ザ・ラストシップ シーズン 1 エピソード1 フェーズ6

【あらすじ】
北極にて、任務が終了したアメリカの駆逐艦。そこには、二人の鳥の研究社と名乗る者が二人搭乗しており、駆逐艦から降り、何かを採取していた。そこに、突然、不明機が襲い掛かる。

【感想】
これは、面白そうです。一本の映画を、壮大なドラマでしてくれるっていうのが、うれしいですね。
題材としては、よくあるウイルス人類絶滅の危機かっていうのなんですが、駆逐艦でサバイバルするところが、いいと思います。

マンガで潜水艦が活躍するやつがありましたが、あれを思い出しました。このドラマの監督は、きっと、あのマンガを読んでいて、面白かったから、アイディアとして取り入れたのかもしれません。

製作に関わっている人が、よく大作映画を作っている人なので、もしかしたら、最初は映画用の脚本だったのを、ドラマでしようっていうことになったのかもしれませんね。

この先の、問題は、食料と燃料が、どこまで続くのかということ。一度、クルーズ旅行していた船から回収できましたが、まだまだ足らない状態なのかも。

それにしても、このクルーズから食料を回収していた隊員が、ものすごく、焦って食料を回収していたのは、ちょっと、焦り過ぎって思ってしまいました。でも、そういう指示で動いていたってことなのかもしれないですね。

久々に、楽しみなドラマが始まりました。
huluで見ています。ただ、期間限定配信なので、早めに見ていきたいですね。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大