ゲーム・オブ・スローンズ シーズン 1 エピソード5 「狼と獅子」あ~これはあかんわ。

中世の城
【あらすじ】
元王族の者たちが、ドスラク人たちと同盟したことを知った7王国の王は、戦争を起こそうとしていた。政府内では、様々な策略が動いていた。スタークは、前任の王の手の謎を追うなかで、王の落とし子たちに会っていく。

【感想】
王の落とし子って、むちゃくちゃたくさんいるのかも。そんな気がしてきました。
嫁とは、仲が悪いみたいですね。政略結婚っていうのだったんでしょう。
あの背の低い男は、どうやら王族の一員だったみたいです。
そのことが、このエピソードで、やっと把握できました。

様々な人物たちの思惑や行動が、動いていく様子がいいですね。大河ドラマっていう感じです。
このままだと、王の軍団と、ドスラク人たちとの戦争となりそうな気配です。
それで、また、大きくドラマが動いていくのでしょう。
そういえば、スターク王の妻の妹がいる城っていうのが登場しました。
これが、非常に、ファンタジー色が濃い城でしたね。
ゲームオブスローンって、ただの昔風大河ドラマじゃなくて、ちょっとファンタジーっぽい要素もあるようで、それが描かれるのが楽しみです。

スターク王の妻の妹が、また、やっかいそうです。
たぶん、夫が、すごく優秀な人で、部下たちに慕われていたけれど、亡くなってしまい、妻が権力を握って、国が乱れている感じがします。
その妻の子供が、衝撃の登場でした。
あ~、これはあかんわ~っていう状態。

このままだと、この妻の国?領地?は、滅びてしまうのではないでしょうか。
王族の、背の低い男は、主人公レベルの人みたいですから、フェードアウトするっていうことはなさそうです。
断崖に建つ城から、どうやって逃げ出すのかが見物ですね。
ファンタジーだと、大きな鳥とかが来て、その背に乗って脱出なんてシーンになりそうですが、たぶん、そういうのはないんでしょう。
ストーリーが進むごとに、だんだんと登場人物たちの関係性が見えてくるのが、面白いです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大