俺たちニュースキャスター うざい演技がよかった。

【あらすじ】
1970年代、アメリカのサンディエゴ。アンカーのロン・バーガンディは、最高視聴率を誇る報道番組のメインをしており、スター気分だった。そこに、女性のヴェロニカ・コーニングストーンが入ってきたことで、騒動が起きる。

【感想】
ロン・バーガンディのスター気取りのふるまいが、絶妙に、うざい演技が、面白かったです。ヴェロニカが、なぜか、ロンに惚れるっていう設定になっており、その様子が、かわいらしかったですね。

男性は、みんな、どこか抜けていて、ヴェロニカら女性が、野心あふれていて有能っていうふうになっていました。
そのロン・バーガンディの番組で、天気予報のキャスターの人が、この映画に、さらに、なんともいえないシュールな雰囲気を、付け加えていて、よかったですね。

この天気予報のキャスター、常に、ずれた発言をするので、なかなか破壊力があります。どこかで見たことがある人なので、こういう役が多いのかな。

映画の最初に、このストーリーは、実話に基づくってなっていたんですが、似たような実話ならあるんだろうけれど、ストーリーは、変えまくりですよね。おそらく。
この映画の、続編っていうのがあります。舞台がニューヨークになっているみたいです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大