ゲーム・オブ・スローンズ S1#3 「スノウ卿」だんだん人物設定が分かってきた。

ドラゴン
【あらすじ】
辺境の民に嫁いだ女は、しだいに夫と打ち解けていき、部族の女王としてふるまい始めていた。「壁」の向こうでは、不穏な動きが起こっている。北の城では、幼い少女が、剣術の練習をしていた。

【感想】
ようやく、ここにきて、どうやらスターク家というのが王国のなかで、いろいろと言われているらしいっていうのが分かってきました。
このスターク家が、このドラマの主人公なのかな。
そのスターク家の子供たちが、どんどんと成長していき、大人になったときのストーリーも描かれるんだろうなって思います。

とくに楽しみなのが、女で一番後から生まれた、まだ幼い少女が剣術に興味をもっていること。
将来は、美しい女剣士になって登場するんじゃないでしょうか。
王国のなかでは、いろんな内紛みたいなのがあったようです。

それ以外にも、「壁」の向こうの世界が、そろそろ描かれ始めようとしている様子。「壁」の向こうには、なにやら、ファンタジーっぽい生物がいそうですね。
そして、ドラゴンも、今は卵ですが、そのうち生まれてくるんじゃないでしょうか。

辺境の民の女王の出産と同時にっていうのがドラマ的かな。
物語は、ゆっくりと進むんですが、だんだんと面白くなっていくらしいので、まだ見続けます。たしかに、今、この第3話を見たんですが、それぞれの人物たちの境遇とかが見えてきて、面白くなってきました。

どうも王は、絶対権力者すぎて、そこまで忠誠心のある部下が、たくさんいるわけではなさそうですね。
スターク家の当主が、どう出るのか。そのあたりもドラマとして楽しめそうです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大