Black Sails/ブラック・セイルズ シーズン1 エピソード2 「II.」シルバーが本領発揮?

宝の地図
【あらすじ】
フリントは、お宝を積んでいる船の航行予定が書かれた紙を探し求めていた。どうやら盗まれたことを知ると、犯人探しを始め、ある人物が、妖しいことを突き止める。疑われた人物は、それに気づき、逃走する。

【感想】
まだまだ序盤という感じで、これから、どんどん面白くなりそうな雰囲気です。海賊たちが、一隻の船を求めて、争うのが、ストーリーのメインとなるのでしょう。
それにしても、航行予定を盗んだ人物は、かなり頭のいい人です。その航行予定の情報を売ろうとするときも、必ず、第三者を通して、自分の存在を隠します。それも徹底して。どんなに、出てこいと言われても出ない。粘り強く、次の手を打つっていう、かなりしたたかなことができる人物ですね。

どうやら一緒に旅立つっていうことになりそうですが、はたして上手くいくのでしょうか。
主人公のフリントは、莫大な資金を手に入れて、イギリスの軍隊にも対抗できるような軍事力を備え、一つの国を作ろうとしているようです。
壮大な夢ですよね。海賊が国を作るって。バイキングっていうのがいましたが、それみたいな感じなんでしょうか。
イギリスが敵みたいですが、おそらく、この時代のイギリスって、世界に進出していて、かなりの軍事力を持っていたんじゃないでしょうか。

それに対抗しようというんですから、すごい考えを持っているっていうことになりますよね。
国という形ができる前って、こうした実力を持った人物が、経済力や軍事力を持つようになり、いつしか大きな国として政府を作りっていうふうになっていったのかもしれないですね。

第2話は、ずっと陸地での話ですが、これからのエピソードは、海の上が多くなりそうです。このドラマで出てくるのって、あんまりCGとか使ってなさそうですが、全部セットを組んで撮影したんでしょうか。船も本物なのかな。そうだとすると、かなりお金かけたドラマですよね。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大