apple musicとgoogle play musicどちらにするか決めました。

apple musicとgoogle play musicどちらにしようか、かなり迷いました。

二つとも、まずは無料登録してみて、一日交代ごとに、交互に使ってみたりしました。

それで、使うことに決めたのは、apple musicです。

洋楽も、よく聞く私にとっては、apple musicとgoogle play musicは、そんなに違いはないので、どっちでもいいな~って思ったんですが、決め手は、レコメンド機能の充実度です。

どちらのサービスも日本で始まったばかりなので、これから、どういうふうにサービスが充実していくか分かりませんが、今のところ、レコメンドが充実しているのは、apple musicですね。

「レコメンド」っていうのは、おすすめ機能みたいなことです。こんな曲がありますよって紹介してくれる機能ですね。

では、apple musicには、どんなレコメンド機能があるか解説していきます。

■ステーションを開始

ステーションを開始

曲名の左側の「…」をクリックすると出てくるメニューに「ステーションを開始」っていうのがあって、その曲に似たようなのが自動で再生されていきます。

(たまに再生が始まらないときがあります。たぶん、ステーションを開始できない曲なのかな。)

似たような曲といっても、apple側が、カテゴライズした曲の塊とか関連みたいなデータを用意していて、そこから曲をセレクトしてくるのかも。

一つの曲からステーションを開始して、長い時間経つと、だんだんと同じ曲たちばっかりがかかるような印象を受けます。

そこで活用したいのが、これ↓

メニュー

「この曲は今後再生しない」というメニューです。文字どおり、ここをクリックすると、今後再生されないというわけ。

このステーション内の再生で再生されなくなるのか、別の機会では、また再生されるのか分かりませんが、流れてきた曲で、とりあえず気に入らないのは、これをクリックしておけばいいですね。

あと、♡←このマークをお気に入りの曲のときにクリックしておけば、appleに、こういう曲が私の好みの曲ですって伝えられて、反映されていくようです。

こういう機能を活用して、自分が気に入る曲を探していくっていうのは、定額音楽配信サービスならではの楽しみです。

プレイリストを共有っていうのをできるみたいです。自分でお気に入りの曲を集めてプレイリストを作って、友達に、それを聞いてもらうっていうこともできるみたいです。

google play musicは、解約しました。

定期購入を解約っていうところがあるので、そこをクリックするだけです。すると、「ご注文のキャンセル」っていうメールが来ました。

>定期購入は次回請求日まで引き続き有効となります。

とあったので、30日間無料期間の間は使えるってことのようです。

スポンサーリンク
レンタングル大




レンタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル大