あんな状態で殺されたりして、アリアが敵討ちを決意するっていうのが、よく理解できたりするわけですが、シャナラクロニクルズでは、そういうのは、あんまり出てきません。

ほぼドルイドのアラノンっていう人の一言で片づけられます。

その一言が、これ→「運命だ。」

主人公のアンバリーが世界を救う役目を担うのも、シャナラの子孫のウィルがアンバリーを助けるのも、「運命」。

運命だったら仕方がないわけです。

この運命とか宿命と、どう折り合いをつけていくのかっていうのが、見どころでもあります。

それと、
こういうとことか


で、ドラマチックに展開されます。

そして、世界を滅ぼそうとしている悪者のダグダ・モーアが、なぜ、こんなにもエルフらを憎んでいるのかはわかりません。

なんか、ひどい仕打ちをされたっていうセリフがあるぐらいです。

もし、これがゲームオブスローンズだと、ダグダ・モーアの過去が、かなり時間を割いて描かれるのではないでしょうか。

もしかしたら、シーズン2以降で、ダグダ・モーアの過去が描かれるかもしれませんが。

ドルイドのアラノンが、謎すぎるぐらい強いです。


もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなっていう状態です笑

詳しくはドラマを観ていただきたいんですが、どうやらドルイドというのは、現世以外でも肉体を持たない存在として生きていけるみたいなんですね。

スターウォーズで、亡くなったジェダイが、薄い映像みたいなので登場しますが、あんな感じです。

もうアラノンが、ダグダ・モーアのとこに何回か行って、さっさと倒してしまえばいいんじゃないかっていう強さです。

でも、アラノンは、あくまで、この世界の補佐役であることが運命であるみたいです。

シーズン2では、どうなるか。

ウィルは、この世界の伝説シャナラ一族の末裔です。

シャナラ一族というのは、なにやらすごかったらしく、その血を引いているウィルは、シーズン2以降は、シャナラ一族ならではの出来事に遭遇するようになるのかな。(どうやら、シーズン2決定してるようです。→「ファンタジードラマ「シャナラ・クロニクルズ」第2シーズン決定 AXN ジャパン」http://axn.co.jp/news/326188

シーズン1見終わった時点では、このシャナラ一族の事と、アンバリーの行く末がどうなるのか、シーズン1ではひと段落ついたわけですが、今後のストーリー展開がどうなるのかなどが楽しみです。

今後の展開の希望は、核戦争で滅んだ人間社会の文明が、もっと登場して、ストーリーの根幹に関わってくるのを期待してます。

原作は、いろんな展開をしているみたいなんで、ドラマが好評だと、どんどんとサイドストーリーとか登場するかもしれませんね。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大