小説「言の葉の庭」の感想。世界観を、より深めたい人におすすめ。

新宿御苑

【あらすじ】

雪野と孝雄は、東屋で出会った。二人を中心に、秋月翔太・伊藤宗一郎・相澤祥子・秋月怜美、それぞれの物語が綴られていく。

ネタバレあり!

【感想・レビュー】

映画よりも深く描かれている。

言の葉の庭のアニメ映画のほうを、何回も繰り返しみるほど、面白かったので、小説も読んでみました。

アニメ映画の感想はこちら→映画「言の葉の庭」の感想。こんなにも何回も繰り返し観た作品は、久しぶりでした。

アニメのほうを気に入って、このストーリーを、もっと深く楽しみたい人は、小説を読んでみることを、おすすめします。

小説は、群像劇になっていて、各話ごとに主人公(語り手)が変わっていき、この「言の葉の庭」の世界観を、より深く知ることができるようになっています。

新海監督が、「言の葉の庭」を、どういうふうに作っていったのかっていうことを、より深く知ることができるんですね。

アニメでは雪野と孝雄二人を中心に描いています。もし、この二人だけの世界だけを楽しめれば満足で、他の登場人物のことには興味がないということであれば、小説は読まなくてもいいと思います。

私は、読んでよかったと思いました。

久しぶりに小説を読んでみて、言葉の連なりから感じる良さというのを思い出させてくれました。

映画では分からなかった登場人物それぞれの心の内面

アニメだけでは分からなかった登場人物の心の内面が描かれる。

アニメでは、登場人物たちの心の内面が文章で詳しく書かれています。

たとえば、ここの箇所。

雪野と孝雄が新宿御苑の東屋で初めて会ったとき。

アニメを観ただけの段階では、雪野は孝雄に対して、自分が孝雄が通っている学校の先生だということを、なんとなく察してほしいという感じなのかなとしか思っていませんでした。

ところが、小説を読んで、雪野の心情が細やかに描かれていて面白かったです。

小説だと、雪野は孝雄を、からかう気持ちがあったということが分かります。

大人の女性が、まだ若い男の子を、からかい半分で接する感じってありますよね。

こんな感じで、アニメでは、観客が、そのシーンから、登場人物たちの心の内面を想像するしかないんですが、小説では、そのあたりの心理面のことが、はっきりと書かれているわけです。

こういうのは、小説の良さですよね。

ただ、アニメという映像と音から成り立つものから、観客が自由に、登場人物のことを想像できるという余地があるのも、映像と音のいい面でもあるといえるでしょう。

言葉の連なりへの、こだわり。

新海誠監督の、創作へのきめ細かさが、この小説では、存分に味わえます。

アニメでは、ものすごく美しくきれいで繊細な映像表現をしていますが、言葉の選び方にも、新海監督のこだわりというか繊細さが表現されていて、改めて、すごい人だなって思いました。


この表現、よく思いつくなって思います。
「紙に書きつけるように」っていうのを読むと、なんとなく分かるんですよね。どういうふうに心の中で思っているのかっていうのが。


そして、この「黄葉」
誤字じゃなくて、こう書くことを選んだってことですよね。
今は、「紅葉」が使われることが一般的ですが、昔は「黄葉」が使われることもあったみたいです。
この小説の、このシーンでは、「黄葉」がふさわしいと新海監督が思ったってことなんでしょう。

新海監督自身の言葉?

言の葉の庭は、靴を作るという少年が主人公なので、物を作るということに対する言葉が、時折出てきました。


「もう創ってるんだ」っていうセリフ。
新海監督自身の言葉ですよね。たぶんこれ。
いろいろ批評めいたこととか、作ってみたいと考えているだけとか、そういう段階で、何年も止まったままっていう人が、世の中には、たくさんいると思います。

新海監督は、昔、サラリーマンしていたけれど、一念発起して「ほしのこえ」を作ることに集中して、ほとんど一人で作り上げたそうです。

だから、そういった体験が、言の葉の庭の孝雄の靴づくりにも反映されている感じがします。

映画のラストシーンになったとこでの孝雄のセリフも、なんだか新海監督自身の言葉のように聞こえてくるんですよね。

映画よりも、さらに魅力的に描かれる雪野


映画では、雪野は、すごくきれいで可愛らしさもあって、可憐な女性というふうに描かれていました。
そして、性格も、おっとりしていて、気立てもいいみたいな感じですね。

小説では、雪野の心の内面のことまで書かれていて、さらに雪野が魅力的になっています。

雪野のことや、雪野と孝雄の様子、心の中のことなどが書かれているところを読んでいると、ドキドキとしてきました。

アニメは映像ですが、小説は文字だけ。
文字の連なりだけでも、こんなにもドキドキしたりなど、心を動かされるってことがあるのを、久しぶりに小説を読んで思い出しました。

まとめ

小説「言の葉の庭」は、映画を観て感動したりして、もっとこの世界を知りたいって思った人には、うってつけの小説です。

映画では、嫌な女みたいなシーンしかなかった相澤祥子が、小説では、かなり詳しく描かれていたりして、この登場人物に対する見方が一変します。

小説を読んでから映画を観ると、ああこの人には、こういう背景があるんだなって分かって、より楽しめますね。

映画だけを観て、自分で、いろいろと想像を巡らすのも楽しいです。

小説版は、新海監督が、この「言の葉の庭」という作品に対して、どういうことを描きたかったのかっていうのを知りたい人にも、おすすめです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大