機動警察パトレイバー NEW OVA S1 #2 「逆襲のシャフト!」懐かしい。

パトカー
【あらすじ】
またも現れた黒いレーバー。その目的は、あるものを売るためであった。
内海課長の画策は続き、第2小隊は、ただ対応していくしかないのだが。

【感想】
懐かしいですね。パトレイバー。
huluで、このシリーズがやっていたので、見てみることにしました。
マンガの後半部分を、けっこう忠実に再現しているアニメ化のようです。違うのは香貫花がいること。
たしか香貫花っていうキャラクターはマンガではいなかったですよね。

マンガで読んでいた当時は、この内海という、とらえどころのないキャラクターを描くパトレイバーっていうマンガって、すごいなって思っていたものです。

イングラムっていう旧式の機体が、最新鋭のグリフォンと対等に戦っていくっていうのが、醍醐味ですよね。
野明の操縦技術が、いかにすごいかっていうのを、思い知らされるところがあります。
パトレイバーのテーマの一つは、この野明の、ただの機械への愛情みたいなものですよね。

第一小隊の、すぐれたパイロットが最新鋭機を操縦しても勝てない相手のグリフォンに、野明はイングラムへの愛とともに勇敢に戦い、負けないところが見どころです。

野明のイングラムへの愛情があって、イングラムを、自分の手や足のように操縦できるのと、負けん気の強さがあり、仕事を超えた突き抜けたものがあるからこそ、たとえ旧式であっても黒いレーバーに太刀打ちできるのでしょう。

こういうマンガでの、ちょっとした社会派?っぽいのが、後の押井監督の映画へとファンを連れていくことになったのかな。
マンガが終わったのと、映画の公開って、どっちが先だったでしょうか。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大