ムーミンがいる「いすみ鉄道」の旅動画を観ました。運転士がガイドしてます。

いすみ鉄道

コジマ店員さんの旅動画。
二つ目を観ました。

今度は、日本のいすみ鉄道に乗るっていう企画ですね。
今回は、お母さんと一緒に旅をしておられました。
コジマ店員さんと、お母さんの道中の会話が、ほほえましかったです。

いすみ鉄道っていうのは、廃線になりそうだったのを、なんとか経営を持ち直したローカル線っていうことなのかな。

ムーミンと提携したり、汽車の中で、豪華料理を食べながら田園風景を見るっていうのをやってたり、旅行ツアーの一部に組み込まれていたりするみたいです。

動画で見ていると、たしかに、これだけの田園風景と桜、菜の花の車窓を楽しみながら電車に乗るっていうのは、面白いかも。

すごく癒されそうです。

田園風景の中で、子ども時代を過ごした方なら、すごく懐かしい気持ちになるでしょうし、学校を、こういうローカル線で通っていた方は、さらに懐かしさがこみあげてくるのではないでしょうか。

都会で育った人でも、こういう田園風景の中を汽車に乗りながら眺めていると、なんというか、すごく落ち着く感じが、不思議としますよね。

海外の、たとえば田園風景がないような国の人が、この路線に乗ったら、一種の美しさみたいなものを感じるかも。
アメリカとかヨーロッパなどの人って、いすみ鉄道に来たりしているのかな。

田園風景が観光資源になるっていうことですよね。

そういえば、動画の中で、運転士が観光ガイド的なことをしていましたね。
こういうのは、他の路線では、あんまりないのかもしれません。
日常の足として、いすみ鉄道を使っている人も一緒に乗車しているんでしょうけれど、観光客も多いんでしょうね。

訪れた城が定休日だったりしました。
これって、たぶん、いすみ鉄道に乗るっていうことは決めていたけれど、城があることを知らなかったのかもなんて思ったりしました。

城があるっていうことで、行ってみたのかもしれないですね。

最近、せっかく日本に生まれたんだから、日本のいろんなところを見て周ってみたいな~っていう願望が、ちょっとずつ大きくなっています。

最後のほうで、いすみ鉄道の一日乗車券を集集鉄道の乗車券に替えやすいようにしていましたね。
この後、台湾に行くわけですが、私は、台湾動画を見てから、このいすみ鉄道の動画を見てしまいました。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大