クローザー シーズン2 ブレンダの過去のことが少し分かってきた。

シーズン2もよかったです。

ブレンダとフリッツの仲が、ちょっとだけギクシャクしたり、ポープは、まだブレンダに未練があるように見えてしまったりなど。

特捜部のメンバーの特徴が、かなりハッキリと分かってきて、それで笑ったりします。

科学捜査が得意なタオは、いつも、なかなか要点を話さない、前置きが長いっていうのとか、プロベンザは、自分の机の上に物を置かれるのが、すごく嫌とか。

プロベンザの席が、ちょうどホワイトボードの前なので、みんな、そこに座ろうとしたり、説明のときに、物を置いたりするわけです。

今回も、ブレンダの活躍が、すごかった。

かなり優秀な刑事です。

昔からある名推理物とか、そういうののスタイリッシュ版といった感じなのかも。

基本、一話完結で、だんだんと謎が明かされていくみたいなのは少ない。

海外ドラマだと、たいてい、いくつかの謎を、ひっぱりにひっぱっていって、どんどん見てもらうっていうのが多いかと思います。

でも、クローザーは、ブレンダの過去の職場でのこととかが、ちょっと気になるぐらいで、謎が解明されていくのを楽しむというのではないです。

比較的、気軽に見ることができるドラマです。

刑事もので、物語全体は、明るめなほうなんでしょう。

シーズン2の最後では、ついに、政府の大きな事件にブレンダが巻き込まれます。

シーズン3で、このあたりのことが、どれだけ描かれるのかが楽しみです。

特捜部の活躍を、一話完結で、ずっと描いていても面白いので、かなり続くドラマなんでしょう。たぶん。

ファイナルシーズンっていうのが、どうやらやっているみたいですね。

huluは、もうちょっと、新しめの海外ドラマのシリーズが登場してくれると、うれしいです。

新着を楽しみにしているんですが、邦画の古いのばっかりで、見る気がしないです。そういうのが好きな人にとっては、いいことですが。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大