ツイッターアプリ、iphoneでおすすめのを紹介。「ザワールド」広告なし無料で軽いです。

ツイッターを使っている。
もうこれしかないっていう理想のアプリを見つけたので、紹介します。
iphone用です。

それは、これ
「TheWorld for iOS」
http://theworld09.com/

こちらのブログ記事で発見できました。ありがとうございます。
Yukibou’s Hideout on Hatena
http://potatostudio.hatenablog.com/entry/2015/04/26/090000

ただし、私のツイッターの使い方で、この「TheWorld」は、最強だと思ったっていう話しです。

私のツイッターの使い方は、この2つ。

  • 気になる人をフォローして情報収集
  • タイムラインに流れるツイート、全てに目を通したい。

つまりツイッターを、主に閲覧メインで情報収集用に使っている人というわけです。
この使い方を、ストレスなく実現してくれたのが「TheWorld for iOS」なんです。使いやすいですね。

「TheWorld」は、主に閲覧用に使ってるっていうことですね。
ツイートするときは、公式のツイッターアプリでしています。

公式のツイッターアプリだと、ストレスがたまるんです。

なぜなら、途中からタイムラインを見ようとすると、勝手に一番上にスクロールされてしまったり、前見ていたところと違うところで開いてしまうっていうふうになるから。

ツイッターって、本来は、流れるタイムラインを全部見るようなものではないんだと思うんです。
でも、私の場合は、全部に目を通したいので、公式のツイッターアプリだと、「あ~、また勝手に上にスクロールされる。」とイライラしていたわけです。
手動で、前見ていたところまで、一生懸命スクロールして戻したりしてました。

そこで、

  • 勝手に上にスクロールされないこと。
  • 前見たところから、閲覧を再開できること。

この2つを条件に、いろんなツイッターアプリを探しました。
それが、TheWorldっていうツイッターアプリです。

ただ、この使い方をするには、設定をしとかないといけないです。

ユーザーストリームっていう機能はOFFにしました。
ユーザーストリームオフ
ユーザーストリームっていうのは、TL(タイムライン)をリアルタイムで更新するので、手動で操作しなくていいっていうことみたいです。

「TheWorld」は、バッテリー消費が激しいっていうのが欠点だそうなんですが、
このユーザーストリームをOFFにした状態で使っていれば、「TheWorld」を使う前とバッテリー消費量は、そんなに変わってないですね。私の場合。

おそらくTLをリアルタイムで更新する機能が、バッテリーを食うのだと思います。

未読管理はオンにしました。
未読管理オン
この「未読管理」がgoodなんですよね。

ツイートを見ていると、
「Get Gap Tweets」
っていうのが出てきました。
Get Gap Tweets
(※TL部分は、画像処理でぼかしています)

ここをタップすると、未読のツイートが、ずらっと出てきます。
そして、ここがポイントなんですが、未読のツイートは、この「Get Gap Tweets」と表示されていた部分から上方向だけに表示されるんです!
Get Gap Tweets上に開く
いや~、これ、ツイートを見る人のことを、よく考えてあるな~って感動しました。

つまり、今まで見ていたツイートの続きから、ちゃんとスムーズに新しいツイートを見ていくことができるんです。

これが、公式のツイッターアプリだと、勝手に一番上までスクロールしてしまったりっていうことになるんですね。

一部日本語化できます。

基本英語なんですが、日本語化できます。全部は日本語にならないですけれど。
日本語化の方法は簡単。
設定で日本語に変えるだけです。
右下のほうにある〇で囲まれた「・・・」をタップ

theworld設定
すると、メニューが出てくるのでsettingをタップ。

theworldsetting
そして、LocalizeをonにすればOK

theworldローカライズ
日本語になったtheworld

寄付ができるみたいなんですが、かなりいいツイッターアプリだと思うので、寄付されている方多いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大