300ハンドレッド 気合入る映画。

【あらすじ】
スパルタに迫る圧倒的ペルシャ軍。スパルタの王は、たった300人で立ち向かった。

【感想】
観てると、気合が入ってくる映画です。
ペルシャ軍は、なんか、すごい軍隊になってますね。巨人っぽい人がいたり、忍者っぽい集団がいたり。

スパルタの軍隊の描き方、戦い方は、たぶん、このとおりな風だったんでしょう。

盾で、敵を止めて、後ろにいるスパルタ軍人が、長い槍で、盾に止められている敵を倒すっていうのを繰り返す戦法でした。

最初のほうは、王の子供時代が描かれます。

そして、すぐにペルシャ軍との戦いが、ずっと続きます。これが、壮絶。

その前に、スパルタに昔から続く王でさえ逆らえない神のご信託のシーンがあります。

たぶん薬物かなにかで朦朧としている娘が踊ってご信託を述べます。

このときの踊りで、煙なのか身にまとっている衣なのか判別できないふうなシーンが、すごい、きれいでした。

ちょっとエロさもあります。

スパルタの人々は、雪が降ってても、基本、裸にマントみたいですね。

寒くないのかなって思ったりしますが、やはり、気合が違うから平気なんでしょう。

スパルタの語源になったんでしょうか。そのあたりのことは分かりません。

なんかこう疲れて、いまひとつ心が沈んでいるっていうときは、この映画を観ると、けっこう元気出てくるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大