Black Sails/ブラック・セイルズ シーズン1 エピソード4 「IV.」船の映像がすごい。

浜辺
【あらすじ】
フリント船長たちは、船の速度を上げるため、船の改修をはじめた。しかし、そこは船の改修には不向きな場所だった。航行予定を盗んだ男シルバーは、フリント船長とビリーの信頼関係を崩そうと画策していた。

【感想】
すごい映像ですね。船が、まるごと一隻浜辺に挙げられて、カメラに映られています。これCGじゃなくて、本当に船をドラマのために一隻作ったそうです。浜辺に上げるのも、かなり苦労したんじゃないでしょうか。どうやって上げたのかな。まさか、人力だけで上げたっていうわけではないですよね。

航行予定を最後まで明かさないようにして、まんまと船の乗組員の一員になったシルバーは、またもや、船長の弱みをつかみかけているようで、ビリーに対してゆさぶりをかけています。この自分が生き残るためにする、策略は、才能なんでしょう。人間観察の能力が、すごく高そうです。

ベインが、島のボスであるエレノアに船と船員を奪われてしまい、落ちぶれはててしまいました。フリント船長と二人で、仲が悪いなかでも、宝を求めて旅をするっていうのも面白そうでしたが、そうはならないのかな。しだいに、意思が通じはじめて、ツンデレみたいなシーンがあったりすると、面白そうでしたが。

ベインは、どうやらエレノアに、惚れこんでいるようです。それが、弱点になってしまったということなんでしょう。
この島では、みんな、なにやら自分の思惑っていうのを秘めているようです。心からの信頼関係を築いている人物は、ほとんどいないみたいですね。
みなが疑心暗鬼になってしまっています。そこにきて、シルバーが、かき回すものだから、余計こじれてきているみたいです。

こんな船員たちの状態で、はたしてスペイン船を追うことが順調にできるのか。不安な出港となりそうですね。
ところで、このエピソードで、ついにフリント船長の過去が暴かれました。なるほど~そういうことだったのかと納得。夫人とフリント船長には、そんな過去があったわけですね。フリント船長は、やはり、元○○だったようです。

フリント船長が、海賊からイメージする荒っぽさが、そんなになくて、どことなく知性を秘めているように感じるのは、元○○だったからですね。
最後は、ああいう事態になりましたが、果たして、無事、宝を積んだスペイン船を追いかけることができるのでしょうか。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大