ザ・ラストシップ シーズン 1 エピソード10 苦い帰郷

火力発電所
【あらすじ】
ある無線をキャッチし、チャンドラーたちは、ようやく母国に機関した。政府の人間だった女性と連絡を取り合い、本拠地としているビルに、チャンドラーたちは、向かった。そこにはラボがあり、レイチェルは称賛の拍手で迎えられる。しかし、事態は思わぬ方向へ向かうのだった。

【感想】
ワクチンを作るという目標が達成され、どうやら、新たな展開が始まりそうなシーズン1フィナーレでした。シーズン2も、ぜひ、配信してほしいですね。

こういう事態になれば、みなが協力して世界を再建しようとする未来もあれば、ラストシップで描かれるような世界になる可能性もあるっていうことなんでしょう。

国という形が崩壊すれば、地元の有力者とか、強力な武器を所持している者とか、有象無象が己の欲望をむき出しにしてくるってことかな。
そして、勝利したものが、歴史を自分の都合のいいように書き換えるっていうことなんでしょう。

ようやく母国に帰還し、目的も達成して、これで元のように戻る道ができたかと思えば、こういう状況になってしまい、残念です。
政治家だった女性は、おそらく、元の世界のときにも、密かに、ああいう思想を持っていたのかもしれません。それで、自分の思い通りにできる状況になり、本当に実行してしまったのでしょう。

悪役っぽく描かれている、もう一つの勢力って、もしかしたら、政治家だった女性の考えに反発しているレジスタンスで、じつはいいやつなのかも。
あと、動向が描かれるのか気になるのが、ロシア艦から逃げ出したマッドサイエンティストっぽい男性です。おそらく、今後、登場してくるのでしょう。

電力を生み出すために、ああいうことをしているのは、マトリックスを思い出しました。
考えてみれば、こういう世界になれば原油が来なくなるだろうし、元の世界で当たり前のように思っていた、あらゆることが、できなくなっていたりしますよね。

シーズン2は、どうやら、勢力争いとサバイバルがテーマになりそうです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大




コメント

  1. KT より:

    ててて様、当ブログにご来訪いただきありがとうございます。
    ラストシップは最近の海外ドラマの中でも激ツボな作品です。
    シーズン2も煽られている通り、見応えのある展開でした。

    他のドラマも詳しく感想を書かれておられるので参考にさせていただきます。

  2. ててて より:

    KT様。
    ご訪問ありがとうございます。
    ラストシップ、痛快なストーリー展開で面白いですよね。
    シーズン3楽しみです。